脳のトレーニング「コーヒーが好きなら利き腕とは逆手で日本茶を飲む」

誰にも利き腕というのがありますが、右手の運動は左脳でコントロールされているので、普段の運動は主に左脳を使っていることになります。

これは耳でもいえることです。右利きの人は、電話をしながらメモを取るとき、右手にペンを持ち、左耳で聴くのが普通です。

無意識での動作のときに、こうした利き腕、利き耳を使います。しかし、脳に仕事をさせ、脳神経細胞を活性化するには、脳に自分の行動を意識させることが大切です。

そこで、時には、利き腕でないほうを使ってみると、脳にとって新しいよい刺激になります。たとえば、毎日のお茶の時間。利き腕ではないほうの手でカップを持ってみてはどうでしょうか。

また、その際、いつもコーヒーを飲んでいるなら日本茶に変えてみることも、脳の活性化を促します。
なぜなら、普段、「日本茶を入れる」という行為をあまりしていない人の場合、まずお茶の歯をどれくらい入れればいいのかがわかりません。「これくらいかな」と自分なりに考えて、それを急須に入れます。

お湯を注ぐときも、熱いほうがいいのか、少しさましておいたほうがいいのかと、また、悩みが生じます。たったこれだけの行為ですが、「日本茶を入れて飲む」という新しい回路を脳の中につくることができます。
「お茶を飲む」という、日常の何気ない行為でも十分に、脳を刺激することができるのです。

さらに、お茶やコーヒーにはもう1つ別な意味があります。それは、「勉強をしよう」とか、「仕事をしよう」というときの「儀式」として、活用できることです。
「自分はこういう手順を踏めば、緊張感を高め、脳を一番効率よく使えるのだ」という儀式があれば、仕事や勉強において一気に集中力を高めることができます。