16種類もの乳酸菌がサポートする「酸菌革命プレミアム」

乳酸菌プレミアム

乳酸菌プレミアム

商品名
乳酸菌革命プレミアム
会社名
株式会社健康いきいき倶楽部
表示しようとする機能性
本品にはビフィズス菌BB536が含まれます。ビフィズス菌BB536には、腸内環境を良好にし、便通を改善する(排便回数を増やす)ことが報告されています。
想定する主な対象者
おなかの調子を整えたい健康な成人(ただし、妊産婦及び授乳婦を除く。)
機能性関与成分名
ビフィズス菌BB536
1日あたりの含有量
20億個
摂取目安量
2粒
摂取方法
水またはぬるま湯と一緒にお召し上がりください。
安全性
ビフィズス菌は母乳栄養児から初めて分離されて以来、乳児から高齢者まで幅広い年齢層の腸内に存在し、有用菌としてヒトの健康維持に寄与していることが認められている。
ビフィズス菌BB536は1969年に健康な乳児から分離され、DNAの相同性および糖分解性状からビフィズス菌の一種であるビフィドバクテリウム ロンガムであることが確認されている。
ビフィズス菌BB536は1977年に原料供給者の森永乳業の商品であるビフィズス菌含有牛乳「森永ビヒダス」として初めて食品に利用され、1980年からはヨーグルトなどに利用され全国に販売されている。
菌末製品としては2005年からビフィズス菌カプセル「ビヒダスBB536」として、2008年からは「ビフィズス菌末BB536」として販売されている。したがって、現在までの約40年間の幅広い年齢層に摂取され安全性上の問題はみられていない。
更に1996年には「ビヒダスプレーンヨーグルト」が、2001年には「森永ビヒダス」と「森永カルダス」が各々特定保健用食品の許可を取得し、その安全性と保健機能が認められている。また、2009年にはアメリカ食品医薬品局からGRAS(Generally Recognized As Safe、「一般的に安全と認められたもの」)認定を受け、食品としての安全性がアメリカにおいても認められた。上記のように、原料供給者森永乳業のこれまでの長年の食品としての食経験および特定保健用食品としての実績などをもとにビフィズス菌BB536は十分な安全性が確認されている。
●当該製品と類似する森永乳業商品に関する評価
機能性関与成分であるビフィズス菌BB536を150億個/日(2粒/日当たり)を含む類似商品の「ビヒダスBB536」が2005年から販売されており、これまで安全性上の大きな有害事象はみられていない。
また、機能性関与成分であるビフィズス菌BB536を150億(3粒あたり)含む「森永BB536」は、2014年から販売され、これまで「森永BB536」に起因する安全性上の大きな有害事象はみられていない。
上記のように、これまでの食品としての食経験及び特定保健用食品としての実績をもとにビフィズス菌BB536は十分な安全性が確認されている。
機能性
標題:ビフィズス菌BB536摂取と排便状況および腸内環境に及ぼす影響

目的:ビフィズス菌BB536の摂取が、健康な成人の腸内環境(腸内細菌が作り出す腐敗産物である便中アンモニア量)と腸の調子(排便頻度)に及ぼす影響を、文献を網羅的に調べることで検討した。
背景:排便が滞るなど消化器官が正常に活動できなくなると、健康状態に関係する生活の質(QOL)が低下するほか、腸内で有害な腐敗産物が増加する。ビフィズス菌や乳酸菌の摂取が、正常な消化器官の活動を助ける可能性が報告されているが、ビフィズス菌BB536が消化器官の活動に及ぼす影響について、文献を網羅的に調べた研究レビューはない。

レビュー対象とした研究の特性:健康な成人に、ビフィズス菌BB536を20億以上含む食品、またはビフィズス菌BB536のみを除いた対照食品を1週間以上摂取させ、排便頻度と便中アンモニア量を比較調査した文献を探した。国内外の5つの文献データベースを検索したところ(2014年11月)、牛乳や発酵乳などの食品形態でビフィズス菌BB536を20億~200億/日の用量で摂取した7つの文献が見つかり、これらの文献の中に10個のヒト試験の結果が記載されていた。

主な結果:排便頻度を調べた6つの試験結果は、1つが増加を示さなかったが5つが増加を示し、これらの結果を統計学的に統合した解析の結果は増加を示した。また、便中アンモニア量を調べた4つの試験(3文献)の結果については、対照食品摂取群と比較して減少を示した研究は1つであったが、その他2つの試験でもビフィズス菌BB536摂取時期における便中アンモニア量の減少傾向や摂取終了後の増加が見られた。これらの結果を統計学的に統合した解析の結果は、ビフィズス菌BB536摂取が便中アンモニア量を減少させることを示した。

これらの結果から、ビフィズス菌BB536を含む食品の摂取は、健康な成人の腸内環境を良好にし、便通を改善できると考えられた。

科学的根拠の質:検索された10の試験のうち、2つが研究の精度が高いとされるランダム化比較試験で、8つが研究の精度が低いとされる非ランダム化比較試験だった。精度が低い試験も含めて評価したことから、評価の信頼性は限定されるが、試験結果に顕著なバラつきは認められず、評価結果は妥当だと判断された。
(構造化抄録)

16種類もの乳酸菌がサポートする「酸菌革命プレミアム」

糖の吸収を抑える」 アカシアの樹のポリフェノール

アカシアの樹のポリフェノール アカポリ糖ケア

アカシアの樹のポリフェノール アカポリ糖ケア

商品名
アカポリ糖ケア
会社名
株式会社アカシアの樹(旧社名:株式会社mimozax)
表示しようとする機能性
本品にはアカシア樹皮由来プロアントシアニジンが含まれるので、血糖値が高め、あるいは血糖値が高くなりやすい方の糖の吸収を抑える機能があり、食後血糖値の上昇を穏やかにする機能があります。血糖値が気になる方、血糖値が高めの方、血糖値が高くなりやすい方に適した食品です。
想定する主な対象者
血糖値が気になる健康な日本人男女(疾病に罹患している者で、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を除く
機能性関与成分名
アカシア樹皮由来プロアントシアニジン
1日あたりの含有量
163mg
摂取目安量
1日1回6粒
摂取方法
お食事の時に1回6粒を目安に、水またはお湯などでお召し上がりください。
安全性
・当該機能性成分を含む商品は、アカシア樹皮由来プロアントシアニジンを1日の目安摂取量163mgを含む商品として、2007年の発売以降およそ10万人に対してのべ131万食の販売実績があります。その間において十分な安全性が確認されています。また、摂取に起因したと考えられる健康被害はありません。

また、同量あるいはそれ以上のアカシア樹皮由来プロアントシアニジンを摂取した場合における安全性試験を実施し、下記のような結果を得ています。
健常男性成人を対象にアカシア樹皮抽出物250、500、750、1000及び1500mgの単回摂取試験、アカシア樹皮抽出物250、500、750及び1000mg/日の4週間反復摂取試験の安全性試験を実施し、安全性ならびに忍容性はきわめて高いことが分かり、報告もされています。
また、成人を対象に、アカシア樹皮抽出物を含む被験食品を1日1875mg、4週間継続して摂取する安全性試験を実施し、安全性ならびに忍容性はきわめて高いことが分かり、報告もされています。

機能性
アカシアポリフェノール含有錠剤が、食後血糖値に及ぼす影響

目的
空腹時血糖値が高め、あるいは食後血糖値が高くなりやすい方が、食事とともにアカシアポリフェノール含有錠剤あるいはプラセボ錠剤(偽薬)を摂取した場合に、食後血糖値に及ぼす影響を検証することを目的としました。

背景
アカシアポリフェノールがご飯やパンなどの主成分であるデンプンを分解するα-アミラーゼやグルコシダーゼという酵素、あるいは脂質を分解するリパーゼという酵素の働きを阻害する報告がされています。そこで本研究では、食事とともにアカシアポリフェノール含有錠剤を摂取させた場合の食後血糖値に及ぼす影響を評価することとしました。

方法
試験デザインは、『無作為化プラセボ対照二重盲検クロスオーバー試験』で行いました。
事前検査として40名に医師の問診および血液検査およびOGTT 75g試験(ブドウ糖の液体を75g飲んで、血糖値の変化を観察する試験)を行い、空腹時血糖値が110~125㎎/dLであった者あるいはOGTT 75g試験における2時間後の血糖値が140~199mg/dLの者を対象に、その後の試験を行いました。
13名には、検査当日、試験品(アカシアポリフェノール含有錠剤)またはプラセボ品(偽薬)を負荷食摂取5分前に摂取させた後、負荷食である米飯200gを摂取させました。摂取前(0分)、負荷食摂取後30分、60分、90分、120分に採血を行い、血糖値とインスリンの推移を測定しました。

主な結果
13名にアカシアポリフェノール含有錠剤を米飯200gとともに摂取させた結果、食後60分後の血糖値において、初期値からの変化量に有意な差が認められ、さらに、IAUC(0-60分の血糖上昇曲線下面積)において有意差が認められました。
一方インスリンは、負荷食摂取後30分、60分、90分、120分において有意な変化は観察されませんでしたが、IAUC(0-60分のインスリン上昇曲線下面積)において有意差が認められました。
これらの結果から、アカシアポリフェノール含有錠剤を食事ともに摂取することで、糖の吸収を抑え、食後血糖値の上昇を穏やかにする機能があることが認められました。

科学的根拠の質
当該製品を用いた臨床試験は本試験のみであるため、ヒトにおける結果の一貫性は評価が出来ませんでした。しかしながら、試験デザインは『無作為化プラセボ対照二重盲検クロスオーバー試験』で実施され、可能な限りバイアスを排除した試験デザインといえます。

私はアカポリ糖ケアで血糖値、ヘモグロビンA1Cを下げた(糖尿病に効果)

株式会社あじかん 国産焙煎ごぼう茶ごぼうのおかげ

あじかん 国産焙煎ごぼう茶

あじかん 国産焙煎ごぼう茶

商品名
国産焙煎ごぼう茶ごぼうのおかげ
表示しようとする機能性
本品にはイヌリン、クロロゲン酸が含まれるので、お通じ(便量)を改善する機能があります。
想定する主な対象者
お通じが気になる健常者
機能性関与成分名
イヌリン、クロロゲン酸
1日あたりの含有量
100㎎、1㎎
摂取目安量
1包(2g)
摂取方法
やかんなどに約1~1.2Lの水と本品1包を入れ、沸騰後3分間ほど煮出してお使いください。(水出しの場合は、同様に水に本品を1包入れ、冷蔵庫で1時間程度冷やしてお使い下さい。)
安全性
【喫食実績による食経験の評価 】
本品は、日本では日常的に食されている「ごぼう」を原材料としたお茶です。本品のティーバッグ(1包:2g)を水で沸騰させて煮出したお茶を、1日に数回に分けて摂取します。このお茶には、機能性関与成分であるイヌリンとクロロゲン酸が含まれます。本品は2011年に販売を開始し、2017年7月の時点で、日本全国で約81万個の販売実績があります。また、この販売期間中に、重篤な健康被害の報告等はありませんでした。
こうした実績から、本品は、適切にお飲みいただく場合、安全性に問題はありません。
機能性
【便通】
標題
便秘気味な健常日本人に対する、イヌリンとクロロゲン酸を含むごぼう茶の便通改善効果目的
便秘気味だが健常な日本人に対して、イヌリンとクロロゲン酸を含むお茶を摂取させると、プラセボ品の摂取に比べて、便通改善の効果がある事を検討しました。

背景
ごぼうは食物繊維が豊富で、おなかの調子を整える食材として古くから知られており、便通改善を望む人は積極的に食べる食材の一つです。しかし、食べるにあたって下処理の煩雑さや、独特な風味を好まない者もいるなどの問題があります。これらの問題を改善して、毎日手軽にごぼうを摂取できるようにしたものがごぼう茶です。
そこで我々は、ごぼう茶の便通改善効果について、臨床試験を行い、検討することとしました。

方法
30-59歳の便秘気味な日本人男女を二つのグループに分け、プラセボ対照ダブルブラインドクロスオーバー試験を行いました。介入品は、1包(2g)のティーバッグを1Lの水で3分沸騰させて煮出したごぼう茶【イヌリン100㎎、クロロゲン酸1㎎含有】、プラセボ品は、イヌリン、クロロゲン酸を含まないごぼう茶を、朝昼夕と1日3回に分け、2週間の継続摂取を行いました。

主な結果
被験者を二つのグループ(A群:13名、B群:11名)に分けて試験を行ったところ、介入品を摂取したがグループでは、プラセボ品摂取と比べて、便の量が有意に増加しました。また、介入品が原因と思われる有害事象は報告されなかったことから、介入品の安全性が示唆されました。

科学的根拠の質
本研究は、UMIN-CTRに登録を行い、研究精度の高いと言われるプラセボ対照ダブルブラインドクロスオーバー試験を採用していることで、十分な妥当性、信頼性を得られています。そのため、便通改善効果は評価に値すると判断しました。ただし、便通についてはプラシーボ効果の影響や、主観的判断による部分も多いため、今後、便通の状態を詳細に確認するためには、客観的なスケールの導入と排便後の主観を調査する適切なアンケートなどを併用して調査することが望ましいと思われれます。

(構造化抄録)

ナグモクリニック南雲先生監修 あじかん 焙煎ごぼう茶 「ごぼうのおかげ」についての詳細はこちら。

北の達人コーポレーション 日本で一番売れているオリゴ糖「カイテキオリゴ」

日本で一番売れているオリゴ糖『カイテキオリゴ』

日本で一番売れているオリゴ糖『カイテキオリゴ』

商品名
カイテキオリゴ
表示しようとする機能性
ラフィノース、ラクチュロース、フラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、α-シクロデキストリンが含まれているので、便秘傾向者の便通を改善する(排便量・排便回数を増やす)機能があります。
想定する主な対象者
便秘傾向の健常成人(妊産婦、未成年、疾病に罹患しているものを除く)
機能性関与成分名
ラフィノース、ラクチュロース、フラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、α-シクロデキストリン
1日あたりの含有量
ラフィノース:1.87g、ラクチュロース: 0.82g、 フラクトオリゴ糖: 0.09g、イソマルトオリゴ糖: 0.04g 、α-シクロデキストリン: 0.54g
摂取目安量
1日5g(付属のスプーンすりきり1杯)を目安に、水またはぬるま湯などと一緒にお召し上がりください。※摂取の方法と併せて記載をしております。
摂取方法
1日5g(付属のスプーンすりきり1杯)を目安に、水またはぬるま湯などと一緒にお召し上がりください。
※一日摂取目安量と併せて記載をしております。
安全性
【喫食経験】
本品「カイテキオリゴ」は2016年7月29日より日本全国で販売しており、累計961,624個(2019年3月27日時点)の販売実績がある。本品に起因すると思われる重篤な健康被害情報は無い。喫食実績より、安全性に問題はないが、念のため安全性試験についての既存情報の調査を行った。
【安全性試験】
本品の機能性関与成分のうち、特定保健用食品の関与成分として安全性審査が実施されている成分(ラクチュロース、フラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖)に関しては、安全性は問題無いと判断した。
ラフィノース、α-シクロデキストリンについては、「素材情報データベース」及び論文検索を実施し、摂取による悪影響の報告がないため、安全性は問題無いと判断した。
<糖類の過剰摂取について>
本品の糖質は、一日摂取目安量5gあたり1.94gである。本品の糖質が全て糖類と仮定した場合でも、日本人の食事摂取基準から換算したWHOガイドライン推奨(一日の総摂取エネルギー量の5%未満の糖類量)の約5.7~7.8%にしかならず、糖類の過剰摂取に繋がらないと判断した。
【医薬品との相互作用】
既存のデータベースを検索した結果、これまでに報告無し。
【機能性関与成分同士の相互作用】
本品に含まれる機能性関与成分同士の相互作用についての報告事例はなく、重篤な健康被害情報も見当たらない。
【結論】
上記により、本品を適切に摂取する上では安全性は問題無いと判断した。
機能性
【標題】
オリゴ糖粉末の摂取による便通改善の評価【目的】
便秘傾向のある成人健常者に、機能性関与成分ラフィノース、ラクチュロース、フラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、α-シクロデキストリン(以下、本機能性関与成分)を含む食品(以下、本品)を摂取させることが、本機能性関与成分を含まない食品(以下、プラセボ品)を摂取した場合と比較して、便秘傾向者の便通の改善に役立つかどうかを確認することです。

【背景】
オリゴ糖は様々な食品に応用され、整腸作用を有することが報告されています。そこで、本研究では、本機能性関与成分を含む本品の摂取が、便通に及ぼす影響を評価することとしました。

【方法】
排便回数が1 週間当たり3 回以上5 回以下の健常な便秘傾向者の成人58名を対象に、臨床試験を実施しました。試験実施期間は、前観察期間(1 週間)、第1摂取期間(2 週間)、休止期間(2 週間)、第2 摂取期間(2 週間)の合計7 週間としました。対象者を無作為に2 群に割り付け、第Ⅰ群には、第1 摂取期間に本品を、第2 摂取期間にプラセボ品を摂取させました。第Ⅱ群には、第1 摂取期間にプラセボ品を、第2 摂取期間に本品を摂取させました。なお、試験食品は1日1回1包を朝食後に水とともに摂取させ、試験期間中の排便回数、排便量を評価しました。

【主な結果】
本試験は脱落者はおらず、全員が最後まで摂取を継続しました。最終解析対象者は、休止期間後の摂取前観察時における週の排便回数3~5回に該当する22 名としました。その結果、本品摂取時は、プラセボ品摂取時と比較して、排便回数及び排便量が有意に増加しました。

【科学的根拠の質】
この試験は、信頼性が高いとされる二重盲検クロスオーバー無作為化プラセボ比較試験で行い、結果は査読付きの学術専門誌に掲載されています。したがって、本品の機能性は適切に評価されていると考えられます。

スムーズな排便のための「カイテキオリゴ」頑固な便秘に悩む方のためのオリゴ糖についての詳細はこちら。

イラッときたときに食べる!飲む!でストレスを発散している方のための「夜食酵素」サプリメント +non(プラスノン

会社で学校でイヤなことがあると、やけ食い、無茶食い、やけ酒をしてしまうあなた!私も同じです。食べることであんなに「むかむか」きていた気持ちがおさまり穏やかな気持ちに一端リセットできるのはどうしてでしょうか?

食べ過ぎ、飲み過ぎ

食べ過ぎ、飲み過ぎ

専門科に聞いてみると、「過食は、ストレスを解消する趣味の1つぐらいに考えて」とアドバイスする方もいらっしゃいます。

いったん食べ物を口に入れるとなぜか?止まらずにからっぽになるまで食べたり、終わるまで食べたり限界まで飲んでしまいます。しかし、酒や甘いものを食べると、後で罪悪感におしつぶされそうになります。

アルコールやスイーツは体の栄養にはならなくても心には必要な栄養です。だから食べていいのです。と慰められても、その後が怖いのは言うまでもありません。

毎日、食べて!飲んで!を繰り返していたら体には毒ですが、たまには思いっきり食べて罪悪感を感じないようにできればいいですよね。それが今回、紹介する食べ過ぎ、飲み過ぎた時に活用するサプリメント「夜食酵素」+nonです。

普段は、食べ過ぎ、飲み過ぎはほとんどないけれど、飲み会になると飲み過ぎたり、食べ過ぎてしまう人もいるでしょう。そんな人にもおすすめです。

食べ過ぎ・飲み過ぎてしまったカロリー、糖質をリセットするBIRAI (ビライ)の夜食酵素のプラスノン(+non)

 

7種の多穀麹が沢山食べたあとの罪悪感を軽減させ、オリゴ糖・ハネセンナエキス・ラクリスSなどが翌日のスッキリをサポートしてくれます。

さらに、飲みすぎ対策用として、特許製法のクルクグリーンを配合。既存のクルクミン製品と比較して、7倍の吸収率・2倍の持続性があり長時間の飲み会でもGOOD!
「沢山食べる」「沢山飲む」そんな日に「夜食酵素」サプリメント +non(プラスノンをご活用下さい。外食などで偏りがちな食生活に酵素を補います。

たまには、心置きなく思いっきり食べてストレスを発散してしまいましょう!

タバコは健康の害にならなという人の言い分の検証と吸うリラクゼーションミスト「C-tec CBDカートリッジ」

たばこイコール肺ガンは嘘

「車内禁煙」「終日禁煙」「全館禁煙」喫煙できるところがあったと思えば、隔離された「喫煙席」が設けられているのが当たり前になってしまいまいました 。

禁煙

禁煙

タバコがすっかり敬遠されて、愛煙家は肩身の狭い時代になりました。タバコの害でもっともよく言われることは、肺がんになる危険性です。実際、男性のがん死亡の原因の1 位は肺がんで、他のがんが減少しているのに対し、肺がんは増え続けているのですから、怖い病気です。

そしてますます、「タバコを吸うのはやめましょう」という説がまかり通っているわけです。

ところが、日本たばこ産業の調査によれば、日本人の喫煙率は年々下がっています。成人男性の喫煙率に限ってみれば、ピーク時の1966年の83.7 パーセントから2012年の32.7パーセントヘと急激に減少。

年代別に見て、もっとも喫煙率が減っているのは60 歳以上の男性で、2 0 1 2年は23.5 パーセントです。この50年、喫煙率は減り続けているのに、肺がんは増え続けている。

これでタバコが肺がんの大きな原因と言えるのか疑問です。ラットを使ったこんな実験があります。ラットをたくさん飼い、というたばこを使って、煙づけにしてがんをつくろうとしたのですが、結局1 匹もできませんでした。

たばこは咽頭がん( のどの一部にできるがん) とは因果関係があり、たばこを吸ぅ人は40倍、咽頭がんになりやすいと言えます。

ただ、咽頭がんで死ぬ人は年間5000人程度なのに対し、肺がんで死ぬ人は6万500 0人を超えています。しかも、肺がんには、空気を運ぶ管の部分にできるものと、空気が入る風船の部分にできるものと大まかに2種類あるのですが、東洋人は、管のほうにできる肺がんが圧倒的に多いのです。こちらのがんは、タバコとは無関係なのです。

肺がんの原因としてもっとも影響が大きいのは自動車の排気ガスです。排気ガスの原因を100とすれば、タバコは0.1 くらいのものです。本当に肺がんを減らしたいのであれば、タバコを攻撃するより自動車をやめたほうがいいでしょう。

驚かれるかもしれませんが、タバコには体にいい面もたくさんあります。アメリカには、潰瘍性大腸炎に悩まされる人が多いのですが、タバコを吸う人は吸わない人の半分以下しか発症しないと言われます。

どうやらその薬効はニコチンにあると指摘され、近年注目されています。また、たとえば、人の脳の細胞は、毎日数十万、数百万という単位で減っていますが、細胞同士がびっしりつながってネットワークを形成しているので、ある部分の細胞が抜けても、他のルートで迂回することができるようになっています。脳に刺激を与えると、この回路はどんどん増えていくのです。ニコチンは、このネットワークづくりを促進します。

ですから、タバコを吸うと記憶力がよくなりますし、ポケも防げるのです。タバコは気管支に悪いというのもウソで、タバコを吸っているほうが、口内炎ができにくく、風邪も引きにくいです。

タバコを吸っているときは軽い炎症を起こしていて、その適度な刺激が免疫力を高めているのです。タバコが害を与えるとすれば、細胞分裂が盛んな未成年のときだけで、もし50歳までタバコを吸い続けて何の問題もないのであれば、タバコを止める必要はありません。

タバコを吸うことでストレスが解消されるという人は、そちらの効果のほうがずっと大きいといえます。公的な記録が残されている中で、122歳という人類史上もっとも長生きをしたフランス人女性ジャンヌ・カルマンさんは、タバコが好きで、117歳まで喫煙していたといいます。

低夕-ル・低ニコチンのタバコは避ける

「タバコは自分にとって必要不可欠なもの」と割り切って、喫煙を楽しめる人はいいのですが、困るのは、健康に悪いからタバコはやめなければと思うがやめられない、という人。こういう人は、よく低タール・低ニコチンのタバコに切り替えて、「軽いタバコだから…」と自分を納得させたりします。

しかし、これはおすすめしません。死亡率が高い肺腺がんを誘発すると考えられているニトロソアミンという物質は、低タールであるほど多く発生するというデータもあります。厚生労働省の研究班の調査では、パッケージに表示されているニコチン量が10 分の1になっても、摂取量は3分の1程度にしかならないことがわかりました。

一方、喫煙者は、低タール・低ニコチンのタバコに変えると、ニコチンの血中濃度を保つために、無意識のうちに本数を増やしたり、煙をより深く吸い込んだりしがちだといいます。

このように無意識にたばこの吸い方を調整してしまうことを「補償喫煙」といい、タバコの銘柄を変えることで健康への影響を少なくできるわけではないので誤解しないように、と厚生労働省も注意を促しています。

そして、「低タールたばこを吸う人は、結果としてパッケージの表示より、ニコチンも一酸化炭素も多く取り込むことになり、動脈硬化による心筋梗塞や狭心症を引き起こしやすい」と警告しています。

「ライト」「マイルド」などの名前にごまかされてはいけません。それで安心するのは逆効果以外なんでもありません。そもそも、体に悪いからといって、タバコの銘柄を変えてまで吸い続けるのがストレスの元です。タバコは、やめるならきっぱりやめる、やめないのなら、これまでと同じものを吸って爽快な気分になる。このどちらかでしょう。


【C-Tec DUO 公式】CBDカートリッジ 交換用(カンナビスフレーバー)CBD濃度10%

 

フジッコ株式会社の善玉菌のチカラ

フジッコ 善玉菌のチカラ

フジッコ 善玉菌のチカラ

商品名
善玉菌のチカラ
表示しようとする機能性
お腹の調子を整える 独自の生きた乳酸菌クレモリス菌FC株(L. lactis subsp. cremoris FC)が含まれます。クレモリス菌FC株(L. lactis subsp. cremoris FC)は、お通じを改善します。
想定する主な対象者
便通・お通じを改善したい方。
機能性関与成分名
乳酸菌、クレモリス菌FC株(L. lactis subsp. cremoris FC)
1日あたりの含有量
1000万個(生菌として)
摂取目安量
1日1粒を目安に、水またはぬるま湯などと一緒にお召しあがりください。
摂取方法
1日1粒を目安に、水またはぬるま湯などと一緒にお召しあがりください。
安全性
2007年4月より販売開始し、約10年間で370万袋の出荷実績がある(2007年4月~2017年5月実績)。購入者層は、60~80代の男女が中心となっているが、40~50代も徐々に増えつつある。本品による健康被害情報については、現在に至るまで報告されておらず、現在も販売を続けている。
【既存情報による評価】
本品の機能性関与成分であるクレモリス菌FC株を使用した発酵乳を被験者に1ヶ月間摂取させる試験が実施されており、発酵乳中には、1日摂取量150gあたり2.3×1011個以上含まれていたが、被験者に臨床上問題とされるような変化や症状は認められなかった。本品の1日摂取目安量に含まれるクレモリス菌FC株(L. lactis subsp. cremoris FC)は1.0×107個以上であることから、本品に含まれる量のクレモリス菌FC株(L. lactis subsp. cremoris FC)摂取量は安全性に問題が無いと考えられる。
機能性
ア)標題
クレモリス菌FC株菌(L. lactis subsp. cremoris FC)末含有食品の摂取による整腸効果について
イ)目的
便秘傾向のある健常な日本人を対象に、クレモリス菌FC株(L. lactis subsp. cremoris FC)菌末含有食品を継続的に摂取することにより、クレモリス菌FC株(L. lactis subsp. cremoris FC)を摂取しない場合(プラセボ)と比較して、便通が改善するかどうかの検証を目的とした。
ウ)背景
便秘は慢性化すると、腹部の張りや痛みを感じたり、便秘薬の使用による下痢などの副作用に悩まされたりと、生活の質(QOL)の低下につながる大きな問題である。クレモリス菌FC株(L. lactis subsp. cremoris FC)は、生きたまま腸内にまで到達することが報告されており、これを含む発酵乳の摂取による整腸効果も報告されているが、乾燥菌体粉末(菌末)の形態で摂取した場合の整腸効果は明らかにされていなかった。そこで、本研究では、クレモリス菌FC株(L. lactis subsp. cremoris FC)菌末含有食品の継続的な摂取による整腸効果を検証した。
エ)方法
30~60歳の便秘傾向のある健常な日本人男女を対象とし、クレモリス菌FC株(L. lactis subsp. cremoris FC)を1×107個(生菌数)含むカプセル剤(以下、本品という)と、クレモリス菌FC株(L. lactis subsp. cremoris FC)を含まない対照食品(プラセボ)をそれぞれ2週間摂取させ、排便状況の観察および糞便検査を実施した。本試験は、研究の精度が高いとされるプラセボ対照ランダム化二重盲検クロスオーバー法により行った。
オ)主な結果
本品の摂取により、プラセボと比較して排便日数・回数の有意な増加が確認された。また、糞便中の水分が増加し、その変化率がプラセボと比較して有意に高値を示し、糞便を適度な硬さにするために役立つことも示唆された。これらの結果から、本品の摂取によって、お通じが改善されることが明らかとなった。また試験中、本品の摂取による有害事象は認められなかったため、安全性に問題がないことが確認された。
カ)科学的根拠の質
本研究は、妥当性や信頼性が十分に得られるように、事前にUMIN-CTRに実験計画を登録した上で実施した。また、研究の精度が高いとされる、プラセボ対照ランダム化二重盲検クロスオーバー法により試験を行った。したがって本研究により示されたクレモリス菌FC株(L. lactis subsp. cremoris FC)の整腸効果は評価に値すると判断できる。

フジッコ株式会社の善玉菌のチカラについての詳細はこちら。

株式会社ソシア 一目瞭然W(ダブル)

一目瞭然W(ダブル)

一目瞭然W(ダブル)

商品名
一目瞭然W(ダブル)
会社名
株式会社ソシア
表示しようとする機能性
本品にはルテインが含まれます。ルテインは網膜の黄斑色素を増やしてコントラスト感度(はっきり、くっきりと見えているかの目の視認性の指標)を改善することで目の調子を整えることと、ブルーライトなどの光の刺激から目を守る機能があることが報告されています。
想定する主な対象者
成人健常者
機能性関与成分名
ルテイン
1日あたりの含有量
20mg
摂取目安量
1日2粒
機能性
1.光の刺激から目を守る機能(黄斑色素光学密度)
【標題】
マリーゴールド色素由来の機能性関与成分ルテイン摂取による黄斑色素光学密度(MPOD)に対する機能性に関する研究レビュー【目的】
成年健常人がルテインを摂取した場合に網膜の黄斑色素を増やす効果があるかについて、網羅的に文献調査を行い検証することを目的とした。【背景】
ルテインは黄斑を中心とする目の網膜に蓄積し、ブルーライトなどから目を守る光フィルターあるいは抗酸化物質として期待され、広く利用されてきた。しかしながら、成年健常人が目の健康維持を目的としてルテインを摂取することに対して正確な検証はなされていなかった。【レビュー対象とした研究の特性】
2016年2月2日に2015年12月までに報告された論文から抽出した、日本人を含む18-70才の健常人男女を対象としたルテインを摂取し、ルテインの血中濃度あるいは黄斑の色素量を測定している9件の質の高い臨床試験(機能性関与成分を含む食品と含まない類似食品を比較するための試験で、どちらの食品を摂取するのかは被験者と試験を実施する側の双方に知らされない状態で試験が行われ、どの食品を摂取するかは第三者により無作為に振り分けられた試験、RCT)を評価の対象とした。

【主な結果】
成年健常人がルテインを摂取することにより、ルテインの血中濃度が上昇し、網膜にある黄斑の色素量も増加することが明らかとなった。また、視覚の中核を担う黄斑や網膜に蓄積したルテインはブルーライトなどの光の刺激から網膜を守ることが強く示唆されている。なお、ルテインの摂取が原因と考えられる重篤な副作用の報告は見当たらなかった。

【科学的根拠の質】
評価の対象は比較的質の高い臨床試験であり、摂取した機能性関与成分の同等性についても厳密に考慮していることから科学的根拠の質は高いと考えられる。また、ルテインは人の体内で生合成されず、食物等から摂取したルテインが生体内に吸収され、血液中から網膜部分にルテインが移行するメカニズムはほぼ解明されている。以上のことから、本レビューの結果が覆るような新たな知見が報告される可能性は低いと考えられる。一方で、ルテインは緑黄色野菜などに含まれている成分であるため、ルテインを含む食品を十分量摂取している場合は、同様な効果は得られない場合が想定される。

2.黄斑色素を増やしてコントラスト感度(はっきり、くっきりと見えているかの目の視認性の指標)を改善することで視認機能を整える機能(コントラスト感度およびグレア感度)
【標題】
マリーゴールド色素由来の機能性関与成分ルテイン摂取によるコントラスト感度およびグレア感度に対する機能性に関する研究レビュー

【目的】
成年健常人がルテインを摂取した場合にコントラスト感度およびグレア感度を改善する効果があるか、網羅的に文献調査を行い検証することを目的とした。

【背景】
ルテインは黄斑を中心とする目の網膜に蓄積し、ブルーライトなどから目を守る光フィルターあるいは抗酸化物質として期待され、広く利用されてきた。しかしながら、成年健常人が視機能の維持や改善を目的としてルテインを摂取することに対して正確な検証はなされていなかった。

【レビュー対象とした研究の特性】
2016年2月3日に2015年12月までに報告された論文から抽出した、アジア人を含む18-70才の健常人男女を対象としたルテインを摂取し、ルテインの血中濃度およびコントラスト感度を測定している3件の質の高い臨床試験を評価の対象とした。

【主な結果】
成年健常人がルテインを摂取することにより、コントラスト感度が改善することが明らかとなった。コントラスト感度は色の濃淡を判別する力であり、コントラスト感度が低下して色の濃淡が分かりにくくなると視覚の対象物がはっきりと見えなかったり、くっきりと見えにくく感じることがある。ルテインの摂取が原因と考えられる重篤な副作用の報告は見当たらなかった。

【科学的根拠の質】
評価の対象は比較的質の高い臨床試験であり、摂取した機能性関与成分の同等性についても厳密に考慮していることから科学的根拠の質は高いと考えられる。また、食物等から摂取したルテインが網膜部分に移行してコントラスト感度を改善するメカニズムは文献で示されていることから、本レビューの結果が覆るような新たな知見が報告される可能性は低いと考えられる。一方で、ルテインは緑黄色野菜などに含まれている成分であるため、ルテインを含む食品を十分量摂取している場合は、同様な効果は得られない場合が想定される。

株式会社ソシア 一目瞭然W(ダブル)についての詳細はこちら。

免疫力の要腸の敵「大腸ガン」

日本人の腸はこれまでにないストレスにさらされている、と口にする医師や腸の専門家が多数います。特に大腸がんは、日本人には珍しいがんでしたが、最近、非常に増えました。

統計上では1980年以降に大腸がんの罹患率が高くなりはじめています。1955年には男性2076人、女性2160人だったのが、2006年には男性2万3800人、女性1万8653人と、この半世紀で約10倍に増加しました。

また女性が罹るがんでは、2003年から死因の第1位、男性は3位と上位に位置しています。

国立がん研究センターでは、将来的には大腸がんが死因のトップになるという予測をしていましたが、それは予想よりも速いスピードであったといってもよいのではないでしょうか。一般的に大腸がんは、高齢者の病気と思われていますが、年代別に見ると罹患率が増加するのは、男女ともに40代です。また20代の若い女性から早期がんが見つかるケースもあります。

急増する大腸がんは40代からが要注意 | 健康マニア

大腸がんの原因としては、環境因子と素質因子の両方があると考えられています。環境因子の中では、食生活が特に大きいと考えられています。とりわけ、日本人の食生活の欧米化が大きいといわれています。

もちろんすべての欧米的な食事が悪いのではなく、赤身肉や加工肉の摂取が大腸がんに対して確実なリスクと指摘されています。
これらの動物性脂肪は、血中コレステロールを高め、その脂肪の消化や吸収のために分泌される胆汁酸が、発がん性物質を作るともいわれています。

日本では大腸がんは増加傾向にあります。しかし一方アメリカでは、男女ともに死因別死亡率の第2位ではありますが、その割合は近年減少傾向にあります。その理由は、アメリカが国をあげて、食事を中心とした大腸がんの予防キャンペーン「5 A DAY」(1日に5皿分“350g”の野菜と200gの果物を摂取することを目標にしたもの)を行ったからだといわれています。

これは早期発見・早期治療の宣伝が功を奏している例だと思います。腸の健康を目指す方にとって大腸がんは敵ともいえますが、けっして恐れる病気ではないのです。大腸がんは早期に発見すれば、内視鏡手術や腹腔鏡手術など、開腹をせずに手術することも可能です。身体への負担も比較的少なく、生存率も高い。そして予後もよいといわれています。

大腸ガンの早期発見に自宅で検査できるキットもありますので食事に自信がない方は是非やってみましょう。
自分でできる!病院に行かずに行う大腸ガン検査キット | ガンの予防対策と増殖抑制作用を高める

大切なのは早期発見・早期治療なのです。そこで私は40歳を過ぎた人には大腸内視鏡検査を推奨しているわけなのです。

また便秘と大腸がんの因果関係は解明されていません。しかし便秘が大腸がんのリスクを引き上げている可能性はおおいにあります。大腸内のがん発生部位を調べたところ、その約7割が肛門に近いS状結腸(40%)と直腸(24 %)に集中しています。

S状結腸と直腸は、大腸の中でも特に便がとどまることが長い部位です。大腸に長くとどまった便には、胆汁酸が多く含まれます。また、動物性脂肪の摂取が多いと胆汁酸の量も増えます。つまりずっと便が腸内にとどまっていると、発がん性に関与しているとされる二次胆汁酸(胆汁酸より変化した物質)の濃度が高まり、そのとどまった場所、つまりS状結腸と直腸に影響を与えるという可能性が考えられるのです。

便秘=大腸がんの原因、とはいい切れませんが、便秘をしないほうが、そのリスクを減らすことはできるのです。便秘をしない生活、つまり腸が健康な状態を意識して作ることが大腸がんの予防になります。それには、腸寿の食生活とライフスタイルを実践するのがおすすめです。

ごぼう茶を日頃から飲むのもおすすめです。

免疫力の要腸の敵「腸の酸化ストレス」

アンチエイジングの話題になると、「活性酸素」の話をよく耳にします。私たちが生命を維持するためには、非常に多くのエネルギーを必要とします。そのエネルギーは、細胞で酸素が燃焼することによって作られているのです。しかし、そのエネルギーを作るための副産物として発生するのが、活性酸素です。

この活性酸素は、体内に侵入してきた病原菌やウィルスを殺す白血球やマクロファージには欠かせないものであり、体内に必要なホルモンを合成する働きを持っています。

ではなぜ、活性酸素がアンチエイジングにとって問題になってくるのか。通常、その役目を終えた活性酸素は無害化されます。しかし活性酸素が局所的に過剰に発生した場合、毒性を発し、身体のあらゆる器官をサビさせ、老化やがんなどの生活習慣病を引き起こすといわれているのです。

その活性酸素が過剰に発生する理由として、活性酸素による酸化から身体を守ってくれる抗酸化作用のある物質を壊すような場合です。

例えば喫煙は、抗酸化物質であるビタミンCを被壊します。また紫外線も皮膚に活性酸素を大量発生させる刺激になります。今すぐに禁煙しましょう!禁煙補助剤を使えばヘビースモーカーでもストレスなしに禁煙できます。

このような活性酸素の発生によって増加する「酸化ストレス」は、もちろん腸にも起こつています。腸は身体の中でも特に有害物質にさらされている器官です。ですから活性酸素によって、腸はダメージを受けやすいのです。

腸を酸化させる要因として、まずあげられるのが脂肪です。脂肪は酸化しやすく、食品の加工や貯蔵、調理法によって、また体内での消化中にも有害な酸化脂肪になりやすいといえます。

この酸化脂肪による酸化ストレスは、炎症性腸疾患や、がんの発症にも関与しているといわれています。イサゴールは便秘を解消する際にコレステロールを排出します。

また最近では、脂肪の多い食事を摂ることによって胆汁が多く分泌されると、その胆汁酸が腸内細菌によって変化し、その変化した二次胆汁酸が、活性酸素を生み出すことがわかってきました。その結果、遺伝子に突然変異を起こし、発がんに結びつくということがいわれています。

腸の酸化ストレスを抑えるには、ビタミンC や、ファイトケミカルを多く含んだ食材を選ぶことが効果的です。酸化ストレスを抱えない腸を持つ人が、本当の免疫力の高い人なのです。
腸ストレスの影響と解消方法