起床時すぐのタバコは危険性大

タバコは、血圧を上昇させるためとにかく禁煙が必要です。実際、タバコを吸うと直後に血圧が急上昇するという医学的なレポートが数多く発表されています。
検査条件や個人差の関係で、測定値は必ずしも一定ではありませんが、一般にタバコを1本吸うと、最高血圧(上の血圧)は10~20mmHg上昇するのが一般的です。
しかも、タバコ1本で上昇した血圧は、10~15分間は元に戻りません。この間に続けてたばこを吸ってしまうと、さらに体には大きな負荷がかかるのは言うまでもありません。
また、このとき、心拍数も同時に10~20拍も上昇します。
さらに怖いのは早朝高血圧の人が、朝起きたときにタバコを吸ったときです。ヘビースモーカーの人は一般的に朝起きると、すぐに一服する習慣があります。
l本のタバコで、最高血圧は30~50mmHG心拍数も20~30拍もそれぞれ上昇することがわかっています。
早朝高血圧でない人にくらべ、2~3倍もの影響があるのです。これほどの急激な血圧上昇は、体調によっては深刻な事態を引き起こす危険性があります。

タバコには約4000種類もの化学物質が含まれており、そのうちニコチン、タール、一酸化炭素が「三悪」とされています。血圧の上昇に関係するのはまずニコチンで、体内に入ると血管を収縮させる作用があるため、心臓への負担は急激に増加します。
一酸化炭素が喫煙によって体内で増加すると、全身がいわゆる酸欠状態になります。これは血液中で酸素を全身に運ぶ役目を担っているヘモグロビンという物質に結合してしまうからです。
そうなると、全身に新鮮な血液を供給することができませんから、心臓は少しでも多くの血液を送り届けようと必死に働かざるを得ません。こうして、ニコチンで細くなった血管に、酸欠を解消するために多くの血液が流れることになり、血圧が上昇するわけです。

ニコチンも一酸化炭素も、血管・血液に悪影響を及ぼすことで、動脈硬化を促進させます。動脈硬化は心臓病や脳卒中の原因になります。血圧が高めの人、高血圧症の人にとって、タバコほど有害なものはないといえます。なお、タバコの三悪の最後のひとつ、タールにはさまざまな発がん物質が含まれていますから、肺がんや食道がんの大きな原因になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です