快眠枕の条件

枕には、「安眠枕」「快眠枕」といった安眠のための枕が多数販売されていますが、旅行の時には、自分の枕を持って出かける人もいて、枕がいかに快眠と深い関係にあるかを示しているといっていいでしょう。
安眠を約束してくれる枕とはどんな枕なのでしょうか?
まず、吸湿性、放湿性、保温性、高さ、硬さ、大きさといった条件が複合的に揃ったときに快眠を実現するものです。
このうち、吸湿性、放湿性、保温性の3つについては、中につめる材料に大きく影響してきます。一般に中につめる材料は、小豆、そばがら、羽根、もみがら、フォームラバー、パンヤなどがあります。安眠に一番最適なのは、そばがらといいます。
テンピュール枕で快眠(オリジナルネックピロー、ミレニアムネックピロー、オンブラシオピロー、ソナタピロー、シンフォニーピロー)

高さについては、頭をのせたときに6~9cm、頭をのせないときで中の材料がそばがらの場合、8~11cmの高さでそれ以上でもそれ以下でも好ましくありません。
頭をのせてみないときの枕の高さになるように材料をつめれば、高さ、硬さともに最適な枕になります。

枕を変えたらそれまでの不眠がすっかり治ったという人が多いのも枕の快眠との関係はかなり深いのです。
枕が合わずに眠れない人は、朝起きたときに、腰や背中が張っていて起きる時にだるいのが特徴です。
快適な枕の条件をしっかり確認して購入するようにしましょう。
枕カバーも清潔に洗濯する習慣が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です