脳の若返り」カテゴリーアーカイブ

脳の若返りのための運動や生活習慣や食習慣の紹介。少しの工夫で脳はもっと若返る

朝食 脳 の若返り に大切元気な脳づくりは朝食が大事

朝食 脳 の若返り に大切元気な脳づくりは朝食が欠かせません。脳は体重の2パーセントの重さしかないのに、エネルギー消費は18パーセントもしめます。つまり、非常に燃費の悪い臓器なのです。

その唯一のエネルギー源はブドウ糖です。ただし、脳自体にはブドウ糖を貯めておくところがありません。常に補給していかないとダメなのです。

朝食 脳 のために必須 脳はエネルギー消費が多い

朝食 脳 の若返り に大切元気な脳づくりは朝食が大事

朝食 脳 の若返り に大切元気な脳づくりは朝食が大事

ブドウ糖は肝臓にグリコーゲンとして貯蔵され、脳が要求したときにブドウ糖に変換します。ところが、この蓄積はそれほど長くはもたず、12時間が限界です。それを過ぎると予備のブドウ糖もなくなつてしまいます。ということは、数時間の睡眠のあと、朝日覚めたときには、脳はほぼエネルギーゼロの状態。

朝食を食べないで会社に行ったり、学校へ行ったりしようものなら、脳はブドウ糖不足のため十分なカを発揮できなくなります。

朝食を与えられた者と欠食者とで、絵の記憶や、単語の記憶にどのような違いがでるのかを比較しました。その結果、朝食を食べたグループが明らかにすぐれた成績を示しました。

また、デンマークの研究では、1日の必要摂取量の25五パーセントを朝食で摂取すると、計算能力・創造力が高まったとしています。

ほかにも朝食抜きの子供ほど成績が悪いという研究結果もあります。これらの研究から、いかに朝食が重要なのかがわかってきます。

朝食は、単なる健康のためというイメージでとらえないで、脳のエネルギー切れを補給するために必要なものとして理解すべきでしょう。とくに受験生などは、しっかり朝食を食べてから、勉強開始です。

別の実験では、食後のほうが脳の機能がよくなることもわかっています。それはどうしてでしょうか。からだの中にはいろいろな種類の成長因子(増殖因子)があって、細胞を刺激して細胞の機能をよくしたり、増やしたりしています。その中の1つに、「線維芽細胞成長因子というものがあります。

FGFは、線維芽細胞や血管内皮細胞、脳神経細胞を増やしたり、活性化させる働きがあり、いまは神経栄養因子の仲間として考えられています。

ネズミを使って実験してみると、血液中のブドウ糖が増えてくると、FGF が増加して、脳神経細胞を活発化させ、とくに海馬に作用します。これは食後2.5時間くらいがピークになります。このとき、FGFは通常の7倍くらいに増えます。

FGF が海馬の脳神経細胞に取り込まれると、海馬の機能を活性化させ、その結果、記憶力がアップします。こうしたメカニズムによって、食後、脳の機能はよくなるわけです。もちろん、食べた直後は、胃や十二指腸などへ血液が集まるので、脳へ行く血液は減って、ぼんやりしてしまいます。

お腹が満杯になれば眠気が襲うのは、だれでも経験したことがあるでしょう。こんなときは、やはり脳の機能も低下しています。
脳の働きと食事の関係を考えるならば、最大限に「脳力」を発揮させるために食事のタイミングをどこに置くかを考える必要があります。

食後、脳の機能がもっともよくなるのは、先ほどのネズミの実験からもわかるように、しっかり食べた食後2時間後あたりといえます。

そこで、食後はゆっくり休んで、2時間後あたりから仕事や勉強を始めてみてはどうでしょうか。試験の日なども、食後2時間後にテストが始まるように、工夫するといいかもしれません。

仕事や勉強で結果をだすには、知識を詰め込めばいいわけではありません。こういった脳のコンディションづくりもとても重要なことなのです。

腸を元気にするためにも朝食は重要です。

脳の若返り

ピーナッツ 脳 若返り 仕事中の間食 レシチン が多いピーナッツチョコレートがおすすめ

ピーナッツ 脳 若返り 仕事中の間食はピーナッツチョコレートがおすすめです。脳の中には、神経伝達物質がありますが、この物質は脳にとって潤滑油のようなもので、これ自体を増やすことができれば、脳の活性化も可能となります。
ピーナッツチョコレート

ピーナッツ 脳 若返り

ピーナッツ 脳

ピーナッツ 脳

実際にアルツハイマー病などでは、アセチルコリンを増やす薬を飲むと、痴呆の症状がよくなります。しかし、アセチルコリンを飲んでも脳へ直接届けることはできません。
なぜなら、脳には「血管脳関門」というものがあって、外からの物質が脳の中には簡単に入れないようになっているのです。

また、アセチルコリンの原料であるコリンはどうかというと、口から入れても腸の中で別の物質になってしまうため、うまく脳まで届きません。その代わりのものとして、レシチンというものがあります。レシチンは脂質の一種です。

脳に効く レシチン – 脳と体のストレスを解消して熟眠

食べるとからだの中でアセチルコリンに変換されます。ということは、記憶力をよくするには、レシチンを多く含む食べ物が効くということです。

レシチンを多く含む食べ物の代表はピーナツです。ほかには大豆、納豆、枝豆、味噌などがあります。

ピーナツチョコレートなどは、脳の大好物であるブドウ糖の補給にもつながりますから、脳の栄養補給としてはすぐれています。仕事中、「小腹が減ったなぁ」と感じたら、ピーナツチョコレートで脳もお腹も元気にしてあげましょう。職場での間食はピーナッツチョコレートに決まりです。

脳の若返り

脳の若返り 普段は使わないスーパーで食材を買って料理

脳の若返り 普段は使わないスーパーで食材を買って料理をすることをおすすめします。道に迷っている状態で同じです。この場合、、空間把握力、イメージカが鍛えられます。決断を迫られるときというのは誰にでも訪れます。どちらを選ぶか非常に迷います。そんなとき、考えに考えて熟慮したところでいい結果を生み出すとは限りません。

脳の若返り 普段使わないスーパーで食材を買って料理

脳の若返り 普段使わないスーパーで食材を買って料理

脳の若返り 普段使わないスーパーで食材を買って料理

それに、決断に時間がかかれば優柔不断といわれかねません。時には即座に直感で判断していくことも必要になります。迷った末に、直感で決めた場合、「なぜそうしたの?」と尋ねられても答えられないことがあります。そのため、直感はいい加減な判断だと思われがちですが、それは間違っています。

直感とは、あなたの記憶の蓄積、つまり、人生経験の中からでてくるものです。ですから、結果的に正しい道を選択していることが多いのです。じつはこうした直感には、右脳が大きな役割を果たします。

右脳の働きによってできる判断は、第六感、あるいはカンといってもいいかもしれません。動物であれば、ほかの大きな動物に追われ、うまく逃げ切れないと命にかかわることもあります。

そんなときはすばやい判断で逃げ道を探さなければなりません。右脳はそんなときに役立っているのです。直感を鍛えるのは、人生の苦労や悩みです。計算や論理思考というものは、だれがやっても結果が同じになることが大事ですが、物事の決断にははつきりとした正解などありません。

自分の経験だけが頼りです。若いときの直感はまだまだ未熟です。年を重ねるごとに磨かれていきます。若者の武器は「若い感性」、熟年の武器は「直感」や「総合判断能力」といえます。世の中では、上の立場になるにつれ、即決を求められる機会が多くなります。
それゆえに、若いころから多くの人生経験や実体験を積むことが大切です。とくにいまの世代のようにバーチャルな経験だけでは、直感力を高めることはできません。

右脳を鍛えるには、視覚的な刺激が一番です。本を読む際、ゆっくり理解して読んでいくと左脳の言語中枢を使ってしまうので、速読術では右脳をフルに使って、各ページ中の文字をイメージで焼き付けて理解していこうとします。

信じられないようなスピードで読んでも、内容を覚えていられるのはそのためです。とはいっても、右脳が鍛えられるからといって、好きでもない本を速く読むというのは、あまり楽しいものではありません。それよりも、日常の中で、右脳刺激になるものを見つけたほうがずっといいでしょう。

たとえば、これまで行ったこともないスーパーへ行ってみるのです。通い慣れたスーパーとの品ぞろえの違いに驚くと同時に、どこに何があるのか探さなければいけないので、見知らぬ土地を地図なしで迷ったときのように、空間的な思考も求められます。空間的な思考は右脳の役目ですから、これによって右脳が刺激されます。「地誌的失認」といって、脳卒中などで右脳の頭頂葉(頭のてっぺんあり)や海馬の一部が壊れると、日本地図を見て、大阪や東京がどこにあるのかわからなくなってしまいます。また、認知症がひどくなると、自分の家がどこにあるのかわからなくなり、家に戻ってこられなくなったりします。

これらは右脳の障害によるものです。わざわざ遠くのスーパーヘ行くのは、面倒なことです。しかし、その面倒なことが脳にとっては意味があるのです。脳を刺激するために、いままで行つたことのないスーパーに行ってみましょう。
脳の若返り
動脈硬化を防ぎ血液サラサラ効果が高い DPA が豊富な ハピネス マンボウ 肝油 マンボウサンQ