塩分を減らすための7つのポイント

塩分を減らし、薄味に慣れる方法は、意外にもたくさんあります。その具体的な方法を7つに紹介しましょう。どれも難しい計算は必要なく、「その気」になりさえすれば実践可能なものばかりです。ただし、一度にすべてやろうとせず、できるものから少しずつ、確実に実行してくことで減塩に成功しやすくなります。食習慣というのは、日々の積み重ねですから、毎日、減塩に取り組んでいるといつの間にか減塩に成功します。
また、減塩を成功させるには、ひとりではなく、家族で協力し合うことも大切です。できることなら家族で減塩を行うと成功率がぐんと高まります。

〔1〕調味料を使いすぎない

しょうゆやソースをまったく使わない、あるいはドボドポとかけずノに別皿に注いだものにつけて食べます。試しに市販の弁当を、ついている袋入りのしょうゆなどを使わずに食べてみてください。すでに十分に塩味がついていることがわかります。
酢、香味料、ハーブといった香りをうまく活用

料理の昧つけに食塩やしょうゆを控え、代わりに酢やレモンなどの酸味、香辛料などを使うようにして、薄味でもおいしく食べられるように工夫します。ハーブ類をベランダで育てて活用するのも効果的です。減塩を苦しいものと考えずにこれも楽しんでしまうと早くに慣れます。かつおや昆布のだしを使うのも減塩効果大です。今までより出汁を丁寧にとるようにするといいでしょう。

〔3〕みそ汁は具を多く

みそは、発酵食品で体にもおすすめですが、とりすぎると塩分過多になります。野菜や海藻、豆腐、きのこなどをたつぷり人れて具だくさんにし、汁をたくさん飲まないように配慮します。

〔4〕外食、市販のお総菜はできるだけ避ける

塩分の強い外食やコンビニ弁当などはなるべく控え、昼食はできるだけ手づくりの弁当持参を心がけます。

〔5〕スナック菓子は食べない

ポテトチップスやコーンなどのスナック菓子は塩分がいっぱい。できるだけ食べないようにします。

〔6〕麺類の汁は残す

うどんやそば、ラーメンなどのめん類を食べたときは、汁を全部飲みほすのは禁物。できるだけ残して塩分摂取量を減らします。パスタは麺には塩分が含まれませんが、ゆでる際にかなりの塩を入れるためおすすめできせん。

〔7〕食卓テーブルには調味料をおかない

塩分の過剰摂取を心がけていても、目の前にあると、ついかけてしまったりするものです。食卓に置いてあるしょうゆや食卓塩などの調味料は、目に入らないところに片づけましょう。

醤油が大好きな人はこちら

高血圧の人の中には、「醤油」の味が好きな人が多く、塩分を追加するという目的ではなく「醤油」の味で食べたいのです。
そんな醤油好きで減塩に向けてテンションが下がっている人は、『割り醤油をうまく活用することで減塩に』は、とてもおすすめの減塩方法です。
醤油にダシを追加して塩分を減らすという方法で、血圧を下げたい人には特におすすめです。

塩分を減らすための7つのポイント」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 高血圧の場合、これは絶対避けたい | 健康メモ

  2. ピンバック: カルシウムの吸収を妨げるもの | 健康メモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です