クラシック音楽の快眠効果

ジャズやロックのライブを見に行くと興奮して熱くなるのが普通です。自律神経も交感神経が優位になっているためでしょう。
ところが、クラシック音楽会に行くとついついうとうとしてしまうこともあります。
居眠りをしていたことを隠したくなるものですが、実は、これはクラシック音楽に対する最高の敬意をはらっているのです。

テンポの遅いクラシックは、眠りのリズムに乗りやすい性質があります。もともとうっとりしやすいのです。そしてすばらしい音楽ほど聴衆をうっとりさせ、これが自然の睡眠を誘うのです。

就寝時に、クラシック音楽をイヤホンで聴きながら寝る人もいますが、できればラジオや音楽は、スピーカーで聴く方が音に不自然さがなく眠るには好ましいのです。

また、快眠用にクラシック音楽を聴くのであれば、毎日同じ曲を聴く方が効果的です。ラジオなどは、いつも内容が異なるため注意をひきつけてしまうので眠りにはあまり向きません。

最近は、オルゴール音、自然音といった音楽も発売されているので試してみるといいでしょう。

こちらには、ストレスが強く快眠出来ない人に「モーツァルト」が効果的であることが紹介されています。
大好きな人とのデートの前日、大事なプレゼンを控えた夜、大きな手術前の夜…人はさまざまなストレスと向き合わなければならないときがあります。そんなときは、クラシック音楽などを聴くとゆったり入眠できるでしょう。

眠れないことがストレスだ!という人もいるかと思います。そんな人にも是非ためして欲しいと思います。
スマホなどにイヤホンをつけて聴くよりもCDプレーヤーなどで小さい音量で聴く方がリラックス効果は高いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です