脳の若返り」カテゴリーアーカイブ

脳の若返りのための運動や生活習慣や食習慣の紹介。少しの工夫で脳はもっと若返る

脳の若返り 利き手と逆のほうの手でスマホを扱う

脳の若返り 利き手と逆のほうの手でスマホを扱うというのがあります。普段のプライベートや仕事でキーボードを使ってメールを送信している人にとっては、利き手の逆の手でスマホでメールを作成するのはかなり脳が鍛えられます。

特にキーボードで入力するのに慣れていると、どうもスマホからのメールは苦手になってしまいます。しかし、不慣れなことこそ、脳を活性化させるのです。そこで、スマホを使って電子メールを打つ場合、普段使わないほうの手、右利きの人なら左手で、打ってみましょう。

慣れるまでしばらくは脳への刺激となります。指を動かすことは、脳への重要な刺激になります。指まわし運動というのが一時期はやりましたが、そんな特別なことをしなくても、日常の動作で十分に指先の運動は可能なのです。たとえば、ピアノを弾く、ゲームをするなど、指を動かす行為は脳の活性化につながります。

ただし、こういった動作も、同じことを続けていれば、脳への刺激は減少してきます。慣れてしまうことで動きがパターン化されてしまうからです。

キーボードへの入力にも同じことがいえます。懸命に指先の位置を確認して打っているときは、脳への刺激となりますが、慣れてブラインドタッチになつてしまうと、脳の決まった記憶しか使わなくなり、脳への刺激はわずかになってしまいます。

指先運動が脳に持続した刺激にならないのは、脳にはこういった学習能力があるために、初めは時間がかかってもすぐに慣れてしまうからです。

ゲームをしている際には指がずっと動いているように思いますが、ゲーム中の脳を特別な器械で調べると、働いている場所は視覚と運動中枢だけです。

単純な暗算をしているときのほうが、脳を広範囲に使用しているといえます。つまりこれも、ゲームに対する慣れができてしまうと、脳を十分に使わなくなってしまうからです。

子供の将来を考え、考える脳をつくろうとするなら、ゲームの時間を減らし、創造的な作業により多くの時間を費やすことが大切です。

囲碁、将棋などが面白いのは、先の展開を予測できないところでしょう。定石などを覚える必要はありますが、その先の展開はもっばら脳を使います。脳を鍛えるならば、やはりこういったゲームのほうが効果的なのです。

ちなみに指ひねりで不快な症状が消失するので指を動かすことは脳への刺激だけでなくああらゆる不快な症状にも効きます。

脳の若返り

脳の若返り 1日15分の早歩き

脳の若返り 1日15分の早歩きを行います。運動と脳は、非常に重要な結びつきがあります。脳から筋肉を動かせという命令がでなければ、走ることもできませんし、歩くこともできません。

運動神経の中枢は大脳の前頭葉にあります。運動の命令はそこからだされます。脳の血液の流れ具合を見る器械を使うと、手足を動かせという命令がでる前に、大脳の運動神経の中枢部分では、すでに脳の血流が増えていることがわかります。

運動をすることで結果的に脳も使っていることになります。一流のスポーツ選手の記者会見を見ていると、新人のときに比べ、次第に話の内容が深くなっていきます。これは話すことに慣れたというだけでなく、運動をすることで脳そのものの機能が洗練され、脳の働きがよくなったということでしょう。

動かす筋肉が大きいほど、脳への刺激も大きくなります。ということは、太ももを動かすのが一番ということになります。だから、走ったり、歩いたりが運動の中では一番脳を刺激するのです。

最近の研究では、毎日運動をしている人のほうがアルツハイマー病になる確率が少ないことがわかっています。これは海外の研究ですが、その理由の1つとして、運動による脳血流量の改善が考えられています。また別の研究者は、運動によって脳自体が刺激され、脳を活性する物質がでているのではないかと結論づけています。

ダイエットもかねた適度な運動となると、1日15分くらいの早歩きがちょうどよいでしょう。通勤のとき、家から駅まで早歩きをすれば、十分な運動量となり、脳の活性化にもつながります。会社の中をいつもより早歩きするのもおすすめです。

一方、息が切れるような運動では脂肪が燃えないので、ダイエットの効果が期待できません。また、部屋の中で走るようなダイエットマシンが通販で売られていますが、長続きしません。最近は、ダイエットマシンも速度をこまかく調整できるものがありますのでこういったものならOKです。

その点、散歩はただ外を歩くだけで季節の変化を感じ、花や木々の変化を見ることができます。こうした視覚的な情報がいくつも入ってきて、複数の感覚を同時に刺激することは、脳をさらに鍛えることになります。視覚から入ってくる情報は脳のためにもいいのです。

花の匂い、街の匂いを感じれば、嗅覚の刺激になります。犬は喚覚がすぐれ、散歩に行くと、匂いばかり喚いで動こうとしなくなるときがあります。犬は電信柱につけられたほかの犬の尿の匂いで、このへんにはどれくらい犬がいて、その中でもっとも強い犬はどれで、この尿はいつつけられたものなのかまで喚ぎとることができるといいます。

電信柱につけられた尿は、まるで掲示板のようなものなのです。だからこそ、犬たちは長い時間かけて匂いを喚ぎ、解析しているのです。私たちはその点、喚覚は劣っていますが、視覚はすぐれています。歩くと同時に街の中の変化を感じたり、時には、通ったことのない裏道を歩くことが、脳への刺激になるのです。

脳の若返り

咀嚼 脳 の若返り 食事の時に噛む回数を今の1.5~2倍にする

咀嚼 脳 の若返り 食事の時に噛む回数を今の1.5~2倍にすることです。食事のとき、何回ぐらい噛んでいるか数えたことがあるでしょうか?最近は、固い食べ物があまり売られていません。ビスケットやせんべいなどもやわらかいものが増えています。
また、よく噛むという食習慣は、小さい時からの習慣が大きく影響するので、時間に追われた生活が習慣化してしまっている人にはとても難しく感じるかもしれませんが、幼い頃からよく噛んで食べる習慣の人にはなんともないことです。

咀嚼 脳 若返り やわらかいものばかりを食べる現代人

咀嚼 脳 若返り

咀嚼 脳 若返り

最近は、チョコレートも生チョコのような柔らかいものが人気で昔の固い板チョコは珍しくなりました。肉でも固い肉を食べることが少なくなり、食卓の料理は食べやすく噛みやすいものが増えています。

日本咀嚼学会のの研究によると、現代人の咀嚼回数は1食あたり約620回。それに対し、弥生時代の再現食では約3990回と、現代人の6倍も口を動かしていたといいます。

また、戦前と比べても、半世紀で半分以下になってしまいました。

では、噛むことが脳にどんな影響を及ぼすのでしょうか?

18歳から40歳までの12人にガムを噛んでもらい、その後、脳の血流がどのように変化するのかをPETで調べました。すると、咀嚼中は大脳の感覚運動領野で25~28パーセント、味覚中枢で9~17パーセント、小脳などで8~11パーセントも血流量が増加し、また、咀嚼をやめると血流量が元に戻ることがわかりました。

よく噛んで食べると記憶力がアップする

ネズミの実験でも、固いえさを食べたほうが、実験の成績がよかったという報告があります。また別の実験では、噛むことで大脳の脳神経細胞の活動が活発になることがわかっています。

さらに、歯の数が少ないほど認知症になる割合が高いことも報告されています。これは十分に噛めなくなったたことが影響すると考えられます。

老化モデルマウスを使った研究では、老齢期に噛む力が低下すると、記憶力が悪くなり、記憶に関係する海馬の神経活動も減少していることが証明されています。

脳を活性化する意味でも、固いもの中心の食生活に変え、さらに噛む回数ばを増やすことが重要です。とはいっても、噛む回数を決めるというのは実際的ではないですから、食事の時間をいまの倍かけてみてはどうでしょう。
たとえば、スルメを噛んで味わいながら食べるなども、脳血流を増やすには有効です。早食いをやめて、ゆっくり味わって食べることは、ダイエットにもなりますから、一石二鳥です。

ほかにもよく噛んで食べるとさまざまな効果があることがわかっています。

脳の若返り