伝統的な対処方法「ツボ刺激」

ツボ刺激

東洋医学では、体の中に経絡と呼ばれるエネルギーの通り道があると考えます。その経絡の上には、エネルギー(気) の流れを調節する経穴があります。これが「ツボ」と呼ばれるものです。このツボを刺激すると、エネルギーの流れがよくなり、体の調子が整います。
。家でのくつろぎタイムに、ゆったり、のんびりした気持ちでやってみましょう。就寝前ののリラックス方法にもぴったりです。

指を使って行う

手の親指で押す、指圧が一番簡単な方法です。指圧のポイントは、何といっても力の抜き方。息を吐きながらツボを5秒かけて押し、倍の時間、10秒かけて力を抜きます。これがポイントです。
ツポを押してパッと離すだけでは、神経を静止させるので、逆に血流が悪くなります。だから「力の抜き方」を覚えることが大切。押すことでへこんだ皮膚が、自然に戻ってくるようなイメージで、ゆっくり力を抜きます。

インスタント灸でもよい

やけどをしにくく、扱いが簡単なのが市販のインスタント灸。熱でツボを刺激します。興味のある人にはオススメです。
お灸に火を付け、ツボに貼ります。我慢できなくなるほど熱く感じたら、はがします。同じ場所に2~3回連続して据えると効果が上がります。ただし、お風呂あがりは厳禁。皮膚が水分を含んでいるため、やけど、水ぶくれができやすくなります。入浴前、あるいは入浴後1時間以上たってから行います。