「ゼロ」より「1」の思考

やらないよりはマシという考え方

ただし、節約型の生活からこうしたちょっとずつのエネルギ1消費を積み重ねる『エネルギー浪費型』の生活に変身しても、きちんと定期的に運動している場合に比べ、目に見えるようなダイエット効果は大きくは期待できません。そこですみやかなダイエット効果を求める方は、できる範囲の食事制限とダイエット用のサプリメントをこの生活に追加することです。
この作戦で、カラダのエネルギー収支をとにかくマイナスにしておけば、ダイエットに良い影響を与えていくことでしょう。
逆に、「食事制限もしない」「サプリメントもとらない」という状態で、日常生活をいくらこまめにチェックして、エネルギーをより消費する傾向に変更しても効果には限りがあります。
「目に見える減量」という形に反映してくるまでには、かなりの時間がかかるかもしれません。あるいは現状維持が精一杯かもしれません。それでも、続けるべきなのは言うまでもありません。繰り返しますが、「やらないよりは実行した方が絶対いい。継続は力なり」というのは、この方法における正しい考え方なのです。