骨粗鬆症に食べたい食品「ヨーグルト」

カルシウム・たんぱく質が豊富

ヨーグルトは、牛乳を乳酸菌で発酵させたもの。原料である牛乳の栄養成分をそのまま含んでいます。
カルシウム、たんばく盾只が豊富でカルシウムの吸収率も高く、骨に必要な栄養を効率よくとることができます。さらに、乳酸菌によってたんばく質や脂肪が分解されているため、牛乳よりも消化吸収にすぐれています。牛乳を飲んだ後におなかを壊す原因となる乳糖も分解されているので、体質的に牛乳が苦手な人もヨーグルトなら食べることができます。

ビフィズス菌の働きが腸の働きを促進

人間の腸の中には、約100種類・1000兆個ともいわれる細菌が住んでいます。ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、ビフィズス菌など体によい働きをする「善玉菌」を増やす作用があります。
善玉菌の仕事は、体内で有害物質をつくり出す「悪玉菌」の増加を抑えて腸の働きを整えること。腸が健康になると便通もよくなり、食べ物の消化・吸収やビタミンB群を中心としたビタミンの合成なども促進されます。また、新陳代謝が活発になるため、老化防止や免疫力のアップにもつながります。
ビフィズス菌には、腸内の発がん物質を排出したり、抗がん作用のある「インターフェロン」という物質の生産を促進したりする作用も期待できます。さらに、血中コレステロール値を下げたり、血圧を正常に保ったりする働きもあるといわれています。

毎日食べると効果がでやすい

食物からとったビフィズス菌などは腹の中で長生きしないことが多いので、ヨーグルトは毎日食べるのが理想。
糖分のとり過ぎを避けるため、できれば砂糖などを加えずに食べましょう。すっぱさが気になって食べにくい場合は、いちごやキウイフルーツなど、ビタミンCを多く含む果物と一緒に食べるのがおすすめ。ヨーグルトにはビタミンC がほとんど含まれていないため、栄養の面からも相性のよい組み合わせといえます。

便秘解消の面からもヨーグルトは毎日続けて食べるといいようです。
ヨーグルトを毎日食べる(200gがベスト) | 腸をきれいにして便秘解消

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です