動脈硬化を防ぐ油、促進させる油

肉が好きな働き盛りの男性は多いものですが、どうしても肉類の脂肪には、要注意です。コレステロール値を下げてくれる動脈硬化を促進する食品のひとつに食用油があります。
動脈硬化は高血圧症の大きな原因になりますし、同時に高血圧症が動脈硬化を促進します。動脈硬化は生命にかかわる心臓病や脳卒中の原因になりますから、日常的に使う抽選びにもしっかり注意をします。油を使わない食事は、味気ないものになってしまうと思いがちですが、茹でる、蒸すなどは、素材そのものの味をしっかり引き出し「おいしい」ものです。

人間のエネルギー源である脂質は、脂肪酸によって構成されています。脂肪酸は一般に、植物油に多く含まれる不飽和脂肪酸と、バターなどの動物袖に多く含まれる飽和脂肪酸に分けられます。不飽和脂肪酸はコレステロール値を下げ、飽和脂肪酸は上げることが知られています。コレステロール値の高い人は、バターやラード、肉類の脂肪に要注意です。

コレステロール値を下げる油ということで、かつて「コーン油」や「サフラワー油」そして「ひまわり油」などに含まれるリノール酸が人気を集めました。ところが、その後、リノール酸をとりすぎると、善玉コレステロールも減らしてしまうことがわかってきました。
また、リノール酸は紫外線を浴びたり、熱を加えることで、すぐに酸化してしまいます。同じ脂肪酸でも、酸化されやすいものと酸化されにくいものがあるのです。酸化されやすい脂肪が体内に入ると、活性酸素の影響を受けやすくなってしまいます。

一方、同じ不飽和脂肪酸の仲間で、コレステロール値を下げ、しかも酸化されにくいものも見つかっています。オレイン酸です。このオレイン酸がたくさん含まれているのが、オリーブ油です。前述のとおり、リノール酸は摂取量が多くなると、悪玉コレステロールばかりでなく、善玉コレステロールまで減らしてしまうことがわかっていますが、オレイン酸は悪玉だけを減らし、善玉は減らしません。

オリーブ油こそ、動脈硬化を防ぐ理想の油といえるのです。オリーブ油には、ビタミンEも豊富に含まれ、全身の老化を防ぐ効果が期待できます。もちろん、油は高エネルギーの食品なので、とりすぎには気をつけなければいけませんが、同じ量をとるなら断然、オリーブ油です。オリーブ油の中でも「純正オリーブ油」がおすすめです。
スペイン産のエキストラバージン・オイルです。風味・色合い・香りともに申し分のない最上級品。加熱に非常に強く酸化が少ないのが特徴です。また、オレイン酸を約80%を含有し、コレステロール値を下げ動脈硬化の予防に役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です