ビタミンA、C、Eがとっても大切

人間の体は、たんばく質、炭水化物、脂質の三大栄養素によって成り立っていますが、どの栄養素もビタミンとミネラルのサポートが必須です。
三大栄養素にビタミン、ミネラルを含めて「第一の栄養素」と呼ばれるのも当たり前です。残念ながら、どのビタミンにも、血圧を下げる特別な効果があるわけではありません。しかし、血圧が高めの人や高血圧症の人にとって、特に欠かせないビタミンがあります。ビタミンA・C・E の3 つです。これらはいずれも、高血圧症による動脈硬化を予防・改善するうえで大きな力を発揮します。
ビタミンAは、体の免疫力をアップしてくれるビタミンです。緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンは体内に取り込まれるとビタミンAに変わり、細胞をがん化させたり老化させたりする活性酸素の害を防いでくれます。
ビタミンCとEも活性酸素を撃退して体の老化、サビつきを防いでくれます。特にビタミンC はストレスに対する抵抗力を高めるホルモンを増やす働きがあり、うつ病予防などにも効果があります。ビタミンEは血行促進、老化防止に強い効果があり、美容に関心のある女性たちには欠かせないものとなっています。
なお、ビタミンCとE は、一緒に摂取することで効果がアップします。このほか、疲労回復のビタミンとして有名なのがビタミンB群です。ビタミンBl、B2、B6、B12などがあり、体にたまった疲労物質を取り除いてくれるうえに、神経系統の機能を正常化してくれる働きがあります。これらのビタミンを積極的にとって、血液中のコレステロールの酸化、動脈硬化の進行を防ぎ、血圧の正常化に役立てたいところです。

また、最近の特徴としてプライベート、仕事にかかわらずパソコンを長時間使う人はビタミンAの摂取が欠かせません。
『パソコン作業時間が長い人はビタミンA』のようにビタミンAが欠かせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です