コレステロールを下げる食品(いか)

いかは、低カロリー、低脂肪、高タンパクと非常に優秀な食品です。ダイエットにも最適です。高血圧や糖尿病の食事療法では必ず登場する食品でもあります。
コレステロール値の改善にも大きな期待が寄せられる食品です。その理由のひとつが豊富に含まれるタウリンの働きによるものです。
タウリンは、たんぱく質をつくらない遊離アミノ酸の一種で体内のさまざまな部分に分布しし、影響を及ぼしますが、肝臓でのタウリンは、コレステロールから胆汁酸がつくられるための酵素の働きを活発にします。これによってコレステロールはどんどん消費されて胆汁酸となり、結果的にコレステロールを下げる効果を発揮することになるのです。

また、いかには甲殻類全般にみられる「ステロール」が豊富に含まれていることもわかっています。100g中のコレステロールが焼く300mgと全食品中でもかなりの数値を示すにもかかわらず、いかがコレステロール改善食品としてすすめられるのは、タウリンやステロールの強い低下作用によるところが大きいといえます。
いかはその食感から消化がよくないようにイメージされますが、本当のところは、消化のよい食品です。やわらかい歯ごたえとともに有効成分を効率よくとるなら、刺身や酢の物など、生食でいただくのがベストです。
タウリンもステロールも加熱によって溶け出してしまうので加熱するならさっと火を通す程度にしないと効果が薄れてしまいます。
こうした成分以外に、代表的な抗酸化ビタミンのひとつであるビタミンEや、中性脂肪を減らすナイアシン、脂質の代謝を促すパテントテン酸なども含まれており、コレステロール値の低下に大変効果的です。

コレステロールを下げる食品(いか)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: コレステロールを下げる食品(たこ) | 健康メモ

  2. ピンバック: いかに含まれるアミノ酸や豊富なタウリンが血圧を下げる | 高血圧の治療と日常生活・食事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です