動脈硬化は高コレステロールが原因

酸化LDLは、体内で有害化する

悪玉のLDLが増加すると、具体的にはどういった問題が起きるのでしょうか?じつはLDL自身はそれほど「危険」というわけではありません。そのままの状態で血液中に流れているだけでならはほとんど無害です。
しかし、LDLが体内で発生する活性酸素によって、酸化された状態になると一転して体にとって非常に有害な物質となってしまうのです。
酸化されたLDLは、血管の内壁(内膜)に侵入することによって、血管を硬く、そしてもろくさせてしまう「動脈硬化」を進行させるのです。つまり、問題は、LDLを酸化させる活性酸素に原因があるのです。

有害物質である活性酸素とは

活性酸素は、体内でエネルギーがつくられる過程で発生するものでたいへんに強酸化力があります。このため酸化LDLのみならず、不飽和脂肪酸を酸化させ過酸化脂質を生成し、細胞膜を弱めて老化やアレルギー、ガンなどを進行させる原因のひとつになります。人間の体内には、活性酸素を抑制するための抗酸化物質が含まれますが、過酸化脂質による処理が正常に機能しなくなった場合に過酸化脂質の生成を抑えることができなくなってしまいます。

活性酸素を増やす原因には、過剰なストレスや煙草、紫外線、化学物質の影響などがあげられますが、抗酸化物質の生成は、加齢と共に減少し、加齢とともに活性酸素の影響が大きくなります。

酸化LDLは動脈硬化の原因に

酸化されたLDLが血管の内膜に侵入すると、これを異物と判断したマクロファージに取り込まれます。しかし、マクロファージは、食べきれなくなると泡沫細胞となり、やがては、破裂します。
破裂したマクロファージの残骸は、ほかの泡沫細胞などと集まってドロドロした粥状の固まりを作り出します。このドロドロした物質を宛ロームといいます。アテロームは、ちょうど血管内に突き出たこぶとなって血液の流れを悪くします。またこうした一連の血管壁修復作業の末に血管壁は肥厚して硬くなり、弾力性を失ってしまいます。
これがまさに動脈硬化です。しかも、LDLが侵入した血管壁の傷跡には、血小板が集まって血栓ができてしまいます。これをアテロームのこぶががっちりとふさぎ、血流を悪くさせるのです。

コレステロールによる動脈硬化を防ぐには

  1. LDLそのものを減らすこと
  2. 活性酸素を減らし、LDLの酸化を抑制する
  3. 血栓をできにくくする

ことが重要です。

では、動脈硬化からどんな病気になるのでしょうか?動脈硬化は、起きる場所にってさまざまな疾患を引き起こします。心臓の冠状動脈で起きると、狭心症や心筋梗塞、脳あるいは脳以外の場所でできた血栓が脳の動脈につまった状態になれば、脳梗塞です。
手足の末梢血管であれば、手足のしびれや痛みを伴う間欠性跛行 に、腎臓の細静脈で起きれば、腎臓硬化症となります。

総コレステロールや悪玉コレステロールを自然素材で下げる「コレステ生活」

動脈硬化は高コレステロールが原因」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 大豆効果「コレステロール」大豆油の植物ステロールが効く | パワー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です