高血圧」カテゴリーアーカイブ

合併症を併発している場合の薬物療法について

脳卒中

高血圧症を治療する目的の第一は、生命に直接かかわる「脳・心臓・腎臓」への合併症を未然に防ぐことです。
なかでも高血圧症が原因になって起こる脳への障害は、他の合併症よりも発症頻度が高くなっています。
すでに脳出血(脳内出血、クモ膜下出血など)、脳梗塞を合併している人の場合は、病状、年齢、体調などを十分に見極めた上で、慎重に降庄薬が選択されます。
使用される降庄薬はいろいろですが、カルシウム括抗薬、ACE阻害薬のように血管を拡張する薬剤が主になります。

心臓病

高血圧症に狭心症、心筋梗塞、心肥大などの心臓病を合併している人の場合は、心臓の負担を取り除く降圧薬が使われます。具体的には、カルシウム
拮抗薬、ACE阻害薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬、β遮断薬、降圧利尿薬などです。。RAS抑制薬(ACE阻害薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)は、血管を拡張して心臓の負担を軽減し、心不全や心肥大を抑止する効果が期待できます。
カルシウム括抗薬も血管を拡張し、心臓の負担を軽くします。心筋の酸欠状態にも有効です。冠撃縮性狭心症には特効的予防効果があります。降庄利尿薬は、心臓の機能が低下して、体の中にナトリウムや水分が貯留している場合に有効です。

腎臓病

高血圧の合併症として問題になる腎臓痛には、急性腎炎、慢性腎炎、腎孟腎炎、腎動脈硬化症、大動脈炎などがあります。それぞれに治療法も治療薬も異なりますから、併用する降庄薬も当然違ってきます。そんな中でも、腎臓への負担を軽くする効果のあるカルシウム拮抗薬やアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬、ACE阻害薬はは、慢性腎炎をはじめとして使用されるケースが多くなっています。いずれにしても、腎臓病は多岐にわたり、高血圧との関係も複雑で、簡単に最適な降庄薬を選択できないケースも少なくありません。症状に合わせて、医師と二人三脚で治療を進める必要があります。

糖尿病

降庄薬が糖尿病を悪化させたり、糖尿病の治療薬であるインスリンや血糖降下薬が血圧の正常化を阻害したりするケースがまれにみられます。糖尿病が合併している場合は、利尿薬やβ遮断薬はほとんど使われません。糖尿病薬と併用すると治療効果が出にくいとされています。

痛風

痛風、高尿酸血症の人では、尿酸値を上げる降庄利尿薬は使いません。カルシウム括抗薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬、ACE阻害薬が主になります。

高血圧の薬物療法については、こちらが詳細に記載されています。

ドラッグストアーで購入した風邪薬との併用はここを注意する

血圧を下げる薬を病院で処方されていて降庄薬を服用している場合に市販のかぜ薬や胃腸薬を飲むときは、併用のしかたで思わぬ副作用が起こることがあるので、注意が必要です。

かぜ薬の場合、一般的なかぜで、ほんの数日だけ市販薬を飲む程度であれば、降庄薬と併用してもほとんどの場合、問題はありません。逆にあまり神経質になる必要はないでしょう。
基本的に、風邪薬などは、服用して3日ほどで回復しないときは、病院を受診したほうがいいでしょう。

かぜ薬でときどき問題になるのは、アスピリン、インドメサシン、イブプロフェンなどの消炎解熱剤が含まれている場合です。ACE阻害ベータ薬やβ遮断薬の効き目を弱めることがあります。
血圧測定時に注意してください。また、高熱を出しているときに降庄利尿薬を飲み続けると、体の脱水症状が悪化する危険性があります。
そのようなときは、医師に相談して服用を調節しましょう。

胃腸薬では、重曹の含まれているものに注意が必要です。重曹にはナトリウムが含まれていますから、塩分を減らして血圧を下げる努力をしているのに、別の薬でナトリウムを補充するということになってしまいます。
そのほか、シメチジンという胃炎の薬が入っベータた市販薬は、カルシウム措抗薬やβ遮断薬の作用を強め、血圧を下げすぎてしまうことがまれにあります。薬の成分表をチェックするか、よくわからない場合には、医師や薬剤師に確認するようにします。

漢方薬の場合はどうでしょうか?たとえば、グリチルリチンを含む甘草を長期間服用すると、血圧を上昇させることがあります。しかし、漢方薬が血圧にどのような影響をおよぼすのかは、まだ十分に解明されていないのが実状です。

風邪症状を改善するための漢方薬はこちらです。

薬物治療による血圧降下の意義

薬物治療の最終目標は、単に血圧を下げることではありません。高血圧症による脳、心臓、腎臓など、重要臓器の深刻な合併症を防ぐことになります。
半世紀前までは、高血圧症は治療をすべきではないとされていました。必須の高血圧と呼ばれていたのです。
つまり、腎硬化症のような病状では、腎臓が萎縮して動脈硬化が進んでいるため、血圧を下げると血流が低下し、病気を悪化させると信じられていたのです。しかし、最近では高血圧症は「一次性高血圧」と二次性高血圧症」に分類されています。

高血圧症のほとんど(9割程度)は一次性高血圧です。二次性高血圧の占める割合は、ごくわずかなのです。では、高血圧症は管理治療し、降圧すべきだ、という考え方の大逆転が起きたのはいつごろからなのでしょうか。

一次性高血圧の治療を受けている人では、治療されていない人にくらべて合併症の発症率が低下することが確認されたのは、1970年のことです。医学的かつ科学的に間違いのない証拠が示されたのです。

脳卒中、心筋梗塞、心不全などの発症例数は統計学的に差があり、利尿薬群ではよい結果が得られたのです。他方、ある街の住民を丸ごと長期間観察し、健康診断による調査も行われてきました。
有名なのは、米国ボストン市近郊で行われたフラミンガム試験です。この試験はすでに40 年以上、いまだ調査は続いています。
高血圧症についてみると、年齢補正をしたうえで、高血圧症の人は正常血圧の人にくらべて脳卒中、心臓発作、末梢動脈疾患、心不全などの合併症が数倍以上になることが示されています。わが国でも同様の調査が行われ、福岡市の近郊にある久山町の試験がよく知られています。
やはり、数十年の経過を追った調査結果をみると、安静時の血圧が130/85mmHG以下の人にくらべ、血圧値が高い人ほど脳卒中の頻度が上がることを示しました。

さらに多くの調査から明らかになったのは、高血圧症の血圧の高さばかりでなく、その他の危険因子の有無が合併症の発症に重要な意味をもつことです。このことからも薬物治療による合併症を抑える治療が重要ということです。

  • 高齢(65歳以上)
  • 喫煙習慣
  • 脂質の異常
  • 肥満
  • メタポリック症候群
  • 心臓血管病の遺伝
  • 内臓の臓器障害
  • 眼底に高血圧性網膜症の所見がある

日本高血圧学会の改訂されたガイドラインでは、血圧の高さとその他の危険因子を組み合わせて合併症のリスクを層別しています。
低リスク、中等リスク、高リスクの3段階に分けて薬剤を使った治療の必要性やその時期を判断する目安にしています。

高血圧の人が気を付ける「夜の生活」の注意点

「夜の生活」も、血圧を上げることが知られています。高血圧の人が豊かで健康的な「夜の生活」を送るためには、いくつかの注意点があります。まず、「夜の生活」で血圧はどの程度上がるのでしょうか。
各種の調査から、1回の「夜の生活」で最高血圧が30〜150mmHg、最低血圧が20~50mmHGも上昇させることがわかっています。ということは、ふだんの最高血圧が150〜200mmmHgなど、かなり重症の高血圧症の人の場合は、性行動で極端に血圧が上昇することも考えられます。むともと血圧の高い人が瞬間的にせよ、極端な血圧上昇を起こすのは大変危険です。血管の負担がいっきに増し、狭心症の発作や脳卒中などを誘発する恐れがあります。

「夜の生活」と血圧の関係は、家庭での「夜の生活」のあり方が多様なのに加え、個人差も大きいため、一概にこうすべきだとは断言できません。
ただ、「夜の生活」が短時間で心拍数を急激に上げ、血圧を上昇させることは確かです。最高血圧が200mmg以上、最低血圧が120mmHg以上などという人は、「夜の生活」は控えたほうがよいでしょう。

性的欲求は、食欲などと並ぶ人間の本能のひとつです。それだけに性の問題は、人生80年時代の高齢社会では避けて通れないどころか、QOL(生活の質)を左右する大きなテーマといえます。
そうしたことから、アメリカで開発された男性のED(勃起障害)の治療薬であるバイアグラが大きな注目を集めました。
最近では、日本でもかなり普及しているようです。バイアグラで注意すべきは、副作用による死亡事故があることです。特に注意が必要なのは、医師と相談したうえで使用するのではなく、インターネットなどでこの種の薬を入手して使用する場合です。高血圧の人でバイアグラの使用を望む場合は、医師と必ず相談して用いることが大切です。

性格、趣味、加齢なども血圧が上昇する原因に

生活習慣や食習慣以外にも性格も血圧に多いに関係します。短気で怒りつぼく、いつもイライラしているような人は、ちょっとしたことが大きなストレスになって心にたまってきますから、それだけで血圧も上昇しやすくなります。
温厚な性格であっても仕事などをしているときは、イライラしてしまう人もいてその時だけ急激に血圧が上昇してしまう人もいます。
会社の場合ですと、苦手な上司と関わると反射的に血圧が上昇する人もいます。

ある調査によると、ふだんは正常な血圧の人でも、口げんかや言い争いをすると、瞬間的に最高血圧が200mmgHGを超える、という結果が出ています。性格はなかなか直せませんが、イライラせず、怒らず、争わず、ゆったりした気持ちで生活するのが、血圧を上げないためにもよいようです。
よく100歳を超えるようなお年寄りが長寿の秘訣を尋ねられると「細かいことにくよくよせず、のんびり生活すること」と答えます。このあたりにも、性格と血圧の関係に大きく寄与していると思われます。
趣味や娯楽は、生活に潤いをもたらし、ストレスを解消してくれます。高血圧症を予防・治療するためにも、ぜひ活用したいものです。心身の緊張状態が続くと自律神経も不安定になり、これも血圧を上昇させる一因となります。
ただし、その内容や楽しみ方によっては、血圧を上昇させてしまうことがありますから、注意が必要です。代表例としては、ギャンブルやスポーツの勝敗に熱中することがあげられます。プロレスやサッカーなどを観戦中に、興奮して死亡したなどのニュースもあります。
男性の場合は、アダルトビデオやDVDなどによる性的興奮にも注意でが必要です。もちろん、こうした趣味や趣向は、ある程度気持ちを入れなければ成り立ちませんし、ストレス解消にもなりません。そのあたりはうまく折り合いをつけ、「熱く」なるのをほどほどにとどめましょう。

年齢とともに血圧が高くなることは、一般的です。最も大きな原因は、やはり動脈硬化です。加まっ齢とともに大動脈や手足など体の末端にある末梢神経が硬くなったり、細くなったりします。動脈硬化が進むと、血液が流れにくくなり、その結果として動脈庄が高まり、高血圧症となるのです。

真夏、真冬は血圧は上昇する

血圧は気温に敏感に反応します。特に寒さは、高血圧症の人には大敵です。気温が下がる秋から冬は、寒さ対策を心がけたいものです。
寒さで体が冷えると、血管は収縮します。その一方で、体は寒さという外敵(ストレス)に打ち勝とうとして、より多くの血液を流そうとします。その結果、血圧は必然的に上昇します。寒い季節に特に怖いのは、暖房のきいたところから、急に寒い場所に移動するときです。
ヒートショックと呼ばれ、血圧が急激に上昇します。単に血圧が上がるだけでなく、脳卒中や心筋壊そく塞の引き金になることもあります。冬の朝、トイレに起きるときなどは、くれぐれも注意が必要です。暖かい室内から戸外に出るようなときも、コートやマフラーなどを必ず用意するようにしましょう。

暑い季節も、安心とはいえません。夏の暑い日などは、体の水分が急速に失われてしまいますから、脱水症状や熱中症を起こします。水や麦茶などで、こまめに水分を補給するようにしましょう。
しかし、最近の夏は、暑さより冷房による冷えのほうが問題視されます。
強い冷房にょって体が冷えると、血管が収縮して血圧の上昇を招くケースもあります。クーラーがききすぎている職場などでは、ひざあてをしたり、1枚余計に羽織るなど冷房対策を心がけましょう。いずれにしても、血圧が高めの人は寒さや暑さから身を守る工夫が必要です。特に急激な寒暖の変化には要注意です。

朝の起床時に注意

血圧が高めの人は、朝の起床時は要注意です。明け方に限って血圧が上昇する早朝高血圧などの症状もみられることも一因です。
高血圧症が進んでいる高齢の方は特に注意しなければなりません。
早朝高血圧のメカニズムはまだ完全には解明されていませんが、基本的には血管と血流の関係です。就寝中は体は安静状態ですから、多くの血流を必要としません。そのため血管は収縮して細くなっています。
一方、目が覚めて活動を開始すると、血流が増えて血圧は一気に上昇します。また、血液は、活動的な昼間はケガなどのトラブルに備えて固まりやすくなっていますが、夜の間はその必要がなく、凝固しにくくなっています。そして、起き抜けには、固まりやすい状態に変化することがわかっています。
つまり、朝の起床時には、血管は収縮して細く、血液は固まりやすい状態になっています。血流が悪くなる条件がそろっているわけです。血圧が上がり、心筋梗塞や脳梗塞などの急性発作を起こす危険性が高くなります。

朝の通勤時に一電車に乗ろうとしで急ぎ足で階段を駆け上がったり、赤倍号になりかけている横断歩道をダッシュで渡ったりするのは危険です。また、思い切り踏ん張って重い物を持ち上げたりするのも避けましょう。

以上のことから、早朝の起床時に体に負担をかけるのが最も危険なことがわかります。寒さを我慢してトイレに立ったり、ベッド体操で急に体を動かしたりするのは避けましょう。
また、着替えや洗面なども、できるだけゆっくり、スローペースで行うのがいいでしょう。早めに起床し、余裕を持って一日のスタートを切りましょう。くれぐれも避けたいのは、朝寝坊をして駅の階段を駆け上がる行為です。高血圧症の人にとっては自殺行為といってもいいくらいです。

トイレの注意点(いきみ)

血圧が高めの人にとって、トイレに関する習慣で最も避けなければならないのは、排便時の「いきみ」です。一般に、排便時に強くいきむと、血圧が急上昇するように思われていますが、事実は逆で、その瞬間、血圧は一時的に急降下します。しかし、排便をすませてほっとしたとたん、今度は、一転して血圧は急上昇します。いずれにせよ、強くいきむことで血圧は激しく上下し、同時に心拍数も大きく変動します。
これが心臓に重い負担となり、心筋梗塞や脳卒中の引き金になることもあります。くれぐれも注意したいものです。
トイレでいきむ癖のある人は、意識して自然な排便を心がけるようにしましょう。ただ、慢性的に便秘気味の人は、いきまないとうまく用を足せないため、習慣になってしまっている場合があります。そういう人は、いきむのをやめるより何より、便秘を解消するのが先決です。
便秘を解消するにはさまざまな方法がありますが、基本は次のふたつです。第一に野菜や海藻類、いも類、きのこ、こんにゃくなど、食物繊維の多い食品をたくさんとるようにすること。肉類など脂肪分の多い食品を控えるのも効果的です。第二に適度な運動をすること。腸に刺激が加わり、排便が促進されます。
また、朝起きたらコップ1杯の水を飲むなど、こまめに水分補給をするようにします。そのほか、夜寝る前にきなこ入りのホットミルクを飲むと、牛乳のトリプトファンときなこの食物繊維が、快眠と翌朝のスムーズな便通を誘ってくれます。
快便についてはこちらのサイトがわかりやすいでしょう。

高血圧症が進んでいる高齢者の場合は、寒い時期の早朝のトイレにも要注意です。高齢者は早い時間に日が覚めがちですし、前立腺肥大のような疾患があればなおさら早い時間にトイレに起きます。早朝、寒い時期には家の中は冷え切っていますから、寝床で温まった体には寒さが一段とこたえ、血圧の急上昇を招きます。
これが引き金になって、心筋梗塞や脳卒中の発作を起こす人が多くなっています。でふれた早朝高血圧の傾向があると、危険性はさらに大きくなります。寒い時期の早朝のトイレは、ガウンを羽織るなど防寒に努め、トイレ内にも電気ヒーターを置くようにするといいでしょう。

入浴の注意点

入浴は、生活の基本であり、心身両面にはかり知れない健康効果をもたらしてくれます。多少いやなことがあっても入浴後に眠ってしまえば、大抵のストレスは解消できます。

しかし、血圧が高めの人、高血圧症の人にとっては、文字どおり両刃の剣で、間違った入浴法をすると、血圧を急上昇させてしまう危険性があります。
次のような点に注意して、心臓に負担をかけない入浴法を心がけましょう。まずは、お湯の温度です。熱い湯は急激に血圧を上げたり、入浴後に急低下させるなど、さまざまな循環器系の負荷を生じます。熱い湯の中でやせ我慢するなどはもってのほかです。43度以上の湯は避け、38~41度のぬるい湯につかるように習慣づけましょう。
ぬるい湯でも、あまり長時間つかっていると、心臓に負担をかける危険性もあります。湯ぶねにつかる時間は10~15分くらいを目安にしましょう。入浴後に心臓がどきどきするのであれば、入浴時間を短くします。

最近は健康常識のひとつとして定着してきましたが、寒い脱衣場と暑い浴室の温度差はやはり問題です。どんな人でも、急に寒さにさらされると、血管が収縮して血圧が急上昇します。最悪の場合は心臓に過重な負担がかかることで脳卒中や心筋梗塞などの引き金になることもあります。
血圧の高めの人は特に要注意です。冬は脱衣場に脱衣場向けの電気ヒーターを置くなどして、温度調節に気を配りましょう。
浴室の温度が低い場合には、お湯をシャワーで張る、風呂桶のふたをしないでおくなどの工夫をして、浴室全体を暖めるように心がけましょう。
こうした注意は温泉旅行に行ったときにも必要です。雪を見ながら露天風呂につかるなどは風情満点ですが、心臓はそれだけ負担を強いられます。旅先の温泉で倒れる人が後を絶たないことを忘れてはなりません。

血圧の高めの人には、高温のサウナ風呂はいかにも危険な感じがしますが、必ずしもそうではありません。適度な温度で、適度な時間内なら、血管がほどよく開いて血圧の低下に効果がある場合も多いのです。
もちろん無理はいけません。心臓などに疾患がある人は医師と相談したうえで利用するようにしましょう。

睡眠不足に注意

5人に1人が快眠できないという現代、最近になって睡眠障害に悩む人が急増しています。睡眠障害を起こすと、なかなか寝つけない、夜中に何度か目が覚める、朝早く目が覚めてしまう、眠りが浅く熟睡できないなど、十分な睡眠がとれない症状が長期にわたって続きます。十分な睡眠がとれないと、疲れをとってくれる成長ホルモンが睡眠中に十分に分泌されず、体は疲労を回復することができません。
そんな状態が何日も続けば、体は慢性疲労へと進んでしまいます。肉体的に疲労が重なると、精神的にも緊張が高まり、イライラ状態が続きます。
些細なことで怒りっぽくなったり、仕事でもミスが頻発してしまうでしょう。
このように心身ともにストレスが高まった状態では、血圧も当然上昇します。
睡眠不足の翌日に血圧測定をすると、普段より高めの結果が出るのも、基本的にこれと同じメカニズムです。

睡眠障害を起こす原因はいろいろありますが、最近増えているのは、夜型生活を続けているうちに睡眠リズムが狂ってしまうケースです。
残業続きで就寝時問が深夜にズレ込みがちな人、宵っ張りの朝寝坊タイプなどは体内時計が狂いやすいので注意が必要です。また、仕事や家庭内でトラブルを抱えていて、それが強い心理的ストレスになっている場合なども、睡眠障害の原因になります。

では、質の高い、十分な睡眠を得るには、どうしたらいいでしょうか。

前の晩に何時に寝ても、決まった時間に起床し、起床したら朝日を浴びます。就寝時間に合わせて起床時間を変えていると、生活リズムを乱す原因になります。朝日は交感神経を目覚めさせる効果があります。

デスクワークの人も主婦も、適度な運動をして体に軽い疲労を与えましょう。

ぬるめの湯にゆったりとつかり、心身ともに緊張をほぐします。就寝前には、音楽を聴く、読書をするなど、自分の好きなことでリラックス。就寝直前は部屋の照明を暗くします。

こうしたことを心がけても、睡眠障害が続くようなら、睡眠導入剤を使用するのも有効です。最近の薬は依存性が少なく、習慣となる心配はありませんから、変な後ろめたさや不安を感じる必要はありません。

爽やかな朝と心地よい夜(快眠のために)は、快眠のための大切なポイントがまとめてありますので、よく眠れない人におすすめのサイトです。