高血圧」カテゴリーアーカイブ

高血圧の原因 改善方法 薬物療法 食事など高血圧に関する情報

発酵黒豆エキス 血圧 225 →120 mmHG に下がった

私が高血圧に悩むようになり 発酵黒豆エキス 血圧 が下がった経験を紹介します。私は、定年後65歳の頃からずっと高血圧に悩まされてきました。夜になると血圧が高くなるタイプで、いつも最大血圧が 200 mmHG くらいまで上昇し、夜中にトイレに起きるとふらつくことがよくありました。朝早くはそれほど高くないのですが、夜に向けてだんだんと血圧が上がっていきました。

夜間高血圧の原因には糖尿病・心不全・慢性腎臓病・自律神経障害・睡眠時無呼吸症候群などが挙げられます。 また塩分の取りすぎ、ストレス、肥満などが影響するといわれていますので、普段から塩分の取りすぎや食べすぎなどの生活習慣の改善も大切です。

発酵黒豆エキス 血圧

発酵黒豆エキス 血圧

発酵黒豆エキス 血圧 効果

発酵黒豆エキス のおかげで血圧が下がったのは感謝しかありません。降圧剤では血圧が下がらなかったのに発酵黒豆エキスで下がったのはとにかく嬉しいの一言です。

高血圧の症状

あるときなどは、目が回って立っていられなくなり、救急車で病院に運ばれたこともありました。降圧剤は飲んでいましたが、なかなか思うように血圧は下がりませんでした。また、血圧が高いせいか頭痛がひどく悩みでした。現役時代は、少し仕事でトラブルが発生するとまず、ひどい頭痛がはじまり、動悸がするというのが当たり前になっていました。

そこで、薬を服用しながらも、自力でできることをやろうと考え、黒豆の煮汁や黒酢を飲んだりもしました。しかし、どちらも胃弱の私には合わず、続けられなかったのです。

そうこうしているうちにも血圧は上昇するばかりで最大血圧が 225 mmHg にまで上昇し、強い危機感を覚えるようになりました。医師からは200 mmHG を超えるようならすぐに言ってくださいと言われていました。

私は暴飲暴食もしないし、お酒もタバコもやりません。どうして血圧がこんなにも高くなるのだろうと困惑していたはつこうときに、たまたま新聞で 「 発酵黒豆エキス 」 のことを知ったのです。刺激のないまろやかな味とのことだったので、早速、その年の1月から試してみることにしました。

降圧剤は、増量すると血圧が下がりすぎてしまうし、減らすと血圧がコントロールできないという本当に調整が難しく、私の体質には降圧剤は合わなかったのだと今になってわかります。

私は朝食後に、発酵黒豆エキスを飲んでいます。おちょこ1杯を飲むだけです。発酵黒豆エキスを飲み続けていると、約2ヶ月後には、最大血圧が150 mmHG まで下がりました。さらに続けていると、数値が順調に降下していき、今では、日中の最大血圧が 120~130 mmHg、最小血圧が 65 〜70 mmHG くらいで安定するようになりました。

夜は、体質でしょうか ?やはり多少上がることもありますが、それでも上が140~150 mmHG ほどです。ところで、発酵里豆エキスを始めてからは、体調もすごくよくなり、散歩も楽にできるようになりました。頭痛やめまいはほとんど起きなくなりました。

発酵黒豆エキス 効果

黒豆には、黒豆由来のポリフェノールを摂取すると中性脂肪値などが改善し、メタボリックシンドロームの予防に役立つという臨床試験の報告があります。 また、黒豆そのものを食べることで肥満改善効果や、血糖値を改善するという報告もあるので、煮出した後の黒豆も食べるのがお薦めですが、私は、胃弱のせいか黒豆そのものを食べるよりも発酵黒豆エキスのほうが体に吸収されたようです。

以前は足が重く、1 kgくらいの道のりでもバスを使っていましたが、今は足が軽くなり、ウォーキングコースを1時間歩いても平気です。
私は、着物の裏打ち加工の仕事をかれこれ50年もしており、全国ほぼ100 % のシェアを賄っています。この伝統のある仕事を、今後も現役で続けていきたいので、発酵黒豆エキスを毎日忘れずに飲んで、健康維持に努めていきたいと思っています。

発酵黒豆エキス

高血圧

合併症を併発 している高血圧の薬物療法

高血圧だけでなく合併症を併発 している高血圧の薬物療法について紹介します。

合併症を併発 している高血圧の薬物療法

高血圧だけでなく合併症 ( 脳卒中 心臓病 腎臓病 糖尿病 痛風 ) などの病気がある方の薬物療法について。

脳卒中

高血圧症を治療する目的の第一は、生命に直接かかわる「脳・心臓・腎臓」への合併症を未然に防ぐことです。
なかでも高血圧症が原因になって起こる脳への障害は、他の合併症よりも発症頻度が高くなっています。
すでに脳出血(脳内出血、クモ膜下出血など)、脳梗塞を合併している人の場合は、病状、年齢、体調などを十分に見極めた上で、慎重に降庄薬が選択されます。
使用される降庄薬はいろいろですが、カルシウム括抗薬、ACE阻害薬のように血管を拡張する薬剤が主になります。

心臓病

高血圧症に狭心症、心筋梗塞、心肥大などの心臓病を合併している人の場合は、心臓の負担を取り除く降圧薬が使われます。具体的には、カルシウム
拮抗薬、ACE阻害薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬、β遮断薬、降圧利尿薬などです。。RAS抑制薬(ACE阻害薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)は、血管を拡張して心臓の負担を軽減し、心不全や心肥大を抑止する効果が期待できます。
カルシウム括抗薬も血管を拡張し、心臓の負担を軽くします。心筋の酸欠状態にも有効です。冠撃縮性狭心症には特効的予防効果があります。降庄利尿薬は、心臓の機能が低下して、体の中にナトリウムや水分が貯留している場合に有効です。

腎臓病

高血圧の合併症として問題になる腎臓痛には、急性腎炎、慢性腎炎、腎孟腎炎、腎動脈硬化症、大動脈炎などがあります。それぞれに治療法も治療薬も異なりますから、併用する降庄薬も当然違ってきます。そんな中でも、腎臓への負担を軽くする効果のあるカルシウム拮抗薬やアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬、ACE阻害薬はは、慢性腎炎をはじめとして使用されるケースが多くなっています。いずれにしても、腎臓病は多岐にわたり、高血圧との関係も複雑で、簡単に最適な降庄薬を選択できないケースも少なくありません。症状に合わせて、医師と二人三脚で治療を進める必要があります。

糖尿病

降庄薬が糖尿病を悪化させたり、糖尿病の治療薬であるインスリンや血糖降下薬が血圧の正常化を阻害したりするケースがまれにみられます。糖尿病が合併している場合は、利尿薬やβ遮断薬はほとんど使われません。糖尿病薬と併用すると治療効果が出にくいとされています。

痛風

痛風、高尿酸血症の人では、尿酸値を上げる降庄利尿薬は使いません。カルシウム括抗薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬、ACE阻害薬が主になります。

高血圧の薬物療法については、こちらが詳細に記載されています。

発酵黒豆エキス 血圧 225 →120 mmHG に下がった

高血圧

ドラッグストアーで購入した風邪薬との併用はここを注意する

血圧を下げる薬を病院で処方されていて降庄薬を服用している場合に市販のかぜ薬や胃腸薬を飲むときは、併用のしかたで思わぬ副作用が起こることがあるので、注意が必要です。

かぜ薬の場合、一般的なかぜで、ほんの数日だけ市販薬を飲む程度であれば、降庄薬と併用してもほとんどの場合、問題はありません。逆にあまり神経質になる必要はないでしょう。
基本的に、風邪薬などは、服用して3日ほどで回復しないときは、病院を受診したほうがいいでしょう。

かぜ薬でときどき問題になるのは、アスピリン、インドメサシン、イブプロフェンなどの消炎解熱剤が含まれている場合です。ACE阻害ベータ薬やβ遮断薬の効き目を弱めることがあります。
血圧測定時に注意してください。また、高熱を出しているときに降庄利尿薬を飲み続けると、体の脱水症状が悪化する危険性があります。
そのようなときは、医師に相談して服用を調節しましょう。

胃腸薬では、重曹の含まれているものに注意が必要です。重曹にはナトリウムが含まれていますから、塩分を減らして血圧を下げる努力をしているのに、別の薬でナトリウムを補充するということになってしまいます。
そのほか、シメチジンという胃炎の薬が入っベータた市販薬は、カルシウム措抗薬やβ遮断薬の作用を強め、血圧を下げすぎてしまうことがまれにあります。薬の成分表をチェックするか、よくわからない場合には、医師や薬剤師に確認するようにします。

漢方薬の場合はどうでしょうか?たとえば、グリチルリチンを含む甘草を長期間服用すると、血圧を上昇させることがあります。しかし、漢方薬が血圧にどのような影響をおよぼすのかは、まだ十分に解明されていないのが実状です。

風邪症状を改善するための漢方薬はこちらです。