肝臓の働きを促進する栄養素」カテゴリーアーカイブ

肝臓の働きを促進する栄養素 肝臓の機能アップに役立つ栄養を紹介

1 日に食物繊維を 6 ~ 8 g 摂るようにすれば肝臓に蓄積した脂肪もとれる

1 日に食物繊維を 6 ~ 8 g 摂るようにすれば肝臓に蓄積した脂肪もとれる という情報です。肝臓には、正常な状態でも5 % ほどの脂肪が含まれています。これが 10 % 以上にふえた状態が、いわゆる 脂肪肝 です。

原因は、アルコールの飲みすぎによる場合もありますが、むしろ多いのはエネルギー ( = カロリー ) のとりすぎ、いいかえれば食べすぎにあるのです。

したがって、脂肪肝の人は肥満をあわせ持っているケースが多いのです。幸い脂肪肝は、決定的な治療法がないウィルス性の肝炎や慢性肝炎と違って、原因さえとり除けば比較的簡単に治すことができます。

ですから、エネルギーのとりすぎが原因なら、これまでの食生活を見直して改めればいいわけです。では、1 日にどの栄養素をどのくらいとるのが理想的なのでしょうか。

私たちは必要とするエネルギーを、タンパク質、糖質、脂肪の 3 つの栄養素からとっています。それぞれの栄養素の適正な割合は、摂取エネルギーとしてタンパク質 12 ~ 13 %  糖質 57 ~ 68 %  脂肪 20 ~ 25 %とされています。

まずは 1 日の総エネルギー量をこの比率でとることが原則です。それに加えて心がけてほしいのが食物繊維の摂取です。厳密にいうと食物繊維の中でも粗繊維を 1 日6 ~ 8 g はとってほしいのです。
食物繊維と乳酸菌が腸のはたらきを良くする

1 日に食物繊維を 6 ~ 8 g 摂るようにすれば肝臓に蓄積した脂肪もとれる

食物繊維は大別して、水にとける性質のものととけない性質の 2 タイプがあります。粗繊維という場合、主としてセルロースやリグニンなどの水にとけないかたい繊維をさし、これは野菜や豆類、海草類、きのこ類に多く含まれています。

粗繊維は、食べても消化されないので胃の中にとどまっている時間が長く、満腹感が持続します。このため、食事に適量の粗繊維をとり入れると、ご飯やパン、めん類などの糖質(デンプン)のとりすぎを防ぎ、結果的に摂取エネルギーを低く抑えるのに役立ってくれるのです。

また、粗繊維は腸に入ると水分を吸収してふくれ、コレステロールや中性脂肪の吸収を妨げる作用もあります。つまり、粗繊維をとると、おのずと各栄養素のバランスがとれ、これが脂肪肝や肥満の改善につながるというわけです。

ある調査でも、脂肪肝で肥満を合併している患者さんに先ほどお話しした食生活の指導を行ったところ、脂肪肝と肥満の改善に著しい効果が得られました。

脂肪肝については 50 例中 31 例、実に 62 %の患者さんに顕著な改善が見られたのです。 1 日6 ~ 8 gの粗繊維をとるために、どれだけの食品をとればいいかというと、大豆などの豆類(乾燥)を20 g と、根菜を含む野菜類を 350 ~ 400 g それに海草類ときのこ類を計 10 g を合わせた量になります。脂肪肝のかたはこの目安を頭に入れて、バランスのよい食事を考えるようにしていただきたいものです。
肝細胞を修復するしじみの口コミ「フォアグラ状態の脂肪肝を改善」

肝臓の働きを促進する栄養素

GOT GPT 上昇防止には大豆に含まれる サポニン

GOT GPT 上昇防止には大豆に含まれる サポニン です。苦み、渋み、えぐみなど、舌やのどを強く刺激する味のことを収斂味(しゅうれんみ)といいます。収欽味が強すぎる食品は、舌にちょっとのせただけで吐き出したくなるほどですが、収斂味が全くないと今度は逆に、味にもの足りなさを感ずるものです。

そのよい例が日本酒で、独特のうまみを出すために、製造過程でわざわざ収斂味を加えているほどです。日本酒のコクと味をかもし出すうえで、収欽味はなくてはならない働きをしているのです。

収斂味はこのように、日本人の微妙な味覚と密接なかかわりを持っているのですが、近年、収斂味を持つある物質に肝臓病を予防する効果のあることがわかって、注目されています。

その物質とは、大豆に多く含まれる「サポニン」という成分です。大豆には、この サポニン とその仲間(低分子配糖体)が約150種も含まれており、その効果が次々に発見されているのです。
サポニンの「サボ」とは、せっけんを意味します。つまりサポニンは、その名のとおり水と油のいずれにもとけやすい性質を持っているのです。大豆効果 大豆のサポニンは過酸化脂質の害を防ぐ | パワー

そのため、大豆そのものに含まれているだけでなく、大豆の加工食品にも形を変えながら入っています。豆腐、豆乳、納豆、みそ、テンペなどのいずれにも含まれ、サポニンを含んでいない大豆製品はしょうゆぐらいしかありません。

豆乳を飲むとごくわずかに渋みを感じますが、その渋みの正体がこのサポニンとその仲間なのです。

さて、コーン油に酸素を注入しながら加熱すると過酸化脂質がたくさんできるが、このときサボニンを入れておくと過酸化脂質の生成が抑えられるという実験結果を発表しています。

そしてさらには、この過酸化脂質を多くしたコーン油をネズミに与えると肝臓に障害が起こり、血液中のトランスアミナーゼ ( GO T GPT ) の値が上昇するが、サポニンをいっしょに投与すると、GOT GPT も上昇が抑えられたと報告しています。

GOT GPT はともに肝臓に多量に含まれている酵素で、肝臓に障害が起こると血液中に流れ出てきます。つまり、これら2つの酵素の値が上昇すると肝臓が障害されて、その働きが落ちていることを示し、

一方、ある一定の値であれば、健康であることを意味します。サポニンには、GOT、GPT のいずれの上昇をも抑える働きがあるのですから、肝臓病の予防に大いに役立つというわけです。大豆や大豆製品は、いずれも私たちの食生活でなじみの深いものばかり。さらに積極的な利用をおすすめします。

肝臓の働きを促進する栄養素

大豆 効果 はこちら。

無駄な脂肪を燃やし細胞を修復する レシチン が豊富で脂肪肝を予防

無駄な脂肪を燃やし細胞を修復する レシチン が豊富で脂肪肝を予防 します。酒飲みに共通して見られる病気の 1 つに 脂肪肝 があります。
この脂肪肝の予防や改善に、重要な役割を果たしてくれる物質があります。レシチンというのがそれです。脂肪肝は、文字どおり脂肪(トリグリセリド=中性脂肪)が肝細胞に異常にたまる病気です。

健康な人の場合、一般に肝臓には 5 %ほどの脂肪が含まれており、そのうち 70 ~ 75 % はリン脂質という脂肪で占められています。
残りの 25 ~ 30 %  が、コレステロールやトリグリセリドなどで、それぞれ肝臓の組織を形づくったり、機能を保つのに役立っています。

ところが、脂肪肝になると肝細胞にトリグリセリドだけが異常にふえて、肝臓全体に占めるトリグリセリドの割合をグッと上昇させます(10%以上)。肝細胞にたまったトリグリセリドが小脂肪滴、中脂肪滴といわれる比較的小さな脂肪の粒であるうちはまだよいのですが、大脂肪滴や脂肪嚢といわれる大きな脂肪のかたまりがあらわれると問題です。

トリグリセリドが肝細胞の大半を占めて細胞の核がすみにギュッと押し込められてしまうと同時に、細胞の中で重要な働きをしている小器官に障害が生じてくるからです。

さて、先ほどふれたように、健康な肝臓には一定の脂肪が含まれ、その大半をリン脂質が占めています。実は、このリン脂質の主成分がレシチンなのです。

脂肪肝になると、肝臓ではトリグリセリドが増加し、逆にレシチンは減少します。リン脂質やレシチンは、細胞膜や細胞の中にある小器官の膜を構成する重要な成分です。
つまり、細胞が正常な形を維持していくのにも、レシチンがたいせつな役割を果たしているのです。

さらに、リン脂質やレシチンは、たとえば小器官の1つであるミトコンドリアの働きを盛んにする役割を果たしています。
ミトコンドリアは、いわば脂肪を燃やす工場で、エネルギーを生み出しています。こうしたことから、脂肪肝を起こして大量のトリグリセリドのために瀕死の状態にある肝細胞の活力を回復させてやるには、十分なレシチンが必要なのです。レシチンの働きにとって重要な要素は、その構成内容にあります。

レシチンをはじめとするリン脂質は、たいていリノール酸やリノレン酸、アラキドン酸といった不飽和脂肪酸を多く含んでいます。不飽和脂肪酸は植物性脂肪に多く含まれる脂肪で、動物性脂肪に多い飽和脂肪酸より燃えやすい性質があるのです。

そのため、レシチンが十分にあると、トリグリセリドが蓄積されにくく、また蓄積されたトリグリセリドがとり除かれやすくなります。

もちろん脂肪肝予防の最上の対策は節酒または禁酒にありますが、それとともにレシチンを多く含む食品を補給してやることが肝臓を守るうえでいかに重要であるかおわかりいただけたと思います。
レシチンは大豆や大豆製品、卵黄などに多く含まれます。お酒を飲む機会が多いは NHK などで紹介された 酢大豆 がおすすめ!便秘解消効果も!
肝臓の働きを促進する栄養素