ダイエット」カテゴリーアーカイブ

ダイエットに関連する最新情報。最近、わかってきた太りやすい体質と太りにくい体質などの情報も

成長ホルモン

最近徐々にわかってきたことで、ダイエットにとって画期的なニュースになることとして、「部分やせ」が可能になるかもしれない、そんな期待を膨らませてくれる発見があります。

もともとこの研究は「部分やせを可能にするため」という目的のために行なわれたのではないのですが、ひょっとするとそうなるかもしれない、という可能性が発見されたのです。
それは「成長ホルモン」。Human Growth Hormone「HGHと」呼ばれるものです。「成長ホルモンがダイエットにいいらしい」という説が、かなり確度の高い情報として叫ばれ始めているのです。

成長ホルモン、とはその名のとおり人体を成長させるためのホルモンの一種。カラダの筋肉やその他の細胞を増やし、ボリュームを大きくする作用を持つホルモンをこう呼び、食物としてとったタンパク質やカルシウムなどを利用して、カラダをより大きく作り上げることを促進させるものです。この作用は「同化「アナボリズム」と専門的には呼ばれて、「異化「カタボリズム」とともにカラダの新陳代謝を行なう主役と考えられていたホルモンです。

そしてこのホルモンは、「カラダをつくるためのホルモン」という働きの一方、「カラダを大きくさせる=場合によっては太らせる? ホルモン」とつい最近までは考えられていました。
肥満の原因である脂肪細胞も成長ホルモンがつくると考えられていたからです。
つまり、ダイエットにとって、成長ホルモンは必ずしも「好ましい存在」と思われていなかったわけです。ところが、ある研究の成果から「必ずしもそうではない」、いやひょっとすると成長ホルモンは肥満を防ぐ役割を持っているかもしれない、と180度の転換が行なわれつつあります。

食物としてとった栄養素を利用して、細胞を増やしたり大きくすることでカラダをつくり上げる作用を「同化」といい、それを司っているのが成長ホルモンです。そしてこれとは別に、カラダに貯め込んだエネルギー源を分解して代謝する作用を「異化」といいます。
そしてこの異化を活性化しているのは、アドレナリンや副腎皮質ホルモンなどと考えられていました。ところが、同化の主役とばかり考えられていた成長ホルモンが、アドレナリンなどとともに実は異化にも関わってくる、「二重人格」「両刀使い」のホルモンであったことがわかってきたのです。
これをカラダに当てはめると、成長ホルモンは細胞を作る成長だけではなく、細胞を減らしたり小さくしたりすることもある、ということです。そして、「成長ホルモンが減らすだろう」と考えられている細胞が、実は「脂肪細胞」だったわけです。

成長ホルモンは骨や筋肉には「同化」というプラスの作用を持つ反面、脂肪細胞に関してはどうやらその量を減らす「異化」というマイナス方向の作用を持ち、すなわち、筋肉や骨を頑丈に太くしてカラダを成長させる面と、体脂肪を分解してボディシェイプを図る面とがあるのです。
もちろん、筋肉がより多くつけば、それだけ基礎代謝量が増えてダイエットに貢献するのですから、反対の作用を持ちながら、その実ダイエットにとっては一石二鳥の特性を持つのが成長ホルモンということなのです。

そしてより最近では、研究者たちが、血管の中に直接成長ホルモンを注射して、体脂肪に変わる前の中性脂肪が分解されたかどうか実験してみました。
その結果、約2時間後には中性脂肪が分解された時にできる、脂肪酸とグリセロールという物質の血中濃度が2倍にもなったというのです。

おまけに、この研究では、成長ホルモンを投与したとき、太ももの脂肪よりも腹部の脂肪の方がよりたくさん減ったという、太ったときに目立つ、でっぷりとしたおなかをスマートにする、「部分やせ」に通じる事実が得られました。

現段階では、成長ホルモンが脂肪細胞の分解を促すそのメカニズムはまだよくわかっていません。脂肪分解を担う酵素は「ホルモン感受性リパーゼ」というものです。この酵素を活性化させるのが( ノルアドレナリン( アドレナリンの前駆体))なので、おそらく成長ホルモンは、このノルアドレナリンの生成を促して、ホルモン感受性リパーゼの合成を促すように作用する、と考えられています。ノルアドレナリンも成長ホルモンも無酸素のレジスタンス運動によって、その部分で分泌が強く促進されると言われています。つまり、ある程度負荷のある運動を行なうことによって、成長ホルモンの分泌が促されれば、結果的に脂肪細胞の分解も行なうのでしょう。この分野の研究は、これからも大いに期待できることでしょう。

最近、わかってきた太る理由と太りやすい体質

遺伝子と深く関連する肥満

同じように食べたり動いたりしていても、太りやすい人もいれば、太りにくい人もいます。実際、生まれつき太りやすい人は、残念ですが存在します。
このことに関して、近ごろわかってきたのが肥満の原因となっている遺伝子の存在です。もちろん、肥満の要因として、遺伝のほか、食事や運動などの「環境因子」が重要であることは間違いありませんが、今まで、「体質」というひとことで片づけられていた問題に、生まれついての遺伝子が関与していることが、研究が進んだ結果わかってきたのです。

β3アドレナリン受容体というセンサー

肥満に関連する遺伝子は、実はその数70以上も推測されています。その中でもっとも知られているのが、1994年に報告された肥満関連遺伝子によってつくられる(レプチン)です。
そして、この他に肥満の重要な要因としては、細胞の表面にある(β3アドレナリン受容体)というセンサーの異常が研究者から指摘されています。このβ3アドレナリン受容体は、「カテコールアミン」「アドレナリン」や「ノルアドレナリン」などもともと体内で生産されるホルモンです。ならば、これを薬としてダイエットにこれを投与すればよさそうなものですが、困ったことに飲んだ人の脈拍を増加させ、血圧や血糖値を上昇させるなど、多くの全身的作用があるため、ダイエットのための薬剤として用いるには、副作用のほうが強くて利用には問題があります。
ホルモンやその(前駆物質)(ホルモンになる前の物質)により刺激を受けて、脂肪細胞の組織中に保存されている中性脂肪を分解、エネルギーの発生である「熟産生」を引き起こすものとして注目されています。
ここでいう熟産生= エネルギー消費なので、この部分に異常があると、基礎代謝が低下し、太りやすい体質となります。この受容体の多くは、使用する脂肪の貯蔵庫である脂肪細胞の表面上にあります。異常があると、エネルギー消費の調節が上手くいかず、肥満が引き起こされるわけです。おまけに日本人では、この受容体の遺伝子に異常があるという人が3人に1人いるといわれています。もし異常があった場合、遺伝子異常がない人と比べると、基礎代謝による消費エネルギーが1日あたり2000kcalほど少ないそうなのです。
2000kcalが多いか少ないかというと、確かにご飯に換算するとお茶碗1杯程度です。缶ビール1本にも満たない量です。毎日食べて消費するエネルギーの収支バランスを考えると、この差は意外と大きいものと言えます。
当然のことですが、食べる食べないに関わらず、このβ3遺伝子に異常のある人は、365日、毎日ご飯1杯ずつ摂取カロリーが多いことと同じです。それを考えると、ちょっと恐ろしい結果をまねきます。7300kcalがカラダに余分に入るのですから、体脂肪換算で約10キロです。
自分がそうであるのかないのか、知りたい気もしますし、知るのもコワイ気がします。

倹約遺伝子

肥満に関係する遺伝子には、「その遺伝子が異常だと太りやすいもの」、また「その遺伝子があるだけで太りやすいもの」があります。先ほどの肥満ホルモン、レプチンの生成やβ3アドレナリン受容体のコントロールは、それに関連する遺伝子が異常の場合、肥満を引き起こすという方でした。

一方、脂肪は生きるためには、不必要な栄養素というわけではありません。それどころかエネルギーの収支バランスのところでも述べたように、食事でとるエネルギーのうちその効率の面では最高です。同じ重量ならもっとも効率良くエネルギーを生み出すのです。
だからこそ、人間はこの高効率の栄養素を最率先して吸収し、蓄積しようとするのです。この脂質を積極的に蓄えようとするためのシステムが、たとえばグリセミックスインデックス(Gi)値に密接に関係するインスリンであり、摂食を促すホルモン(ニューロペプタイドY)で、これらが正常に働かないと、極端な脂質不足になって、昔の食生活なら生命を落とすことになるかもしれません。
ところが、現代日本では食生活も向上し、よほどのことがないと餓死するような状況は皆無です。無用とは言いませんが、この体脂肪をため込むシステムの重要性は、今のところ極端に低くなっています。環境はこのように変わったのに、脂質を食事でたくさんとるとそのシステムは正常に作動します。
するとどうしても肥満しやすくなるわけです。つまり、このシステムをコントロールする遺伝子が昔は飢餓を防ぐ防波堤になっていたのですが、今では肥満を引き起こしやすい遺伝子になってしまったわけです。これが最初に述べた、もう一方の「その遺伝子があるだけで太りやすいもの」ということです。後者のように、なるべくエネルギーを使わないで、エネルギーの素をため込もうとする遺伝子を「エネルギー倹約遺伝子」ではないか、と仮説を立てました。実際にそういう遺伝子が今現在「コレに違いない」と決定されているわけではありませんが、脂質をためるカラダの代謝システムを円滑に動かすホルモンをつくってコントロールしている遺伝子がおそらくそれなのだろうといわれています。
また、単一のものではなく、レプチンやレプチンの受容体、β3アドレナリン受容体などの異常が、結果的に倹約遺伝子の役割を発揮するとも考えられています。

基礎代謝をアップして脂肪を蓄えない体をつくる

男性と女性の脂肪のつき方は少し異なります。その上、性ホルモンや体格、筋力などでトレーニングの仕方も違ってきます。そこで、体に体脂肪をつけないためのエクササイズも男性、女性に分けて考えます。
エクササイズの前には必ずストレッチをやりましょう。レジスタンス運動は、骨格筋や関節に-時的に強いパワーををかけるので、普段の生活に比べ各部に負担がかかります。
筋肉に適度な負担がなければ、筋肉の「起回復」もないし、それによる筋肉増加、基礎代謝増、脂肪燃焼という流れが生まれません。
運動時には筋肉内の血流量が増え、筋肉の体積が増加するので、リンパ液の循環が阻害されたり、スムーズな関節の動きができなくなったりするケースもあります。こういう状態は、運動中や運動後にも生じ、強く動かした部分の故障や乳酸の滞留による筋肉痛の原因ともなります。
そこで、エクササイズの前には、鍛えようと思っている筋肉の付け根の関節やその腱や筋肉をゆっくりのばしておき、痛みによる中断を避け、運動後の回復を速めるためのストレッチを励行します。とくに普段、運動をしてない人にとっては丁寧にゆっくりストレッチすることでも、かなりのエクササイズ効果をもたらすのです。