肥満、高血糖、高血圧、脂質異常がそろうと突然死のリスクがアップする

内臓脂肪が増えると、血管にとって悪い指令ばかりが増えて、血圧、血糖値が上がり、血液がドロドロになります。なおかつ、脂肪が増えすぎると、脂肪細胞から遊離する脂肪まで出てきてしまい、血液中の中性脂肪が増えてHDL(善玉) コレステロールが減ります。

内臓脂肪が増えると、血管にとっては困ったことばかりが起きます。ところで、ぽっこりお腹(内臓脂肪)、高血圧、高血糖、そして中性脂肪の増加とHDLコレステロールの減少…と言えば、何か思い出すことがありませんか?

そうですメタボ(メタポリックシンドローム)です。
腹囲(おへその高さで測った胴回り)が「男性85 cm以上」「女性90 cm以上」で

  1. 「高血圧(上が130 mmHG以上または、下が85 mmHG以上)」
  2. 「空腹時の高血糖(110 mg/dll以上)」
  3. 「高・中性脂肪( 150 mg/dl)または低・HDLコレステロール( 40 mg/dl未満)」

のうち2つ以上が当てはまると、メタボと診断されます。

メタボの怖さを物語る「3倍の法則」というもの、ど存知ですか?

健康な人に比べて、高血圧の人、高血糖の人、脂質代謝異常(高・中性脂肪や低。HDLコレステロール)の人、肥満の人は、それぞれ3倍、心筋梗塞や脳卒中などの「血管事故」を起こしやすいという法則です。

「3倍」というのはざっくりとした目安ではありますが、いろいろな研究結果から3倍前後高まることは間違いありません。
ということは、「肥満+高血圧+高血糖+脂質代謝異常」がそろうと、「3×3 ×3 ×3 =81 」倍、血管事故が起こりやすいということ。

ちなみに、タバコも3倍ほど血管事故のリスクを上げるので、前述の4つに喫煙が加わると、243倍です。恐ろしい数字です。内臓脂肪が増える(=太る) と、高血圧・高血糖・脂質代謝異常も自ずとついてきやすいわけですから、太るということは、見た目の問題だけではなく、血管事故につながる階段を1段ずつ、いえ、3段飛ばして駆け上がっているようなものです。
突然死について詳細はこちら。