魚介類に多いタウリンも肝臓に必要

魚貝類に多く含まれる栄養成分の1つにタウリンがあります。実は、このタウリンには、酒飲みならだれもが気になる肝臓を守る働きがあるのです。

タウリンの肝臓に対する効用は主に次のようなものです。まず、タウリンは胆汁の流れをスムーズにしてくれます。胆汁は脂肪の消化や吸収などに欠かせないもので、消化・吸収のために働いたあと、一部は排泄され、一部は再び小腸で吸収されます。

この胆汁の循環がうまくいかないと、肝臓以外の部分にも多くの悪影響を与えます。タウリンは胆汁の主成分である胆汁酸という物質とくっついて、胆汁の排泄を正常にし、循環をスムーズにしてくれるのです。

タウリンはまた、肝臓の細胞の膜を強くする作用も持っています。細胞膜が強ければ、肝臓の細胞がアルコールやウィスキーによって痛めつけられるのを防ぐことができますし、傷ついた細胞膜を修復することもできます。

以上のようなタウリンの作用は、すでに病院での肝臓病の治療にも利用されています。従来の治療薬にタウリンを併用すると、単独で使うよりはるかに効果が高まり、特に急性の肝臓障害に顕著な効果をもたらします。

このように肝臓病にすばらしい効果を発揮するタウリンは、実は私たちの体の中でも合成されているアミノ酸の1つです。ただ体内での生産量が非常に少ないため、体を正常に機能させるには、食品から十分に補給する必要があります。

成人男子の1日の標準エネルギー(=カロリー)摂取量である240 0 姐の食事を普通にとっていれば、50~150 mgのタウリンはとれます。
この量は特に病気のない人にとっては十分な量です。しかし肝臓の悪い人にとってはけっして十分とはいえませんし、お酒をたしなむ人の肝臓ではアルコールの害を防ぐためタウリンも多めに消費されがちです。

そこで、人一倍タウリンの多い食品を食べるように心がけなければいけません。そのとき強力な味方になってくれるのが魚や貝類です。タウリンが多く含まれているのは、なんといっても魚貝類なのです。毎日の食卓はもちろん、洒の肴にも積極的にとり入れて肝臓をしっかり守ってあげたいものです。
タウリンが多く含まれるのは、カキ、たこ、いか、かつお、めばる、いわし、真あじ、赤がれい、たら、舌びらめなどです。