骨粗鬆症の予防にビタミンC

丈夫な骨の形成にカルシウムは不可欠です。しかしここで必要不可欠なのが「ビタミンC」です。このビタミンCについては見落とされがちです。これは2001年はじめ頃に発表された内容ですが、日常的にビタミンCのサプリを飲んでいる人の骨密度が骨のすべての部位で高い値を示しました。

ビタミンCは摂っているつもりでも実は不足しているのが現代人の特徴です。マルチビタミンを摂取している骨粗鬆症の方の骨密度が半年で5年分も若返った例もあります。通常、加齢とともに落ちるので若返るのは驚異的事実です。

どのくらいの量を飲めばいいのでしょう?
500mg~1gで血中のビタミンC濃度は目一杯になり、それ以上摂取しても増えないとのことです。どもこのあたりが摂取目安になりそうです。厚生労働症が指導するビタミンCの所要量は1日100mgですが、これは欠乏しないための最低量と考えます。

また、ビタミンというとサプリでも摂取する方法が選べますが食事とどう違うのでしょうか?
成分は同じなので効果は同じです。
異なる点は吸収の速度です。
飲んで1~2時間で吸収・排泄されてしまうサプリに対して食事で摂取したCは緩やかに吸収され長持ちします。3度の食事でCを十分に摂れば体の中のCは途切れることがありません。ベースになる分は食事で摂り、不足分をサプリで摂るのがいいでしょう。

その他にもビタミンCにはたくさんの作用があります。