運動嫌いでもダイエットに失敗しない方法

最初に綿密なプランを!

ここで今一度ダイエット効
ダイエット効果をしっかり高めるために必要なポイントを3つ確認します。

  1. ある程度の食事制限( 1日の摂取カロリーを制限、脂質摂取の制限)
  2. 必要最低限の運動( 1日の消費力ロリーを増やす、基礎代謝量を増やす)
  3. 的確なサプリメント(食事を制限した結果、不足しがちな栄養素の補給、代謝を上げる、エネルギー消費を促す、ホルモン分泌を調整する、不要なものを排泄するなど)

このダイエット法のトライアングル(三角形)、そしてそのバランスが大切です。しかし、「理屈でやせられるのなら苦労はしない」というのも事実で、いくら理論的に正しくても、「運動は嫌い」「運動は面倒」「時間がない」という人も多いことでしょう。
これらは、ダイエットをしない、できない人の理由の代表的なものと言えます。とくに運動だけ、食事制限だけでやせようというのは、一般人では至難のわざです。そこで、忙しくてあえてスポーツクラブに行ったりなどできないという人が、ちょっとした工夫で簡単にエクササイズができてしまうポイントがあります。

日常の洗い直しから!

一般的によく言われることですが、毎日の通勤、いつもどおりのお部屋掃除、こんな日常の動作も、ダイエットを目的として意識することによって「何もしないよりは」立派なエクササイズに変身します。
時間的な制約はあるかも知れませんから、本格的な有酸素運動というわけにはいかないですが、「基礎代謝にプラスアルファ」の形を少しずつ積み重ねれば、食事制限していても、プチケーキのひとつやアイスクリームのひとつ分ぐらい(200~300kcal程度の)、デザートを食べることができるかもしれません。
たかがデザートでも、ダイエット中の心理としてはストレス解消法になるはずです。「わざわざ特別にジムやクラブに入ってやせなくても」と思っている方も、まずは自分の日常を見直してみることからダイエットはできるのです。無意識に「動く」ことを節約していないか?歩くことや階段を面倒がっていないか?体力を省エネしていないかチェックすることが必要です。セルフ・チェックを行ない、普段の生活を「エネルギー節約タイプ」のものから「ダイエット用浪費タイプ」に意識的に変更(スイッチ)すると、どの程度ダイエットに役立つかがポイントです。