骨粗鬆症に食べたい食品「わかめ」

カルシウムがたっぷり

わかめにはカルシウムがたっぷり含まれています。カルシウムには、骨粗鬆症を予防するほか、精神を安定させる作用もあります。さらに、腸の働きを整える食物繊維も豊富。食物繊維には有害物質やコレステロールを吸着する作用もあるので、便秘のほか大腸がんや動脈硬化の予防にも役立ちます。細胞の新陳代謝を活発にするヨウ素(ヨード)も豊富です。

わかめのヌメリ成分は高血圧も防ぐ

わかめには独特のぬめりがありますが、このぬめりの正体は、アルギン酸カリウムという水溶性食物繊維の一種です。
アルギン酸カリウムは胃の中で胃酸の影響を受け、アルギン酸とカリウムとに分かれます。その後アルギン酸は、小腸で高血圧の原因となるナトリウム(塩分)と結合して排泄されます。
もう一方のカリウムは、体内に吸収されて血圧を下げる働きをします。二つの成分がそれぞれ血圧を下げるために働くので、高血圧の予防・改善に大きな効果を発揮します。また、カリウムはコレステロールの排泄を促進して、動脈硬化などを防ぐ役割も果たしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です