骨粗鬆症に食べたい食品「わかさぎ」

骨ごと食べればカルシウム補給になる

わかさぎには100 gあたり450mg と、マイワシの6 倍以上ものカルシウムが含まれています。頭や骨まで丸ごと食べられるため、カルシウム補給にはぴったりの食材です。
さらに、カルシウムとともに骨をつくるマグネシウムや良質のたんばく質のほか、内臓にはビタミンD も含まれているので、カルシウムを効率よく吸収することができます。日本では、成人の1日あたりのカルシウム所要量は600mgとされていますが、わかさぎなら約2尾弱(1尾80g) でこの量を満たすことができま72す。骨までおいしく食べるには、から揚げがおすすめです。

鉄分が豊富

鉄分が豊富に含まれていることもわかさぎの特徴。鉄は血液の赤い色のもとであるヘモグロビンの成分になります。
ヘモグロビンは肺から取り込んだ酸素と結びつき、体中に酸素を運ぶ役割を果たしています。鉄が不足すると体が酸欠状態になるため、貧血症状が現れます。貧血は月経のある女性のほか、ダイエット中の人などにも多く見られます。わかさぎは鉄分が豊富な上、脂肪が少なくて低カロリーなので、ダイエット中の人にもおすすめです。

抗酸化作用のあるビタミンEとセレン

わかさぎにはビタミンB2も豊富です。ビタミンB2は脂質や糖質、たんばく質の代謝に関わる栄養素で、体の成長を促進し、肌や髪を健康に保つ作用があります。
また、強い抗酸化作用を持つビタミンEとセレンも多く含まれています。セレンはミネラルの一種で、細胞や組織に悪影響を及ぼす過酸化脂質を分解するときに働く酵素の重要な構成成分です。
抗酸化作用があり、ビタミンEやCと一緒にとるとその効果がよりいっそう強まることもわかっています。ビタミンE とセレンをともに豊富に含むわかさぎは、老化の抑制や、動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です