活性酸素の害をサプリで防ぎたい

酸素は、人間がの生存に欠かすことができません。しかし、体内に入った酸素のうち、1~2 % ほどが「活性酸素」と呼ばれる分子に変化し、老化現象や生活習慣病の原因となることがわかっています。 そこで、活性酸素による害を防ぐために、抗酸化作用をもつ成分をたっぷり摂ることが大切です。抗酸化作用によって、病気を防ぐだけでなく、アンチエイジング(抗加齢) の働きも期待できます。

活性酸素は、他の物質を「酸化させる」働きをもっています。 本来、活性酸素は、体内に侵入した細菌やウイルスを攻撃し、体を守る役割を果たしています。しかし、過剰な活性酸素は、正常な細胞にも障害を与えるために、老化を促進したり、ガンなどの生活習慣病を引き起こしたりします。

植物性食品の中には、抗酸化作用・抗ガン作用をもつ成分が多く含まれています。したがって、食事内容を見直すことが基本です。

抗酸化ビタミンといえば、ビタミンC、Eそれにβカロチンが代表です。主に野菜、果物に豊富に含まれるビタミンですが、これをサプリで摂取することも可能です。
特にサプリで効果的な抗酸化作用のあるものは、青汁、ウコン、高麗人参、コエンザイムQ10、ピクノジ工ノール、リコピンなどがあります。特にウコンの成分には注目されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です