サポニン」タグアーカイブ

GOT GPT 上昇防止には大豆に含まれる サポニン

GOT GPT 上昇防止には大豆に含まれる サポニン です。苦み、渋み、えぐみなど、舌やのどを強く刺激する味のことを収斂味(しゅうれんみ)といいます。収欽味が強すぎる食品は、舌にちょっとのせただけで吐き出したくなるほどですが、収斂味が全くないと今度は逆に、味にもの足りなさを感ずるものです。

そのよい例が日本酒で、独特のうまみを出すために、製造過程でわざわざ収斂味を加えているほどです。日本酒のコクと味をかもし出すうえで、収欽味はなくてはならない働きをしているのです。

収斂味はこのように、日本人の微妙な味覚と密接なかかわりを持っているのですが、近年、収斂味を持つある物質に肝臓病を予防する効果のあることがわかって、注目されています。

その物質とは、大豆に多く含まれる「サポニン」という成分です。大豆には、この サポニン とその仲間(低分子配糖体)が約150種も含まれており、その効果が次々に発見されているのです。
サポニンの「サボ」とは、せっけんを意味します。つまりサポニンは、その名のとおり水と油のいずれにもとけやすい性質を持っているのです。大豆効果 大豆のサポニンは過酸化脂質の害を防ぐ | パワー

そのため、大豆そのものに含まれているだけでなく、大豆の加工食品にも形を変えながら入っています。豆腐、豆乳、納豆、みそ、テンペなどのいずれにも含まれ、サポニンを含んでいない大豆製品はしょうゆぐらいしかありません。

豆乳を飲むとごくわずかに渋みを感じますが、その渋みの正体がこのサポニンとその仲間なのです。

さて、コーン油に酸素を注入しながら加熱すると過酸化脂質がたくさんできるが、このときサボニンを入れておくと過酸化脂質の生成が抑えられるという実験結果を発表しています。

そしてさらには、この過酸化脂質を多くしたコーン油をネズミに与えると肝臓に障害が起こり、血液中のトランスアミナーゼ ( GO T GPT ) の値が上昇するが、サポニンをいっしょに投与すると、GOT GPT も上昇が抑えられたと報告しています。

GOT GPT はともに肝臓に多量に含まれている酵素で、肝臓に障害が起こると血液中に流れ出てきます。つまり、これら2つの酵素の値が上昇すると肝臓が障害されて、その働きが落ちていることを示し、

一方、ある一定の値であれば、健康であることを意味します。サポニンには、GOT、GPT のいずれの上昇をも抑える働きがあるのですから、肝臓病の予防に大いに役立つというわけです。大豆や大豆製品は、いずれも私たちの食生活でなじみの深いものばかり。さらに積極的な利用をおすすめします。

肝臓の働きを促進する栄養素

大豆 効果 はこちら。

コレステロールを下げる食品(大豆)

大豆は、定番の健康食材ですが、コレステロール値を改善するための成分も豊富に含まれます。コレステロール値が高いと診断された人は、毎日でも摂取してほしい食材ナンバーワンです。
コレステロール値が高めの人にとって、大豆あるいは、大豆加工食品は積極的に摂取することが大切です。
大豆の有効成分は、なんといっても大豆たんぱく質です。大豆たんぱくは、血液中の総コレステロール値やLDL(悪玉)コレステロール値が高い場合には、コレステロール濃度を下げるよう作用し、コレステロール濃度が正常である場合には、総コレステロール値をそのままに保った上でLDLとHDLの比率だけを正常に戻すように働きます。
このように大豆たんぱく質には、コレステロール値を正常に保つためのすぐれた作用を備えています。

大豆に含まれるサポニンという物質は、血液中の余分なコレステロールや中性脂肪を減らすと共にこれらの脂質が有害な活性酸素によって酸化されるのを抑える働きがあります。酸化された脂質は、血管壁に傷をつけ、その傷口からコレステロールなどが入り込んで悪影響を及ぼします。動脈硬化、血栓の原因となってしまいます。
サポニンは、酸化された脂質が血管を傷つけるのを防ぐ役割も果たします。

これ以外にもコレステロールの低下に効果的な成分としてリン脂質の一種であるレシチンや不飽和脂肪酸、植物コレステロールなどが含まれます。植物ステロールは小腸で吸収された、同じく小腸内に存在するコレステロールと競合してその吸収を抑える働きがあり、非常に効果的です。植物ステロールは、さまざまな植物に含まれ、種類も豊富ですが、全食品の中でもとくに大豆に含まれます。

大豆はもともと消化されにくいため、乾物を戻す際に吸水と加熱を十分に行うことが基本です。
関連ページ:
大豆効果「痛風」我慢できない痛風も大豆成分におまかせ