あじ」タグアーカイブ

骨粗鬆症に食べたい食品「あじ」

油で揚げて骨まで食べるのが理想

あじには、骨の形成を助けるカルシウムやマグネシウム、良質のたんばく質などが豊富。また、カルシウムやリンの吸収を助けるビタミンDも含まれているため、カルシウムを効率よく利用することができます。
骨の健康のためには、小さめのあじを丸ごとから揚げにするのがおすすめ。頭や骨まで食べることができるので、カルシウムをたっぷり補給することができます。大きめのものは3枚におろし、中骨の部分を抽でカリッと揚げれば、カルシウムたっぷりの骨せんベいになります。

旨味成分グルタミン酸

あじは古くから日本人に好まれてきた魚ですが、おいしさの秘密は、たんばく質に含まれる成分にあります。たんばく質は数種類のアミノ酸が結びついてできていますが、あじのたんばく質にはグルタミン酸が多く含まれています。
グルタミン酸は、いわゆる「うま味」となる成分。昆布やかつお節などの「だし」の味もグルタミン酸のものです。味のよさに加え、神経伝達に関わり、脳の機能を活性化する働きもあります。
そのほか、ナトリウムを排出して血圧を下げるカリウム、コレステロール値の低下や肝機能の調整に役立つタウリンなども含まれているため、高血圧や動脈硬化、胆石症などを予防する効果も期待できます。

IPAとDHAが血液をサラサラに

あじの成分でとくに注目したいのが、脂質に含まれるIPA(イコサペンタエン酸) とDHA (ドコサヘキサエン酸) です。IPA には血管をひろげて血行をよくしたり、血管をしなやかに保ったりする働きがあり、動脈硬化や心筋梗塞を防ぐほか、肩こりや目の疲れなどの改善にも役立ちます。
DHA は脳の機能を活性化し、記憶力や学習能力を高めます。DHAとIPAは、発がんに関与するアラキドン酸の合成を抑えて、がんの発生や転移を防ぐ物質としても知られています。

コレステロールを下げる食品(あじ)

あじのひらきなどは、日本人の食卓には馴染みの魚です。しつこすぎない脂がおいしく人気です。これは、うまみ成分のグルタミン酸やイノシン酸に加えて、魚油が豊富に含まれていることが理由です。この魚油には、DHAやIPAといた多価不飽和脂肪酸が豊富に含まれます。DHAやIPAは、過剰なLDLコレステロールを減らして善玉コレステロールのほうや増やす働きがあり、コレステロール値を正常に保つのに欠かせない成分です。
あじは、さばさんま、いわしなどに比べて口当たりがよいため、DHAやIPAの含有量は少な目です。しかし、余分なコレステロールを排泄する効果が高いタウリンについては、ほかの青魚を圧倒しています。タウリンは、特に血合いの部分に多く含まれ、さばやいわしなどと比べて血合いの部分も比較的、淡泊です。くせがなく食べやすいので常食することもできます。
ちなみにあじは生よりも干物のほうが栄養価が高く、定番の遠火の強火にします。
あじは分類すると、小あじ、中あじ、大あじに分類されますが、美味と言われるのは、主に小アジと中アジです。とくに小アジは身の質や手頃なサイズで刺身やたたきでおいしく食べることができます。
調理済みのあじを購入するよりも自分で食べる間際におろしたほうが脂質の酸化を抑えることができます。