目を悪くしてしまう習慣」カテゴリーアーカイブ

情緒不安定は目を悪化させてしまう

新学期になると、視力の低下を訴える子供が増えます。小学校、中学校をとわず、とくに新1年生にその傾向が顕著に見られます。この理由はいくつか考えられますが、一番大きな理由は、環境の変化と、それにうまく対応できないためにおこる、不安や緊張といった心の問題があげられるでしょう。

近視になった小学校1年生をもつ母親は、「学校に入って急に本を読む機会が多くなったからだ」と思い込んでいることが多いようですが、それはほんの小さな要因でしかないのです。本を読むときの姿勢が悪かったり、夜ベッドの中で暗いあかりを頼りに本を読んでいたりすれば、もちろん眼にいいわけはありません。

しかし、それよりも重大なのは、はじめての学校生活になじめなかったり、大勢の中に放り込まれて不安になってしまうといった神経質な子供が、眼を悪くしていることが多いのです。それまでは何の不安もなしに思いどおりにすごしてきたのに、突然環境が変わり、しかもまわりのおとなから「しっかりりしなさい」「はやくしなさい」「どうしてみんなと同じことがやれないの」とせかされると、小さな胸は不安でいっぱいになり、休も心も緊張してしまいます。

精神の緊張は必ず眼の緊張も引き起こします。もし自分の子供が視力が低下したと気づいたなら、心の中を心配してあげてください。そしてその中に潜む不安を取り除くことを考えてほしいのです。

具体的な眼の泊療は、それから考えてもけっして遅くはありません。「悲しみのために目の前が真っ暗になった」「怒りで何も見えなくなってしまった」この中には真実が含まれているのです。心も身体も他の部分に悪影響を与えるものは眼とけっして無関係ではないのです。

目を細めながら見るのは影響大

かすれた文字や、不鮮明な印刷物をどうにか読もうとするとき、眼を細めたり、眼に力が入ったりします。そのあと、目頭をマッサージしなくてはならないほど、疲れを感じることがあります。

こんな無理を続けると、眼は悲鳴をあげてしまいます。物を見るという行為は、眼で見るのではなく眼をとおして脳で理解するということです。実際に目のまえにあるものはすべて目に映っているはずですが、脳がそれらを捕らえなければ「見る」という行為は成立していないのと同じなのです。

ところが物を見ようとして力を入れすぎると、眼の筋肉は過度の緊張をおこして、かえつて焦点を定められなくなります。そのうえ脳にまで余計な負担をかけるわけですから、疲れてしまうのも当然なのです。

眼を正常に使っていれば、見るための努力など必要なく、自然に「見る」ことはできるのですが、物を眼で必死に追うように力んでしまうと、眼の機能は次第に低下してしまいます。

多少の緊張ならば耐えることはできますが、限度を越えると、その負担に絶え切れなくなって、体のあちこちに症状があらわれてきます。首筋の疲労感、肩のこり、頭痛、眼のかゆみ、眼やまぶたの炎症、そして視力の低下など、眼の使い方ひとつ つで、こんな影響を及ぼすことがあるのです。物を見るときには、楽に映像を捕らえるように、いつでも心掛けることが大事ですね。

遠くを見るときは視点移勒を忘れない

読書や勉強パソコン作業、あるいは手先を使った細かい作業のあと、無意識のうちに遠くを見ることがあります。これは疲れた眼を回復させるにはとてもいい方法なのですが、遠くを見るといってもただ1点を見つめてしまっては、その効果もなくなってしまいます。

遠くに眼を移したときにも、頻繁にマバタキをして、意識的に視点を移動させることが大切です。星のきれいな夜ならば、1つ1つの星を見ていくようにすればいいでしょう。

また、月の輪郭をたどるように視点を動かして見るのもいいですね。こうすると平坦な円形にしか見えなかった月が、丸味を帯びた天体に見えてきて、眼本来の力が回復してくるのがわかるでしょう。

私たちの筋肉は体を支えているだけではなく、必要なときにいつでも反応できるようにかすかに微動しています。眼の筋肉も例外ではなく、眼の位置は筋肉によって定められているし、眠が焦点を合わそうとするときには、筋肉が作用しているのです。

そして筋肉が微動しているからこそ、瞬間的な小さな動きにも反応できるわけです。意識的に視点を移動させるということは、この筋肉を訓練するということで、これを習慣づければ緊張は和らぎ、視力回復にも役立つのです。

普段あまり見ることのない遠くの星や月を見ることは、疲れた眼にとっては何よりのリラックス法だといえます。星の光は一定であるはずなのに、私たちの眼にはまたたいているように見えるのは、眼の筋肉が微動しているせいなのです。

遠い星に焦点を合わせようとすると、筋肉はさらに動きを増すというわけです。遠くの星を見るだけでも筋肉の運動になるし、さらに視点を移動させれば、もつと効果的です。

視点反復運動なら毎日効果を感じることができる

眼は常に視点の移動をおこなっています。それは正常な眼の機能で、無意識のうちに正しくおこなわれているものです。そのため、物を見るとき、ただ1 点だけを見つめていると、ひどく疲れてしまいます。

視点はできるだけ、絶えず移動させるように心掛けてください。それによって、眼は適度な訓練をしていることになりますから、視力回復にも大いに役立ちます。

はげしく視点を移動しても、日常生活の中でとくに邪魔になることはありません。リラックスして実行してみてください。簡単で手軽な方法を紹介しましょう。もしメガネをかけていたり、コンタクトレンズをつけているのなら、まずそれを外してください。そしてどんなジャンルの物でもいいですから、本を手にしてください。

まずは、そこにかかれている1つの文字を見ます。裸眼で見るのですから、多少ぼんやりしていても大丈夫です。次に、その文字から数えて3 つ日の文字を見ましょう。そしてもう1度はじめの文字に視線を移動します。これをゆっくり繰り返していくと、はじめは、ぼんやりとしか見えなかった2つの文字が、次第にはっきりと見えるようになってきます。

この反復運動をするときには、体の力も眼の力も抜いて、リラックスした状態でおこないます。視力の度合いにもよりますが、毎日繰り返していけば、日が経つにつれてほかの物もはっきりと見えるようになってきます。日課の中に加えて習慣づけてください。

ぼんやり見ていると眼力が低下する

物をしっかりと明瞭にとらえるのは中心視力といい、ピンの頭ほどの大きさしかない網膜の一部分で、そのまわりの部分を見るのを側方視力といいます。
これは中心視力のように明瞭に見えるわけではありません。ただ視点の移動がはやいために、同時に広範囲の物が見えるような印象を受けているだけにすぎません。

この網膜上の中心窩とよばれる1 点は、一般には毎秒30から40秒あるいはそれ以上の映像をとらえ、そのはやさで脳の視覚中枢に次から次へと信号を送ります。

不明瞭に見る範囲が広くなればなるほど脳は混乱し、眼に負担がかかることになります。この事実を知らずに、眼は周辺視野だけで物事の全体を見ることができるのだと誤解して、常にそのような眼の使い方をしていると眼はひどく疲れ、眼の能力は次第に失われてしまいます。

眼を強く開閉することで筋肉が鍛えられる

ふだん何気なくおこなっているマバタキには大切な役割があります。1 つは、眼球の表面を涙によって適度な潤いを与えること。そして開閉運動することによって、眼の筋肉を鍛えることです。眠が疲れているとき、あるいは眩しい物を見たとき、マバタキの回数が増えるのはそのためです。

インドの神秘といわれる「ヨガ」の中でもマバタキの効用が取り入れられています。眼を強く開けたり閉じたりすることで、眼の筋肉だけでなく体全体の緊張を和らげることに一役買っているのです。

ヨガの修行者の中には、誰1人としてメガネを使用していないという事実がそれを裏付けています。逆にいうと、体も心もリラックスして、楽にマバタキできる状態が正常であるということです。

瞬き効果

瞬きは、眼が健康であるかどうかを見分ける大切なポイントになります。つまり、正常な眼は自然に瞬きをしていますが、疲れている眼、緊張している眼は、瞬きの回数が減っているか、あるいはまったくまばたくことを忘れているかのどちらかです。

本やテレビを見ているときに、瞬きをしていない自分に気づいたら、眼は確実に悪くなっていると考えてよいかもしれません。この瞬きに関する考え方を別の方向から見ていくと、眠が疲れたときは、意識して瞬きを繰り返すといいことになります。瞬きには次のような利点があります。
冬は瞬きの回数が多くなります。眼は寒さにとても弱いので、瞬きは眼を暖めてくれるのです。

た、強い凪が吹いていたり、空気がひどく乾燥している日には、瞬きで保護することもできますし、瞬きをすることで、涙という潤滑油を眼の表面に補うこともできるのです。

瞳孔を動かす筋肉をほぐしてくれるのも、まぶたを動かす筋肉を和らげてくれるのも瞬きです。手足のように大きな動きはできないけれど、眼を鍛える方法の1つが瞬きなのです( ほかに中心固祝と視点移動)。

そして瞬きすることによって、眼の周囲のリンパ液をスムーズに循環させることもできます。体を動かせば血液の循環がよくなって健康を保てるように、瞬きという眼の運動によって、眼は強く健康になっていくのです。眠が疲れていると感じたら、もっとも手軽で簡単な方法は、まず瞬きをすることです。

頭痛の原因が「眼」という思い込み

頭痛の症状がおきてその原因が思いあたらないとき、眠が原因ではないかと簡単に判断する人がいます。眼が頭痛の原因になる場合もないとはいえませんが、それは極めてまれなケースで、ほとんどの場合はほかに原因があり、その結果視力が落ちるのです。

原因が眼にあると信じてメガネをかけ続け、2年間もの長い間頭痛に悩まされた女性が、メガネを取り、簡単な食餌療法をほどこすことによって治ったという例もあります。

「頭痛が続くので眼診ほしい」と訴えていた人が、虫歯と蓄膿症の治療によって、頭痛から解放されたという例もあります。要は、正確な診断と適切な処置を怠らなければいいのです。

「眼が悪くなると頭痛がする」という図式は誤りで、「眼が悪くなるのは頭痛が原因で、そこにはほかの疾患が潜んでいる」と理解してください。

たとえば、「ある特定の動作で痛みが生じる労作性頭痛」などもあります。

目薬が害になる場合

眠が疲れてしぶしぶしたときなどに、目薬を点眼したらスッとして、すっかり疲れが取れたというような経験は多くの人があると思います

また眠が真っ赤に充血したとき、すぐに目薬で症状を和らげようとしてはいませんか?市販の目薬には、白目の充血をなくして眼を椅麗に見せるための成分や、眼をすっきりさせる成分が入っています。

点眼直後には確かにその効果が発揮されるでしょう。しかし、そのためにかえって症状の根本的な原因を見すごす危険もあるのです。

そのうえ、点眼したときは症状がおさまっても、いつも点眼していなければ疲れも痛みも取れない、充血もおさまらない、という副作用に悩まされることもあるのです。

目薬でおさまる程度であれば、睡眠を十分にとればなおります。目薬を習慣づけることだけは避けた方がいいでしょう。

目薬を使う際には防腐剤の入っていない目薬を使うようにします。

洗眼は目の抵抗力を下げてしまう

眼にホコリが入ったり眼に痛みを感じたとき、すぐに洗眼することが最良の方法だと考えてはいませんか? これは大きな間違いです。

眼は常に「涙」という分泌物で保護されています。涙には防腐性や浄化作用があり、小さなゴミやホコリなどは即座に洗い流してくれます。
また、結膜炎などの疾患にも敏感に反応して、その症状を抑える働きもあるのです。多量の涙が出てくるのはそのためで、やたらに水で洗眼する必要などありません。それどころか洗眼しすぎると、大切な成分をも洗い流してしまい、眼に本来備わっているはずの抵抗力を弱めることになるのです。

よほど大きなゴミが入ったとき以外は、まずは静かに眼を閉じて涙を自然に出し、涙の働きを阻害しないようにしましょう。