マーガリン 危険性 マーガリンは食用プラスチック

マーガリン 危険性 マーガリンは食用プラスチックと認識すべきです。その マーガリン危険性 について紹介します。毎朝、マーガリンをパンにつけて食べている人もいるかもしれませんがとても危険です。

マーガリン 危険性

マーガリン 危険性

マーガリン 危険性

マーガリン はトランス脂肪酸を多く含む加工食品の代表です。欧米ではトランス脂肪酸の塊である日本のマーガリンの輸入を禁止しています。

その化学構造はプラスチックとほとんど差がありません。これは長期保存のために加工したものではなく、食べ物ではない物質に変化させでいるのです。

家庭や学校でパンにマーガリンをつけで食べていることは、極論すれば、プラスチックを食べていることと大差はないのです。そのマーガリンを自然界の生物が食べるでしょうか?

欧米諸国や学者たちの問では、マーガリンは有害な食品として認識されでいます。当然、マーガリンを材料に使った菓子パンやクッキー、ビスケット類もすべて有害とされています。マーガリンとバターを外に置いてアリがどんな反応をしたか、という実験があります。

この実験は本当に素人の実験で、専門の技術者がやるような実験ではなかった。それまで自分の店で売っていたのと同じマーガリンの塊を小さな皿にのせ、その皿を店の裏部屋の窓際に置いただけである。

マーガリンが本物の食べ物であるなら、虫や細菌がやってくるのに好都合な場所にあるこのごちそうに、大喜びしてむらがるに違いないと考えたからだ。バターの場合と同様に、ハエやアリやカビがマーガリンの上にもいっばいになるに違いない。

もしその通りになるならば、マーガリンが自然の仕組みに支配された、プラスチックとは違った立派な食べ物になることを示す状況証拠になるとえた。

そうなれば私は堂々とマーガリンを売ることができる。しかし、マーガリンの塊はやはりバターと違っていた。この塊は2 年経っても、もとのままであり続けているようだった。その間どんな虫もl匹としてその塊に近寄るのを日にすることはなかったし、

ひとかけらのカビも生えはしなかった。窓を通して入る日光の熟でマーガリンは半分溶けてくずれ、ほこりにまみれて汚くなった。しかし起こったことは、ただそれだけ。マーガリンの塊はけっしできれいになくなることもなく、ただ汚くてぞっとするものになっただけだった。実験はここで止めた

この異様な光景に「マーガリンは本当に食べ物ではなく 食べられる 形をしたプラスチック」なのだと結論づけています。これは1960年代の話です。虫が寄り付かず、カビさえ生えない奇妙な油・マーガリンは、一体どのように作られているのでしょうか

多くの医師や栄養士がいっているように、マーガリンは確かにサラダ油を原料にしています。サラダ油は常温では液体であり、体の中に入っても血液中をスムーズに移動することができます。

一方、牛脂やラードなどの動物性脂の主要成分は飽和脂肪酸で、融点が高く、常温では個体になります。

たとえば妙め物など高温での料理で溶かしても、体の中に入ってからしばらくすると再び固まりやすくなってしまいます。

なぜなら、人間の体温は牛や豚の体温よりも低いからです。たとえば、豚の角煮を常温まで冷ますと白い脂の塊が浮いてきますが、それと同じような現象が体の中で起こるのです。

これが「動物性脂を摂りすぎると血液がドロドロになる」などといわれる理由です。サラダ油を使ったマーガリンはなぜ常温でも固形なのでしょうか。本来ならば液状なのですが、「水素を添加」して固形化しているのです。そうすると、酸化しにくく保存がきくので、スーパーマーケットの棚に長く置くことができ、商業的にも利便性が高いのです。

マーガリン 危険 なのはトランス脂肪酸

マーガリンがバターよりカロリーが低いというのは間違いでないが、その差は少ない

バターでなくマーガリンを選ぶ人は、マーガリンのほうがカロリーが低いからという理由があります。しかし、それほどバターとマーガリンのカロリーは差がないのです。

バターといえば、気になるのはカロリー。 マーガリンの方が「植物性」の油なので、カロリーは低いのでしょうか? 実はバターとマーガリンのカロリーはほぼ同じで、100 g あたり約 700 kcal ほど。 100 g あたりに含まれる脂質も、バター、マーガリンはともに 80 ~85 g となっています。

バターも安全 安心なももを選びましょう。添加物が含まれない安心のバターを選びます。
原料は、生乳と塩のみ 雪印メグミルク 「 雪印北海道バター 」

コラム