洗眼は目の抵抗力を下げてしまう

眼にホコリが入ったり眼に痛みを感じたとき、すぐに洗眼することが最良の方法だと考えてはいませんか? これは大きな間違いです。

眼は常に「涙」という分泌物で保護されています。涙には防腐性や浄化作用があり、小さなゴミやホコリなどは即座に洗い流してくれます。
また、結膜炎などの疾患にも敏感に反応して、その症状を抑える働きもあるのです。多量の涙が出てくるのはそのためで、やたらに水で洗眼する必要などありません。それどころか洗眼しすぎると、大切な成分をも洗い流してしまい、眼に本来備わっているはずの抵抗力を弱めることになるのです。

よほど大きなゴミが入ったとき以外は、まずは静かに眼を閉じて涙を自然に出し、涙の働きを阻害しないようにしましょう。