コレステロールを下げる食品(しいたけ)

しいたけには、特有のエリタデニンという有効成分が含まれます。血中の悪玉コレステロール(LDL)を減らして善玉コレステロール(HDL)を増やす強力な作用があり有効です。
油、水どちらにもよく溶けるのが特徴で、さらに加熱にも強くどんな料理でも効率よく摂取できます。
しいたけは、コレステロール値を改善するためには毎日食べてたい食品です。

しいたけに豊富に含まれるナイアシンも大きな効果があります。ナイアシンはビタミンの一種で血液中の中性脂肪を減らすとともにVLDLというリポたんぱくの合成を抑える働きがあります。VLDLは、脂質とたんぱく質が結びついた物質でVLDLが増加すると、善玉のHDLが減少して悪玉のLDLが増加することになります。
ナイアシンによってVLDLが少なくなれば、HDLが増加してLDLが減少するという仕組みです。
ナイアシンは、コレステロールを血管壁に付着させたり、血栓をつくる働きを促す悪者です。

また、しいたけには、免疫力を高めるβグルカンも豊富でβグルカンは不溶性食物繊維でコレステロール値の低下という点からは、直接的な効果はありません。
が、便通を改善することで善玉菌を増やすので、不要物を排泄する働きを促進して、間接的にコレステロール値を低下させます。また、微量ではりますが、コレステロールを積極的に排泄する水溶性食物繊維やフィトステリンも含まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です