ブロッコリー」タグアーカイブ

コレステロールを下げる食品(ブロッコリー)

ビタミンCの含有量はトップクラスです。積極的に食べたい緑黄色野菜ですが、ビタミンCは赤ピーマンに次ぐ豊富さです。ピーマンと異なる点は、ゆでたり水にさらすとほとんどが失われてしまいます。
茹でて食べる場合には、茹でる時間を短時間ですます調理法がおすすめです。素揚げにしたり電子レンジで加熱するのがオススメです。加熱により失われるビタミンCをできるだけ避けながら調理することが大切です。
ブロッコリーには、ビタミンCだけでなくビタミンE、B1、B2、カロテンも豊富に含まれます。ビタミンCは、Eと並んで強力な抗酸化作用を持つビタミンでCには、コレステロール値を下げる効果もあります。Eには、善玉であるHDLコレステロールを増やし、悪玉のLDLコレステロールを抑制する働きがあります。

ビタミンB2には、コレステロールや中性脂肪などの脂質を代謝してエネルギーに変換する働きがあります。このため脂質の酸化を防ぐのみならず、すでに酸化されてしまった脂質である過酸化物質を分泌する役目も果たします。

ビタミン類以上の抗酸化作用があり、ケルセチン、発ガン物質を無毒化して排泄するスルフォラファンなどの成分が含まれています。亜鉛を含む各種ミネラル豊富なブロッコリーは、コレステロール値の高い人にオススメの食材です。