タウリン」タグアーカイブ

コレステロールを下げる食品(たこ)

たこは、いかかきなどに比べると含有量は劣るもののコレステロール値を下げる作用のあるタウリンが豊富に含まれています。タウリンは遊離アミノ酸の一種で肝臓のなかのコレステロールを分解して胆汁酸への合成へと促す作用があります。
胆汁酸は、小腸で再吸収されて肝臓へ戻るものもありますが、体外に排泄されるものもあります。この胆汁酸の排泄は、じつはコレステロールを体内から追い出すための唯一の機会でもあります。
大変に効果的なタウリンですが、水に溶けやすく調理の段階で損なわれやすいのですが、たこに含まれるタウリンには、ゆでたり煮たりしても比較的効率よく摂取できます。

また、タウリン以外にも脂質の酸化を防止したり、酸化されてしまった脂質を分解する働きがあります。
このタウリンを最も効果的に摂取するには、刺身や酢の物がベストです、。たこはあまり消化がよくないので胃腸の調子が優れないときには、火をとおして食べます。
現在、流通しているたこは、西アフリからの輸入です。凍結された状態で仕入れされ、下処理されてからゆでたのもが店頭に並びます。
国内産の明石のたこや香川のいいだこは有名です。

コレステロールを下げる食品(いか)

いかは、低カロリー、低脂肪、高タンパクと非常に優秀な食品です。ダイエットにも最適です。高血圧や糖尿病の食事療法では必ず登場する食品でもあります。
コレステロール値の改善にも大きな期待が寄せられる食品です。その理由のひとつが豊富に含まれるタウリンの働きによるものです。
タウリンは、たんぱく質をつくらない遊離アミノ酸の一種で体内のさまざまな部分に分布しし、影響を及ぼしますが、肝臓でのタウリンは、コレステロールから胆汁酸がつくられるための酵素の働きを活発にします。これによってコレステロールはどんどん消費されて胆汁酸となり、結果的にコレステロールを下げる効果を発揮することになるのです。

また、いかには甲殻類全般にみられる「ステロール」が豊富に含まれていることもわかっています。100g中のコレステロールが焼く300mgと全食品中でもかなりの数値を示すにもかかわらず、いかがコレステロール改善食品としてすすめられるのは、タウリンやステロールの強い低下作用によるところが大きいといえます。
いかはその食感から消化がよくないようにイメージされますが、本当のところは、消化のよい食品です。やわらかい歯ごたえとともに有効成分を効率よくとるなら、刺身や酢の物など、生食でいただくのがベストです。
タウリンもステロールも加熱によって溶け出してしまうので加熱するならさっと火を通す程度にしないと効果が薄れてしまいます。
こうした成分以外に、代表的な抗酸化ビタミンのひとつであるビタミンEや、中性脂肪を減らすナイアシン、脂質の代謝を促すパテントテン酸なども含まれており、コレステロール値の低下に大変効果的です。

コレステロールを下げる食品(かき)

少し前までは、貝類はコレステロール値が高い人は控えるよう指導されたきた食品です。最近になって正確なコレステロール値を測定できるようになって以来、かきはコレステロール値改善のために積極的に摂取する食品として推奨されるようになってきました。

かきには、コレステロール値の低下に役立つタウリンというアミノ酸が豊富に含まれていることがわかりました。タウリンには、胆汁酸の分泌を促す働きがあります。
胆汁酸は脂肪の消化吸収を助ける働きがあります。胆汁酸は脂肪の消化吸収を助ける消化液ですが、その原料はコレステロールです。
つまり、タウリンを吸収して胆汁酸の分泌を活発にすれば余分なコレステロールが胆汁酸生成に使われて消費されることになります。
しかも、脂肪の消化吸収という役目を終えた胆汁酸は、再利用されるものと排泄されるものとに分けられるのですがタウリンは排泄量のほうを増やす効果も発揮する優れた物質です。
このため、より一層コレステロール消費の機会を増やし、血中のコレステロール値を下げる作用に貢献するというわけです。
また、タウリンには交感神経の緊張に伴って分泌されるカテコールアミンというホルモンの働きを阻害する作用があります。カテコールアミンは、ストレスを受けたときなどに多く分泌し、血圧や脈拍を上昇させて高血圧を引き起こしますが、そうしたデメリットばかりではなく、コレステロールが血管に付着するのを促す働きもあります。
タウリンは、交感神経の緊張を抑えることにより、カテコールアミンによる悪い作用の上昇を抑えるよう作用します。

コレステロールを下げる食品(あじ)

あじのひらきなどは、日本人の食卓には馴染みの魚です。しつこすぎない脂がおいしく人気です。これは、うまみ成分のグルタミン酸やイノシン酸に加えて、魚油が豊富に含まれていることが理由です。この魚油には、DHAやIPAといた多価不飽和脂肪酸が豊富に含まれます。DHAやIPAは、過剰なLDLコレステロールを減らして善玉コレステロールのほうや増やす働きがあり、コレステロール値を正常に保つのに欠かせない成分です。
あじは、さばさんま、いわしなどに比べて口当たりがよいため、DHAやIPAの含有量は少な目です。しかし、余分なコレステロールを排泄する効果が高いタウリンについては、ほかの青魚を圧倒しています。タウリンは、特に血合いの部分に多く含まれ、さばやいわしなどと比べて血合いの部分も比較的、淡泊です。くせがなく食べやすいので常食することもできます。
ちなみにあじは生よりも干物のほうが栄養価が高く、定番の遠火の強火にします。
あじは分類すると、小あじ、中あじ、大あじに分類されますが、美味と言われるのは、主に小アジと中アジです。とくに小アジは身の質や手頃なサイズで刺身やたたきでおいしく食べることができます。
調理済みのあじを購入するよりも自分で食べる間際におろしたほうが脂質の酸化を抑えることができます。

コレステロールを下げる食品(さば)

ノルウェーの専門的な研究によれば、1日さばを一切れずつ毎日食べると、6週間ほどで血液中の脂質値(コレステロールや中性脂肪の値)が下がり血液をさらさらにする効果が確認されています。これは、コレステロール値の改善するDHAやIPAはさばをはじめとする青魚全般に含まれる、不飽和脂肪酸で善玉のHDLコレステロールを増やして悪玉のLDLコレステロールを減らす効果が確認されています。

まぐろはDHA、IPA共にトップレベルの含有量ですが、さばにも同様に豊富に含まれます。
まぐろとサバの価格差を比べればサバの方がパフォーマンスが高いともいえます。
また、さばの血合いには、タウリンが多く含まれますが良質なアミノ酸を摂取することが可能です。血合いは、少々、くせがありますが、缶詰などではそれほど気にならずに食べることが可能です。
また、さばに含まれるたんぱく質を構成するサバペプチドには抗酸化作用があり、酸化LDLを抑制する効果もあります。値段も安く、栄養満点のさばはコレステロール値の改善のためには、ぜひ活用したい食品です。