カロテン」タグアーカイブ

コレステロールを下げる食品(ほうれんそう)

カロテンの含有量ではトップクラスに入るほうれんそうです。一般的に緑黄色野菜には、コレステロールの酸化を防ぐカロテンが豊富に含まれていますが緑黄色野菜のキングの、ほうれんそうにもカロテンが豊富です。
善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らすビタミンCをはじめ、脂質の酸化を防ぐビタミンB2、動脈硬化に効果のあるビタミンB6なども多く含まれ、コレステロール値が高い人には役立つ成分が目白押しとなっています。
ほうれんそうは、100g程度摂取すれば十分な摂取量になりますが、ほうれんそうに含まれるカロテンもビタミンも水溶性のため、料理時に30%以上失われてしまいます。
水にさらす時間はできるだけ短時間にします。また、少し多めに摂取するといいでしょう。

ほうれんそうの緑色の色素には、眼病予防に役立つルテインという成分が豊富に含まれます。このルテインはカロテノイドの一種で抗酸化作用のあることが認められています。ほうれんそうには、独特の香り成分ピラジンが含まれています。ピラジンは血栓の生成を抑えるため血液の凝固を防ぎます。また、血行をスムーズにします。酸化されたLDLコレステロールは、血栓のの生成を促進するので動脈硬化予防にも積極的の摂取したい栄養素です。

ほうれんそうの葉緑素の効果も血液中の毒素を排泄したり、悪玉コレステロールの排泄作用があります。ほうれん草に含まれるたんぱく質にもコレステロール値の低下に役立つ成分が含まれます。

コレステロールを下げる食品(かぼちゃ)

かぼちゃの黄色い色素であるカロテンは、抗酸化作用があり、LDLの酸化も防ぐ栄養素があります。カロテンは、果肉に含まれるカロテノイドの一種です。
カロテンは、脂質の抗酸化作用が強力で活性酸素による悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化の進行を抑制します。かぼちゃに含まれるカロテンの含有量は、100g中、400μgです。100gというのは、ふたきれほどですからカロテンを摂取したいのであれば、かぼちゃは最適です。
また、かぼちゃにはビタミンEも豊富に含まれます。老化を防ぐビタミンとして「若返りのビタミン」などとも呼ばれ肌の老化や動脈硬化、がんといった加齢による症状の予防に効果を発揮します。こうした効果は、ビタミンEのもつ強力な抗酸化作用によるものです。

最近の報告では、ビタミンEは酸化LDLコレステロールから血管を保護する作用があり、LDLが血管壁に侵入するのを防ぐ効果があることがわかりました。
抗酸化作用と血管保護作用の相乗効果によりコレステロール対策をする人には是非おすすめの食材です。

カロテン、ビタミンEだけでなくビタミンCも豊富に含まれ、ビタミンCも抗酸化作用のある成分ですが、ビタミンCはビタミンEの抗酸化力を高める働きがあります。
カロテンは体内でビタミンAに変化するビタミンEとCの効果を持続させるため、3つの栄養をを一緒に摂取するとより効果的で、抗酸化力もアップします。カロテン、ビタミンE、Cと同時に摂取できるかぼちゃは理想の抗酸化食品なのです。
カロテンは、脂溶性のため油と一緒に摂取すると吸収力がアップします。ドレッシングなどを欠けて食べるといいでしょう。