高血圧」カテゴリーアーカイブ

薬物治療による血圧降下の意義

薬物治療の最終目標は、単に血圧を下げることではありません。高血圧症による脳、心臓、腎臓など、重要臓器の深刻な合併症を防ぐことになります。
半世紀前までは、高血圧症は治療をすべきではないとされていました。必須の高血圧と呼ばれていたのです。
つまり、腎硬化症のような病状では、腎臓が萎縮して動脈硬化が進んでいるため、血圧を下げると血流が低下し、病気を悪化させると信じられていたのです。しかし、最近では高血圧症は「一次性高血圧」と二次性高血圧症」に分類されています。

高血圧症のほとんど(9割程度)は一次性高血圧です。二次性高血圧の占める割合は、ごくわずかなのです。では、高血圧症は管理治療し、降圧すべきだ、という考え方の大逆転が起きたのはいつごろからなのでしょうか。

一次性高血圧の治療を受けている人では、治療されていない人にくらべて合併症の発症率が低下することが確認されたのは、1970年のことです。医学的かつ科学的に間違いのない証拠が示されたのです。

脳卒中、心筋梗塞、心不全などの発症例数は統計学的に差があり、利尿薬群ではよい結果が得られたのです。他方、ある街の住民を丸ごと長期間観察し、健康診断による調査も行われてきました。
有名なのは、米国ボストン市近郊で行われたフラミンガム試験です。この試験はすでに40 年以上、いまだ調査は続いています。
高血圧症についてみると、年齢補正をしたうえで、高血圧症の人は正常血圧の人にくらべて脳卒中、心臓発作、末梢動脈疾患、心不全などの合併症が数倍以上になることが示されています。わが国でも同様の調査が行われ、福岡市の近郊にある久山町の試験がよく知られています。
やはり、数十年の経過を追った調査結果をみると、安静時の血圧が130/85mmHG以下の人にくらべ、血圧値が高い人ほど脳卒中の頻度が上がることを示しました。

さらに多くの調査から明らかになったのは、高血圧症の血圧の高さばかりでなく、その他の危険因子の有無が合併症の発症に重要な意味をもつことです。このことからも薬物治療による合併症を抑える治療が重要ということです。

  • 高齢(65歳以上)
  • 喫煙習慣
  • 脂質の異常
  • 肥満
  • メタポリック症候群
  • 心臓血管病の遺伝
  • 内臓の臓器障害
  • 眼底に高血圧性網膜症の所見がある

日本高血圧学会の改訂されたガイドラインでは、血圧の高さとその他の危険因子を組み合わせて合併症のリスクを層別しています。
低リスク、中等リスク、高リスクの3段階に分けて薬剤を使った治療の必要性やその時期を判断する目安にしています。

高血圧の人が気を付ける「夜の生活」の注意点

「夜の生活」も、血圧を上げることが知られています。高血圧の人が豊かで健康的な「夜の生活」を送るためには、いくつかの注意点があります。まず、「夜の生活」で血圧はどの程度上がるのでしょうか。
各種の調査から、1回の「夜の生活」で最高血圧が30〜150mmHg、最低血圧が20~50mmHGも上昇させることがわかっています。ということは、ふだんの最高血圧が150〜200mmmHgなど、かなり重症の高血圧症の人の場合は、性行動で極端に血圧が上昇することも考えられます。むともと血圧の高い人が瞬間的にせよ、極端な血圧上昇を起こすのは大変危険です。血管の負担がいっきに増し、狭心症の発作や脳卒中などを誘発する恐れがあります。

「夜の生活」と血圧の関係は、家庭での「夜の生活」のあり方が多様なのに加え、個人差も大きいため、一概にこうすべきだとは断言できません。
ただ、「夜の生活」が短時間で心拍数を急激に上げ、血圧を上昇させることは確かです。最高血圧が200mmg以上、最低血圧が120mmHg以上などという人は、「夜の生活」は控えたほうがよいでしょう。

性的欲求は、食欲などと並ぶ人間の本能のひとつです。それだけに性の問題は、人生80年時代の高齢社会では避けて通れないどころか、QOL(生活の質)を左右する大きなテーマといえます。
そうしたことから、アメリカで開発された男性のED(勃起障害)の治療薬であるバイアグラが大きな注目を集めました。
最近では、日本でもかなり普及しているようです。バイアグラで注意すべきは、副作用による死亡事故があることです。特に注意が必要なのは、医師と相談したうえで使用するのではなく、インターネットなどでこの種の薬を入手して使用する場合です。高血圧の人でバイアグラの使用を望む場合は、医師と必ず相談して用いることが大切です。

性格、趣味、加齢なども血圧が上昇する原因に

生活習慣や食習慣以外にも性格も血圧に多いに関係します。短気で怒りつぼく、いつもイライラしているような人は、ちょっとしたことが大きなストレスになって心にたまってきますから、それだけで血圧も上昇しやすくなります。
温厚な性格であっても仕事などをしているときは、イライラしてしまう人もいてその時だけ急激に血圧が上昇してしまう人もいます。
会社の場合ですと、苦手な上司と関わると反射的に血圧が上昇する人もいます。

ある調査によると、ふだんは正常な血圧の人でも、口げんかや言い争いをすると、瞬間的に最高血圧が200mmgHGを超える、という結果が出ています。性格はなかなか直せませんが、イライラせず、怒らず、争わず、ゆったりした気持ちで生活するのが、血圧を上げないためにもよいようです。
よく100歳を超えるようなお年寄りが長寿の秘訣を尋ねられると「細かいことにくよくよせず、のんびり生活すること」と答えます。このあたりにも、性格と血圧の関係に大きく寄与していると思われます。
趣味や娯楽は、生活に潤いをもたらし、ストレスを解消してくれます。高血圧症を予防・治療するためにも、ぜひ活用したいものです。心身の緊張状態が続くと自律神経も不安定になり、これも血圧を上昇させる一因となります。
ただし、その内容や楽しみ方によっては、血圧を上昇させてしまうことがありますから、注意が必要です。代表例としては、ギャンブルやスポーツの勝敗に熱中することがあげられます。プロレスやサッカーなどを観戦中に、興奮して死亡したなどのニュースもあります。
男性の場合は、アダルトビデオやDVDなどによる性的興奮にも注意でが必要です。もちろん、こうした趣味や趣向は、ある程度気持ちを入れなければ成り立ちませんし、ストレス解消にもなりません。そのあたりはうまく折り合いをつけ、「熱く」なるのをほどほどにとどめましょう。

年齢とともに血圧が高くなることは、一般的です。最も大きな原因は、やはり動脈硬化です。加まっ齢とともに大動脈や手足など体の末端にある末梢神経が硬くなったり、細くなったりします。動脈硬化が進むと、血液が流れにくくなり、その結果として動脈庄が高まり、高血圧症となるのです。