動脈硬化」カテゴリーアーカイブ

動脈硬化の原因となる食事や生活習慣。動脈硬化が体に及ぼす影響などの情報

炎症を終わらせてくれる EPA DHA

炎症を終わらせてくれる EPA DHA についての情報です。動脈硬化の直接的なきっかけは、免疫細胞と酸化コレステロールの闘いという炎症反応です。

炎症を終わらせてくれる EPA DHA

炎症を終わらせてくれる EPA DHA

そして炎症が慢性的に続くことで、動脈硬化がさらに進行していきます。私たちの体の中にも、炎症を終わらせてくれる物質があることが分かってきました。その 1 つが、青魚に多く含まれることで有名な EPA ( エイコサペンタエン酸 ) と「 DHA ( ドコサヘキサエン酸 ) だったのです。

EPA については、炎症を抑える働きだけではなく、はかにも血管に良い作用を持っることがすでに分かっていました。体内に入った EPA は、血管の最も内側にあり、直接血液に触れている血管内皮細胞に取り込まれるのですが、EPAをとり込んだ血管内皮細胞は、さまざまな良い指令を出してくれます。

血圧の上昇を抑えて高血圧を予防したり、傷ついた血管の細胞の炎症を抑えて血栓ができないように働きかけたり、すでにできてしまった動脈硬化のコブを壊れにくい安定した状態にするように手助けしたりと、血管を健康な状態に導いてくれるのです。

こんな研究結果も出ています。1 万 8 千人強の高脂血症の方を対象に、日本で行われた大規模調査です。対象の方たちを 2 つのグループに分けて、一方のグループではコレステロールを下げる薬のみを服用してもらい、もう一方のグループでは同じ薬に加えて高濃度の EPA が入った薬も併用してもらったところ、コレステロールや中性脂肪の数値には明らかな違いはなかったにもかかわらず、EPA も一緒にとったグループのほうが心筋梗塞や狭心症、心臓突然死を起こした人の割合は低かったのです。

つまり、動脈硬化やその先に起こる心臓病を予防するには、コレステロール値や中性脂肪値をコントロールするだけではなく EPA を十分にとることが大事ということです。
血管のアンチエイジングには EPA が大事ということはよく言われている最近の常識です。

一方、DHA のほうは、脳の働きを良くするということで、認知症の予防・改善に効果があることは有名ですが、これまで「血管の健康にはあまり関係していないのでは」と考えられてきました。

ところが、最近になって、炎症を抑える働きが EPA 以上に強いことが分かってきて、注目されています。少し前まで、炎症がどうやっておさまっていくのかは、よく分かっていませんでした。蚊に刺されて赤く腫れ、かゆくてたまらなかった所も 1 日 2 日経てば、赤みもおさまり、かゆかったこともすっかり忘れていますね。

このように自然と治っている裏側では何が起こっているのか、ハッキリとは分かっていなかったのです。

ところが、最近の研究によって EPA と DHA が炎症を終わらせる物質(炎症終焉物質) を出していることが分かってきました。ですから EPA と DHA がリッチな状態をつくると、炎症が早く終わるようになります。「慢性的な血管の炎症」と言われる動脈硬化はもちろんのこと、皮膚の炎症である肌荒れにだって効果大です。

  • EPA と DHA には、炎症を終わらせる働きがある
  • EPA には、高血圧や血栓の予防、血管のコブを安定させる作用もある

魚の油に多く含まれる EPA や DHA が脂肪の代謝をよくして脂肪肝を予防してくれる

腸内フローラ 口内フローラも炎症を引き起こす

腸内フローラ 口内フローラも炎症を引き起こす ことについてです。炎症と言えば、「腸のコンディションが悪いと、腸は血管に恩を仇で返す」という内容を紹介しましたが、腸内フローラのバランスが崩れると、腸のバリア機能が低下して、腸内細菌が作りだした有害物質や生きた腸内細菌が、血管に入り込んでしまうということです。

腸内フローラ 口内フローラも炎症を引き起こす

腸内フローラ 口内フローラも炎症を引き起こす

生きた細菌や有害物質が血流に乗って全身をかけめぐれば、どうなるでしょう?当然、全身の血管では、免疫細胞たちがざわつきます。「怪しいヤツがいるぞ!」と、免疫細胞たちが集まってきて攻撃をしかけようとするでしょう。

つまり、腸内フローラのバランスが悪いと、全身の血管で炎症が起こりやすくなるのです。ここでも、腸と血管が深く関わっていたのです。

ところで、血管の炎症を起こす菌は腸内細菌だけではありません。口腔内の細菌も関わっていることが分かっています。ロの中には、腸内はど多くはありませんが、それでも 300 ~ 700 種類もの口内細菌がいると言われています。

歯をよく磨いている人でも 1000 ~ 2000 億個の口内細菌が存在し、ほとんど歯を磨かない人の口の中には 1 兆個もの細菌が住みついています。

そして、口内細菌にも、腸内細菌と同じように善玉菌と悪玉菌がいて、口の中で善玉と悪玉の脚いが繰り広げられています。

悪玉菌の代表格と言えば、虫歯や歯周病の原因となる菌ですが、なかでも全身の血管との関わりが深いのが歯周病菌です。
歯周病菌は、毒素を生んで歯ぐきを腫らしたり、歯の周りの骨を溶かしたりするだけではなく、歯肉から血管の中に入り込んで、血流に乗って流れ者いた先で炎症を起こすのです。動脈硬化のコブから歯周病菌が見つかったことから、歯周病が動脈硬化の要因の 1 つになることが分かったのですが、さらに歯周病があると心臓病や脳卒中が増えることまで明らかになっています。

また、当たり前ですが、口から腸まではつながっています。口から食べたものが食道や胃を通って腸に届くように、口の中の細菌たちも、飲み込んでしまうと消化管に入っていき、腸にも届きます。

歯周病を引き起こす口内細菌は複数種類ありますが、その代表格である「ジンジバリス菌」が腸に届くと、腸内フローラのバランスが崩れ、腸のバリア機能が低下することも分かってきました。

何度もくり返しますが、腸のバリア機能が低下すれば、腸内細菌が作りだした有害物質が血管の中に入り込んで、全身の血管の炎症につながります。っまり、歯周病菌は、直接血管に入り込んで血管の炎症を引き起こすこともあれば、腸内フローラを経由して血管の炎症を引き起こすこともあるのです。

そして、血管事故を引き起こす要因になることも。腸内フローラも口内フローラも、悪玉菌を増やしてはいけないということです。

腸内フローラ 最新研究

動脈硬化 「炎症がずっと続いている状態」

動脈硬化 「 炎症がずっと続いている状態 」 です。簡単望口ってしまえば、動脈硬化は、血管内皮細胞が傷つけられたのをきっかけに、免疫細胞たちと酸化コレステロールの闘いが繰り広げられることが、動脈硬化を引き起こすとも言えます。
免疫細胞が敵と闘う「炎症」が、結果的に動脈硬化の原因になっているのです。

動脈硬化 「炎症がずっと続いている状態」

動脈硬化 「炎症がずっと続いている状態」

炎症について補足です「炎症が起きている」とか「炎症が落ち着くまで」とか、炎症という言言葉はふつうに使われていますが、よくよくその意味を考えると、分かるようで分からない言葉ではないでしょうか。

「 炎症 = 腫れや痛み 」といった表面に表れる症状のことだと思っている人もいるかもしれませんが、そうではありません。炎症というのは、体が何らかの有害な刺激を受けたときに、それを取り除こうとする防御反応のことです。その際、腫れや痛み、熱、発赤などを伴うのです。

たとえば、ケガをしたときには傷口から細菌などが入ってきてしまうので、それを取り除こうと炎症が起こります。それが、傷口が熱をもったり腫れたり痛んだりする原因です。

また、蚊に刺されると赤く腫れるのも、刺されたときに蚊の唾液が入ってきたことへの免のど疫反応による炎症です。風邪で喉が腫れたり、熱が出たりするのも、ウィルスと免疫細胞の闘いで起こる炎症です。

動脈硬化 に話を戻すと、ケガや蚊、あるいは風邪のウィルスなどの「一時的なもの」とは違って、血管には「たえず」血液が流れていますよね。そのため高血圧や高血糖、高コレステロールなどがあると、血管の内皮細胞が傷つけられて、くすぶるような炎症がたえず起きている状態になるのです。

そのため、最近では、「動脈硬化とは血管の慢性的な炎症状態である」と考えられています。動脈硬化のベースには「血管の炎症」があるということです。そのため、「いかに炎症を抑えるか」が大事なのです。

酸化ストレスが動脈硬化を進行させる