動脈硬化」カテゴリーアーカイブ

炎症を終わらせてくれるEPA、DHA

動脈硬化の直接的なきっかけは、免疫細胞と酸化コレステロールの闘いという炎症反応です。

そして炎症が慢性的に続くことで、動脈硬化がさらに進行していきます。私たちの生活でも、なかなかケンカが終わらないこともあります。そんなときに、うまく間を取り持ってくれる人がいると、当事者同士ではどうにも終わりそうになかったケンカがピタッとおさまることがあります。

そんな風に、私たちの体の中にも、炎症を終わらせてくれる物質があることが分かってきました。その1つが、青魚に多く含まれることで有名な「EPA(エイコサペンタエン酸)と「DHA(ドコサヘキサエン酸)だったのです。

EPAについては、炎症を抑える働きだけではなく、はかにも血管に良い作用を持っることがすでに分かっていました。体内に入ったEPAは、血管の最も内側にあり、直接血液に触れている血管内皮細胞に取り込まれるのですが、EPAをとり込んだ血管内皮細胞は、さまざまな良い指令を出してくれます。

血圧の上昇を抑えて高血圧を予防したり、傷ついた血管の細胞の炎症を抑えて血栓ができないように働きかけたり、すでにできてしまった動脈硬化のコブを壊れにくい安定した状態にするように手助けしたりと、血管を健康な状態に導いてくれるのです。

こんな研究結果も出ています。1万8千人強の高脂血症の方を対象に、日本で行われた大規模調査です。対象の方たちを2つのグループに分けて、一方のグループではコレステロールを下げる薬のみを服用してもらい、もう一方のグループでは同じ薬に加えて高濃度のEPAが入った薬も併用してもらったところ、コレステロールや中性脂肪の数値には明らかな違いはなかったにもかかわらず、EPAも一緒にとったグループのほうが心筋梗塞や狭心症、心臓突然死を起こした人の割合は低かったのです。

つまり、動脈硬化やその先に起こる心臓病を予防するには、コレステロール値や中性脂肪値をコントロールするだけではなく、EPAを十分にとることが大事ということです。
血管のアンチエイジングにはEPA が大事ということはよく言われている最近の常識です。

一方、DHAのほうは、脳の働きを良くするということで、認知症の予防・改善に効果があることは有名ですが、これまで「血管の健康にはあまり関係していないのでは」と考えられてきました。

ところが、最近になって、炎症を抑える働きがEPA以上に強いことが分かってきて、注目されています。少し前まで、炎症がどうやっておさまっていくのかは、よく分かっていませんでした。蚊に刺されて赤く腫れ、かゆくてたまらなかった所も、1日、2日経てば、赤みもおさまり、かゆかったこともすっかり忘れていますね。

このように自然と治っている裏側では何が起こっているのか、ハッキリとは分かっていなかったのです。

ところが、最近の研究によって、EPAとDHA が炎症を終わらせる物質(炎症終焉物質) を出していることが分かってきました。ですから、EPA とDHAがリッチな状態をつくると、炎症が早く終わるようになります。「慢性的な血管の炎症」と言われる動脈硬化はもちろんのこと、皮膚の炎症である肌荒れにだって効果大です。

  • EPAとDHAには、炎症を終わらせる働きがある
  • EPAには、高血圧や血栓の予防、血管のコブを安定させる作用もある

腸内フローラ、口内フローラも炎症を引き起こす

炎症と言えば、「腸のコンディションが悪いと、腸は血管に恩を仇で返す」という内容を紹介しましたが、腸内フローラのバランスが崩れると、腸のバリア機能が低下して、腸内細菌が作りだした有害物質や生きた腸内細菌が、血管に入り込んでしまうということです。

イメージしてみましょう。生きた細菌や有害物質が血流に乗って全身をかけめぐれば、どうなるでしょう?

当然、全身の血管では、免疫細胞たちがざわつきます。「怪しいヤツがいるぞ!」と、免疫細胞たちが集まってきて攻撃をしかけようとするでしょう。
つまり、腸内フローラのバランスが悪いと、全身の血管で炎症が起こりやすくなるのです。ここでも、腸と血管が深く関わっていたのです。

ところで、血管の炎症を起こす菌は腸内細菌だけではありません。口腔内の細菌も関わっていることが分かっています。ロの中には、腸内はど多くはありませんが、それでも300~700種類もの口内細菌がいると言われています。

歯をよく磨いている人でも1000~2000億個の口内細菌が存在し、ほとんど歯を磨かない人の口の中には1兆個もの細菌が住みついています。

そして、口内細菌にも、腸内細菌と同じように善玉菌と悪玉菌がいて、口の中で善玉と悪玉の脚いが繰り広げられています。

悪玉菌の代表格と言えば、虫歯や歯周病の原因となる菌ですが、なかでも全身の血管との関わりが深いのが歯周病菌です。
歯周病菌は、毒素を生んで歯ぐきを腫らしたり、歯の周りの骨を溶かしたりするだけではなく、歯肉から血管の中に入り込んで、血流に乗って流れ者いた先で炎症を起こすのです。動脈硬化のコブから歯周病菌が見つかったことから、歯周病が動脈硬化の要因の1つになることが分かったのですが、さらに歯周病があると心臓病や脳卒中が増えることまで明らかになっています。
歯周病は歯への影響だけではない!全身への影響が!なた豆が効く(歯周病のリスク、初期症状、予防方法など)

また、当たり前ですが、口から腸まではつながっています。口から食べたものが食道や胃を通って腸に届くように、口の中の細菌たちも、飲み込んでしまうと消化管に入っていき、腸にも届きます。

歯周病を引き起こす口内細菌は複数種類ありますが、その代表格である「ジンジバリス菌」が腸に届くと、腸内フローラのバランスが崩れ、腸のバリア機能が低下することも分かってきました。

何度もくり返しますが、腸のバリア機能が低下すれば、腸内細菌が作りだした有害物質が血管の中に入り込んで、全身の血管の炎症につながります。っまり、歯周病菌は、直接血管に入り込んで血管の炎症を引き起こすこともあれば、腸内フローラを経由して血管の炎症を引き起こすこともあるのです。

そして、血管事故を引き起こす要因になることも。腸内フローラも口内フローラも、悪玉菌を増やしてはいけないということです。

動脈硬化は「炎症がずっと続いている状態」

簡単望口ってしまえば、動脈硬化は、血管内皮細胞が傷つけられたのをきっかけに、免疫細胞たちと酸化コレステロールの闘いが繰り広げられることが、動脈硬化を引き起こすとも言えます。
免疫細胞が敵と闘う「炎症」が、結果的に動脈硬化の原因になっているのです。

炎症について補足です「炎症が起きている」とか「炎症が落ち着くまで」とか、炎症という言言葉はふつうに使われていますが、よくよくその意味を考えると、分かるようで分からない言葉ではないでしょうか。

「炎症=腫れや痛み」といった表面に表れる症状のことだと思っている人もいるかもしれませんが、そうではありません。炎症というのは、体が何らかの有害な刺激を受けたときに、それを取り除こうとする防御反応のことです。その際、腫れや痛み、熱、発赤などを伴うのです。

たとえば、ケガをしたときには傷口から細菌などが入ってきてしまうので、それを取り除こうと炎症が起こります。それが、傷口が熱をもったり腫れたり痛んだりする原因です。

また、蚊に刺されると赤く腫れるのも、刺されたときに蚊の唾液が入ってきたことへの免のど疫反応による炎症です。風邪で喉が腫れたり、熱が出たりするのも、ウィルスと免疫細胞の闘いで起こる炎症です。

動脈硬化に話を戻すと、ケガや蚊、あるいは風邪のウイルスなどの「一時的なもの」とは違って、血管には「たえず」血液が流れていますよね。そのため高血圧や高血糖、高コレステロールなどがあると、血管の内皮細胞が傷つけられて、くすぶるような炎症がたえず起きている状態になるのです。

そのため、最近では、「動脈硬化とは血管の慢性的な炎症状態である」と考えられています。動脈硬化のベースには「血管の炎症」があるということです。そのため、「いかに炎症を抑えるか」が大事なのです。

動脈硬化はこうして起こる

命や生活を脅かす血管事故のベースには必ず動脈硬化があるわけですが、そもそも動脈硬化はどうやって起こるのでしょうか。

動脈硬化は、血管の内側が傷つくことからはじまります。血管のいちばん内側の壁には「血管内皮細胞」という紳胞がびっしりとシート状に並んで、血液や血管の機能をコントロールしています。腸では「上皮細胞」がびっしりと並んで腸管を守るバリア機能を果たしていたのと同じように、血管は内皮細胞が守ってくれているのです。

ただ、いちばん内側で直に血流と接しているだけに、傷つけられやすくもあります。順を追って、動脈硬化が起こる流れを説明しましょう。

1.血管内皮細胞が傷ついて、白血球が集まる
高血圧や高血糖、脂質代謝異常などで血管のいちばん内側の内皮細胞が傷つけられるとその傷ついた部分に「単球」という白血球(免疫細胞) の一種がくっつき、内皮紳胞のすきまから血管壁の内側に入ってきます。
2.異物が侵入する
内皮細胞が傷つけられると、血管のバリア機能が弱まって、血管内に異物が入り込みやすくなってしまいます。そこで入ってくるのが、血液中に余っていた「LDLコレステロール」です。血管壁の内側に入り込んできたLDLコレステロールは活性酸素によって酸化され、「酸化コレステロール」になります。
免疫細胞が集まってくる
LDLコレステロールが酸化コレステロールになると、体に備わった免疫システムが「異物だ!」と判断して攻撃を開始します。その際、処理をするのが先ほどの「単球」から分化した「マクロファージ」です。マクロファージは、病原菌などを自らの体内に取り込んで殺し、体を守ってくれています。そのマクロファージが酸化コレステロールを次々と食べていきます。
満腹になった免疫細胞が蓄積してコプになる
次々と酸化コレステロールを体内に取り込んで満腹になったマクロファージは、「泡沫細胞」という、油の詰まった泡状の細胞に変わります。そしてやがてパンクし、脂肪のかたまりとなって、血管壁の内部に蓄積してしまうのです。これが、血管のコブの正体です。そうやって血管の内側にできたコブのことを「プラーク」と呼びます。プラークが大きくなるにつれて、血管の内腔は狭くなり、血管の壁が硬くなっていきます。こうして、動脈硬化ができあがるのです。

ところで、腸に発生するガンも、内側の膜の変化からはじまります。そして、管の内側にコブができるのも同じです。
血管の内側にできたコブは「プラーク」と呼びますが、腸の内側にできたコブは「ポリープ」と呼びます。血管と腸という「菅つながり」の2つは、できる病気もよく似ているのです。

さて、血管にできたコブが成長して大きくなれば血流を障害してしまうので、それはそれで良くないのですが、実際に血管が詰まるタイプの血管事故の原因となりやすいのは、じつはそれはど大きくはないコブなのです。

できたての動脈硬化のコブは、コブの中身がまだやわらかく、コブを覆っている膜もどく薄いので、崩れやすくなっています。何かのきっかけでコブが崩れると、そこに血小板が集まって血液の流れを止めてしまったり、あるいは集まった血小板の一部が「血栓」という血液の固まりをつくって、血流に乗ってどこかへ流れてしまうことがあります。

血流に乗って漂う血栓が、血管が細くなったところに引っかかると、血液の流れを止めてしまいかねません。それが心臓の血管だったら心筋梗塞を、脳の血管だったら脳梗塞を引き起こしてしまうというわけです。できたてのコブは不安定で、とても危険だということです。

ただし、時間が経てば安定するのかと言うと、それは私たちの心がけ次第です。血管に良くない生活を続けていれば、コブの表面はずっとブヨブヨとしたまま、いつ壊れてもおかしくないような状態が続きます。コブができたということは、「悪い習慣を変えてね! 」という血管からの切実なメッセージなのです。

血管の若返り法はこちらです。

腸内環境がよくても血管がつまったらアウト

100歳以上長生きしている人のことを「百寿者」と呼びますが、中国で高齢者の食事内容と腸内フローラを調べたところ、百寿者は、食物繊維をよくとっていて、食物繊維を分解する能力を持っている種類の腸内細菌が多かったのです。

そんな話を聞くと、「とにかく食物繊維をたくさん摂って、腸内フローラのバランスを整えればいいのね」と思われそうですが、そんなに単純ではありません。

たしかに食物繊維も腸も大事。でも、どんなに腸内環境に気を遣っていても、血管が切れたり詰まったら元も子もありません。たった1度の血管事故が命取りになります。

心臓に血流を送る冠動脈が詰まる「急性心筋梗塞」を起こしたら、およそ2割の人が亡くなります。脳の血管が詰まる「脳梗塞」の死亡率は1~2割程度。およそ2割の人が亡くなります。

脳を覆うくも膜の下で出血する「くも膜下出血」を起こすと、3人に1人が亡くなっています。日本人の死因を見ても、がんに次いで多いのが、「心臓病」です。

そして、「脳卒中(脳出血+脳梗塞)」も4番目に多い。心臓病と脳卒中という代表的な「血管病」で亡くなる人は、毎年30万人を超えています。

また、命を取り留めても、元通りに元気になるとは限りません。特に脳梗塞やくも膜下出血、脳出血など、脳の血管が切れたり詰まったりした場合、手足のまひや言語障害など、後遺症が残ることが多いのです。

血管が切れたり詰まったりすると、命や生活が脅かされます。ですから、腸をケアするだけではなく、血管を老化させないこと、つまり動脈硬化を防ぐことが大事になってくるのです( といっても、腸のコンディションが悪いと動脈硬化も起こりやすくなるので、どちらも大事なのですが)。