フコイダンの健康パワー」カテゴリーアーカイブ

糖尿病と低分子モズクエキスフコイダン

糖尿病は、合併症を発症する患者が増えている現代人の国民病

糖尿病患者も予備軍も含めて急増している国民病として定着してしまった糖尿病ですが、糖の代謝を調節しているインスリンの作用が不足して、慢性的に高血糖の状態を示す代謝疾患です。糖尿病についてはこちら

インスリンは膵臓で産生・分泌され、細胞・組織などのインスリン受容体と結びついて、ブドウ糖を細胞内に取り込む働きをしています。糖尿病は膵臓がウイルスなど何らかの原因で障害を受け、インスリンの産生・分泌が低下し供給が不足して起こるⅠ型糖尿病と、インスリンは産生・分泌されているのですが、それが働きにくい状態になるⅡ型糖尿病があります。

糖尿病で大きな問題は合併症で、動脈に障害が起こることで糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、神経障害、壊痕、さらには心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。網膜症では失明、腎症では人工透析になる患者さんが多く、壊痕では下肢を切断しなければならない患者さんが毎年増えています。

動脈硬化を防ぎ血糖値を下げる低分子モズクエキスフコイダン

フコイダンやフコイダン様硫酸化多糖体の血清胆質清澄化作用に関しては、ヘパリン・ヘパラン硫酸ととても似た活性をもっていて、静脈注射をすると、血清脂質分解促進作用があることが明らかにされています。

またフコイダンを経口投与したときには、コレステロール低減作用があることが報告されています。しかし、これらはラットなどの動物を対象とした実験研究です。

フコイダン様多糖体およびこれらの低分子化硫酸化糖の経口投与によって、血清脂質がどのように変化するかの実験研究を行いました。
その結果、この試料を摂取した群はいずれも、血清トリアシルグリセライド値が有意に低下したのです。その低減割合は、無摂取の糖尿病ラットに比べて、約50%でした。またHDLコレステロールは正常ラットの値にまで回復し、コレステロールの低下作用はありませんでした。
血糖値は無摂取の糖尿病ラットに比べて19から23%低下しました。フコイダンそのものにはインスリン様の作用は認められていないことから、トリアシルグリセライド億の改善に付随する効果が考えられると報告されています。

ヒト臨床試験でも血糖値、血圧を下げることが明らかに

人でも同じように実験を行いました。結果は、人の場合も血清トリアシルグリセライド値は、フコイダンの投与前に比べて約31%低下していて、ラットの実験と同様に血糖値も減少させる傾向がありました。
拡張期/収縮期の血圧はいずれも約20%低下しました。これは、血清トリアシルグリセライドの低下とフコイダンの抗血液凝固作用によるものと考えられると報告しています。

ガンと低分子モズクエキスフコイタン

自律神経の不安定さから免疫抑制がガンを発症させる

誰でもそうですが、特に中年期以降には、体のどこかに毎日のようにガン細胞が発生しています。その数は2000個とも3000個ともいわれ、多い人では6000個くらいも発生しているという説もあります。
ガン細胞はダイオキシンなどの化学物質、排気ガス、紫外線、放射線、食品添加物、ウィルス、煙草などの発ガン物質を摂り続ける生活習慣と、その人の遺伝的素因とによって発生し増殖すると考えられています。し
かし、人にはそれに対抗する機能があります。それが免疫です。

ガン細胞が生まれても、それを発見したマクロファージ、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)、キラーT細胞などのリンパ球がすぐに破壊するので、ガンの発症から免れることができるのです。ところが働きすぎ、心の悩み、消炎鎮痛剤の長期使用など、強く長いストレスにさらされることで、自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが乱れて交感神経優位の状態になり、顆粒球が増加し、リンパ球が減少してガンに対する免疫が強く抑制されることも明らかになっています。

現代医学でのガンの3大療法は両刃の剣

現代西洋医学でこれまで行われているガンの治療方法は

  1. 外科療法(手術)
  2. 放射線療法
  3. 化学療法(抗ガン剤・ホルモン剤)

の3つが選択されます。

外科療法は手術でガンの病巣を切除する方法です。手術法も進化し早期ガンやガンが発症した部位、種類によってはとても有効な方法です。
たとえば早期胃ガンなどは高い確率で治癒が期待できます。しかし、進行ガンでは、ガンの病巣をすべて切除できない、目に見えない微小なガンが残されるなどもあります。リンパ管、血管を介してガン細胞が転移している可能性もあり、再発の問題も出てきます。

放射線療法はⅩ線、ガンマ線、重粒子線、陽子線などの放射線をガンに照射し、ガンの分裂能力をそぎ取ったり、アポトーシスさせる方法です。これも技術が進歩して、期、Ⅱ期の咽頭ガンや舌ガン、子宮頚ガンなどに有効とされています。副作用では食欲不振、疲労、白血球の減少や頭痛、腹痛、下痢、嘔吐、脱毛などの症状も出ます。
化学療法は抗ガン剤やホルモン剤などの薬剤を投与してガンをたたくものです。急性白血病、悪性リンパ腫などには有効で完治も期待できますし、乳ガンや骨髄腫などに対しては進行を遅らせる働きもあります。抗ガン剤の副作用には白血球の減少、血小板の減少、発熱、嘔吐、貧血などがあります。
これらの療法はガン細胞をたたくことはできますが、患者自身のガンに対する免疫力をも落としてしまいます。まさに両刃の剣なのです。

ガン細胞だけを死滅させるフコイダン

フコイダンが正常細胞にはほとんど影響を与えずガン細胞だけを自滅させる作用があるという研究の成果が発表され、大きな注目を集めました。
その後、多くの実験、研究が積み重ねられました。そのなかで、シャーレで培養したガン細胞にフコイダンを加えて経過を観察する経過の中で、フコイダンを加えると封時間後には、ほとんどのガン細胞がアポトーシス(細胞の自殺)を起こして消滅する。とが報告されました。

さらに興味深いことに、抹消の血液中のNK細胞、IL-2誘導性NK細胞の割合が増加したことです。NK細胞はガン細胞を見つけるやいなや攻撃して殺す重要な免疫細胞です。

  • ガン細胞にアポトーシスを誘導させる作用
  • ガン細胞増殖抑制作用
  • NK細胞活性化

ここで、もう1つ重要なことがあります。それはこの実験が経口摂取で行われたということです。注射などで投与するのではなく、飲むことでこれらの抗腫瘍作用が発揮されたわけですから、期待は大変に大きいといえるのです。

ぬるぬる成分に秘められた効能、効果

モズクき海藻が自らを守るためのぬるぬる成

フコイダンは、私たちの健康に良いその作用が学会発表などでつぎつぎに明らかにされるなかで、多くのマスコミにも取りあげられ、「海からの贈り物」として大きな注目を集めるようになつた健康成分です。

それにともない、ガンをはじめとする生活習慣病に対する代替医療の大き産の1つとして、フコイダンを実際に臨床の現場で使用して良い成績を上げている医師たちも増えています。
それでは、このフコイダンとは一体どのよう富のなのでしょうか。フコィダンは、海藻であるモズクやコンプ、ワカメ、ヒジキなどの海藻の表面を覆っているヌルヌル成分に含まれている硫酸化多糖体の1種です。これらの海藻の粘膜管から分泌され、早い潮の流れや砂などで傷ついたときに細菌類の進入を防いだり、引き潮で海面に露出したときに、乾燥から自分を守るために働いています。

生理機能を発揮するのは、硫酸基の結合

化学的に見るとフコイダンはフコース、キシロース、ガラクトース、ウロン酸などの硫酸基で構成されています。構成する糖にフコースだけを持つものをフコイダン、フコース以外の糖を含むものをフコイダン棟多糖体と称しています。

近年、フコイダンが注目されるにつれて、市場にはさまざまなフコイダンが登場し、抽出原料による病理作用の違いなどを喧伝している例が多く見られます。しかしこのような傾向に対して、「このような学術的な研究は存在していません。フコイダンによる優劣や効果の違いがあるとすれば、それは製法と純度です。

それは褐藻類のなかでフコイダンの含有量がもっとも多いのがモズクであり、均質で純度の高いフコイダンが抽出できるという利点があるからです。

モズクはコンプに比べると、5~8倍ものフコイダンを含有しています。さらにモズクは、ビタミンやミネラルなど海水に含まれる栄養成分を十分に吸収して成長するので、この点でも大変有用なのです。

しかし、問題も1つあります。それはモズクが成長する海が重金属や放射性物質、化学物質で汚染されていると、モズクもそれらを吸収し、濃縮してしまうことです。モズクなど海藻にはそのような性質があるのです。そこで、着目されたのがトンガ王国産のモズクです。
トンガ王国の海は日本近海と違って、重金属や放射性物質、化学物質などに汚染されていません。そして豊かな日光に恵まれています。ですから、そこで育つ天然モズクは、重金属や放射性物質、化学物質などの不純物を含まず、各種ビタミンやミネラルを豊富に含んでいるのです。
モズクは沖縄で養殖に成功したことで、生産量が増えています。しかし、世界的にみると希少な海藻です。

トンガのモズクから生まれた低分子モズクエキスフコイダンは純度が高く、安全である

フコイダンが健康に良い働きをすることは、良く知られるようになりました。それなら、おおもとの「モズクを食べればいいのでは」と考える方もいることでしょう。確かに、効果はありますが、生のモズクに含まれているフコイダンは0.8%くらいです。ですから健康や病気の予防、治療のためにモズクを食べることでフコイダンを摂取しようとすると、大変な量を食べなければなりません。

さらにたとえモズクを大量に食べたとしても、人間はモズクなど海藻を消化するための酵素を持っていないため、フコイダンはほとんど体内に吸収されません。ですから、健康食品の形で摂取することがポイントになります。

現在、このトンガ王国産天然モズクを用いて、独自の抽出法で純度の高いフコイダンを抽出・生成が行われるようになっています。この方法によって、硫酸基の結合量を13% 以上を安定して保ち、85% 以上という高純度で安全性の高いフコイダンの抽出が可能になっています。

フコイダンの機能を十分に発揮させることができるようになったのです。海水に近いぜ宋件のもとで、マイルドな抽出を行うことによって、抽出の工程で遊離しやすいフコイダンの硫酸基の結合量13% 以上を保証していることが大きな特徴です。それが低分子モズクエキスフコイダンなのです。

低分子モズクエキスフコイダンは代替医療

西洋医学は、過去100年の歴史のなかで、著しく進化し、感染症などの病気に対しては素晴らしい力を発揮するようになりました。しかし、一方で、ガン、脳血管障害、心疾患、糖尿病、アレルギー、自己免疫疾患など、細菌などの病原性微生物が原因ではない疾患は増え続けています。

毎年、ガンで30万人以上の人が亡くなり、脳血管障害と心疾患を合わせると同じく30万人以上の人が亡くなっています。その克服のために、現代西洋医学は必死の努力を続けていますが、一向にこれらの疾患は減りません。「どうやら、現代西洋医学だけでは限界がある」多くの患者さんがこのことに気づき、たとえば多くのガン患者が現代西洋医学だけではなく、なんらかの代替医療も取り入れるようになっています。

一方、自らの経験から現代西洋医学以外の医学を治療に取り入れる医師も増ええ、「代替医療」「相補医療」、「統合医療」を模索するようになってきました。
そのようななかで、自分の健康を自分で守るという意識も高まり、多くの健康食品も注目され、取り入れる人が年々増大しています。しかし健康食品はさまざまで、根拠に乏しいものや中国製ダイエット食品のように重大な副作用を引き起こして問題となったものなど安全性に乏しいものも混在しています。そのようななかで、きちっとした研究が積み重ねられて、その有用な作用が明らかになってきたものもあります。その代表的な存在が低分子モズクエキスフコイダンなのです。