コラム」カテゴリーアーカイブ

薬用植物アロエの成分が100%の無添加の原液「完熟アロエまるごと純しぼり」 賢い 医者の選び方 医者との接し方 など。

マーガリン 危険性 マーガリンは食用プラスチック

マーガリン 危険性 マーガリンは食用プラスチックと認識すべきです。その マーガリン危険性 について紹介します。毎朝、マーガリンをパンにつけて食べている人もいるかもしれませんがとても危険です。

マーガリン 危険性

マーガリン 危険性

マーガリン 危険性

マーガリン はトランス脂肪酸を多く含む加工食品の代表です。欧米ではトランス脂肪酸の塊である日本のマーガリンの輸入を禁止しています。

その化学構造はプラスチックとほとんど差がありません。これは長期保存のために加工したものではなく、食べ物ではない物質に変化させでいるのです。

家庭や学校でパンにマーガリンをつけで食べていることは、極論すれば、プラスチックを食べていることと大差はないのです。そのマーガリンを自然界の生物が食べるでしょうか?

欧米諸国や学者たちの問では、マーガリンは有害な食品として認識されでいます。当然、マーガリンを材料に使った菓子パンやクッキー、ビスケット類もすべて有害とされています。マーガリンとバターを外に置いてアリがどんな反応をしたか、という実験があります。

この実験は本当に素人の実験で、専門の技術者がやるような実験ではなかった。それまで自分の店で売っていたのと同じマーガリンの塊を小さな皿にのせ、その皿を店の裏部屋の窓際に置いただけである。

マーガリンが本物の食べ物であるなら、虫や細菌がやってくるのに好都合な場所にあるこのごちそうに、大喜びしてむらがるに違いないと考えたからだ。バターの場合と同様に、ハエやアリやカビがマーガリンの上にもいっばいになるに違いない。

もしその通りになるならば、マーガリンが自然の仕組みに支配された、プラスチックとは違った立派な食べ物になることを示す状況証拠になるとえた。

そうなれば私は堂々とマーガリンを売ることができる。しかし、マーガリンの塊はやはりバターと違っていた。この塊は2 年経っても、もとのままであり続けているようだった。その間どんな虫もl匹としてその塊に近寄るのを日にすることはなかったし、

ひとかけらのカビも生えはしなかった。窓を通して入る日光の熟でマーガリンは半分溶けてくずれ、ほこりにまみれて汚くなった。しかし起こったことは、ただそれだけ。マーガリンの塊はけっしできれいになくなることもなく、ただ汚くてぞっとするものになっただけだった。実験はここで止めた

この異様な光景に「マーガリンは本当に食べ物ではなく 食べられる 形をしたプラスチック」なのだと結論づけています。これは1960年代の話です。虫が寄り付かず、カビさえ生えない奇妙な油・マーガリンは、一体どのように作られているのでしょうか

多くの医師や栄養士がいっているように、マーガリンは確かにサラダ油を原料にしています。サラダ油は常温では液体であり、体の中に入っても血液中をスムーズに移動することができます。

一方、牛脂やラードなどの動物性脂の主要成分は飽和脂肪酸で、融点が高く、常温では個体になります。

たとえば妙め物など高温での料理で溶かしても、体の中に入ってからしばらくすると再び固まりやすくなってしまいます。

なぜなら、人間の体温は牛や豚の体温よりも低いからです。たとえば、豚の角煮を常温まで冷ますと白い脂の塊が浮いてきますが、それと同じような現象が体の中で起こるのです。

これが「動物性脂を摂りすぎると血液がドロドロになる」などといわれる理由です。サラダ油を使ったマーガリンはなぜ常温でも固形なのでしょうか。本来ならば液状なのですが、「水素を添加」して固形化しているのです。そうすると、酸化しにくく保存がきくので、スーパーマーケットの棚に長く置くことができ、商業的にも利便性が高いのです。

マーガリン 危険 なのはトランス脂肪酸

マーガリンがバターよりカロリーが低いというのは間違いでないが、その差は少ない

バターでなくマーガリンを選ぶ人は、マーガリンのほうがカロリーが低いからという理由があります。しかし、それほどバターとマーガリンのカロリーは差がないのです。

バターといえば、気になるのはカロリー。 マーガリンの方が「植物性」の油なので、カロリーは低いのでしょうか? 実はバターとマーガリンのカロリーはほぼ同じで、100 g あたり約 700 kcal ほど。 100 g あたりに含まれる脂質も、バター、マーガリンはともに 80 ~85 g となっています。

バターも安全 安心なももを選びましょう。添加物が含まれない安心のバターを選びます。
原料は、生乳と塩のみ 雪印メグミルク 「 雪印北海道バター 」

コラム

 

耳鳴り 原因 ヘルペス ウィルスの場合もある

耳鳴り 原因 ヘルペス ウィルスの場合もあります。耳鳴り 原因 が不明で耳鳴りが改善しない人の中にヘルペス ウィルスの場合もあるのです。

耳鳴り 原因 ヘルペス ウィルス

耳鳴り 原因 ヘルペス ウィルス

耳鳴り 原因 ヘルペス ウィルス

もし、あなたが耳鳴りのほかに、耳痛や頭痛、口内炎をくり返す体質の持ち主であるならば、その耳鳴りはヘルペスウイルスが関与しているのかもしれません。

「ヘルペス」とは、水ぶくれが集まった状態を指します。原因は、ヘルペスウィルスの「再活性化」です。

再活性化とは、体内でおとなしくしていた病原体が、炎症など、何かのひょうしに元気になって、悪さを始めることです。

それによって、さまざまな不快な症状が体に現れることになります。ヘルペスウィルスは、1 3 0 以上の種類を持つ大きなウィルス科であり、そのうちの8種が人に感染します。

ウィルスの種類によって、現れる症状は異なります。代表的なものを紹介しましょう。「単純ヘルペスウイルスⅠ型」は、口唇の水泡や口内炎を起こします。

「口唇ヘルペス」とも呼ばれます。「単純ヘルペスウイルス2型」は、性器やその周辺の下半身に、水泡やかゆみを生じさせます。「性器ヘルペス」が一般名です。

皆さんがよく知っているのは、「水痘・帯状癌疹ウィルス」でしょう。小児の感染症とされる水ぼうそう(水痘) も、ヘルペスウィルスの一種が起こすものです。

一度感染したヘルペスウィルスは、生涯にわたって体内で生き続けます。彼らの好む棲息場所は、人の神経細胞です。ふだんはそこでおとなしくしているのですが、免疫機能が落ちているときを狙って再活性化します。

免疫とは、病気を防いだり、治したりする体内のメカニズムのことです。その力が弱っているとき、ヘルペスウィルスは元気に活動を始めます。例えば帯状癌疹は、水痘・帯状癌疹ウイルスが再活性化して生じる病気です。

これを発症すると、体の片側に強い痛みを伴う帯状の赤疹や水ぶくれが生じます。なお、ヘルペス族のなかで最も強い感染力を持つのは、サイトメガロウイルスです。

感染時には無症状なのですが、再活性化すると難聴になりやすくなることがわかっています。特に気をつけなければいけないのは、妊娠中の女性です。妊娠中に感染すると、赤ちゃんが難聴になることがあるとわかっています。

以上のようなヘルペスウィルスの感染は、だれにとっても人ごとではありません。「口唇ヘルペス」は日本人の 70 〜80 % 、「性器ヘルペス」は2 〜10 % 、サイトメガロウイルスは40〜60 % 、水痘・帯状疱疹ウイルスに至ってはほとんどの人が感染しています。

日本人のほぼ全員が有している、ごくありふれたウィルスなのです。こうしたヘルペスウィルスが 耳鳴り 原因 になるのは、耳の神経に棲みつくことがあるためです。

聴神経や、内耳などで再活性化すれば、耳鳴りやめまい、難聴を起こす原因になります。また、脳の神経細胞に感染することもあります。日本人の8 % が持っている、慢性頭痛の1つである「片頭痛」も、ヘルペスウイルスの関与が考えられます。

片頭痛は、脳の血管が過度に広がって炎症を起こすことで生じるとされていますが、それにヘルペスウィルスがかかわっている可能性が高いのです。

なお、ヘルペスウィルスは顔面神経マヒも起こします。これは、顔の筋肉が自由に動かなくなる症状で、初期では、片方の目の周りがピクピクする、顔が自由に動かない、口に入れた水がこぼれる、笑うと顔がゆがむ、うまく話せない、目を閉じにくいなどの症状が見られます。こうした症状を伴う場合にも、ヘルペスウィルスの関与が疑われます。

コラム

リアルメイト 「 ハチの子800+(プラス) 」使った使用感 ( 耳鳴りに効果 )

 

 

アロエ

薬用植物アロエの成分が100%の無添加の原液「完熟アロエまるごと純しぼり」

3種類のアロエの違い

アロエは原産地がアフリカとされるユリ科の植物で、世界中には100種類以上も存在するといわれています。そのなかでも多く見られるのが、キダチアロエ、アロエベラ、ケープアロエの3種類です。この3種類のアロエはどれも肉厚の葉にトゲがあり、葉の内部が半透明のゼリーで満たされています。

日本でも栽培されていますが、一番多く栽培されているのは寒さに強くて苦味が多いキダチアロエで、薬効が高いことから医者いらずとも言われる品種です。
キダチアロエよりも葉肉部分が厚く、苦味が少ないのがアロエベラ。ヨーグルトなどのアロエ入りの食品に入っているのは、このアロエベラの葉肉が使われています。
もうひとつのケープアロエは、昔からヨーロッパや日本でも下剤として利用されてきました。

アロエの葉肉

アロエの代表的な効能、効果は胃腸機能向上と便秘解消

アロエの1日の目標摂取量は、成人で15グラムで、これを1日に3回に分けて摂取します。つまり、1回に5グラム程度になります。アロエの有効成分は加熱しても壊されないので、例えば煎じて飲んだとしても効果が落ちることはありません。

どの種類のアロエも、主成分はアントラキノン配糖体のアロインとエモジン、サリチル酸です。
また、半透明をしたゼリー状の部分には、多糖類のグルコマンナンやアセマンナンが含まれています。アロエがもつ抗菌作用、抗炎症作用は、こういった部分の効果です。
生のアロエを口にしたことがある人は少ないかもしれませんが、噛むと独特の苦味があります。この苦味は、アロインとエモジンによるものです。これが胃壁を刺激することで胃液の分泌が盛んになって、アロエを少量摂取しただけで食欲が増進します。ですから、食欲不振、胃が重かったりムカついたりする、食後の胃もたれといった症状があるときには少量のアロエを摂るとよいのです。

アロインが腸のぜん動運動を促進させる
アロイン自体には下剤としての効果はありませんが、アロインは腸に届くと腸内細菌の働きによって活性型に変化します。この活性型アロインが、腸の粘膜を刺激し、蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進させ、緩やかな下剤として働くので、アロエの摂取で便通が良くなるのは事実です。
ただ、塩素イオンやカリウムイオンが一緒に排泄されるため、長期間に渡ってアロエを摂取し続けるとカリウムが不足する恐れもあります。

主成分:
  • アロイン
  • エモジン
  • サリチル酸
  • グルコマンナン
  • アセマンナン
効能:
  • 胃腸機能向上
  • 便秘解消
  • 食欲増進
  • 止血
  • 抗炎症作用
副作用:
  • 吐き気、嘔吐
注意:
  • 長期に渡り使用するとカリウム不足になる恐れがある。
  • 吸入麻酔薬『セボフルラン』との併用に注意が必要になる。

カットしたアロエ

無添加の原液「完熟アロエまるごと純しぼり」の紹介

アロエの効能のひとつに便秘解消があるといいました。便秘で悩んでいる人は、薬を服用するよりまず食事や運動で治せたほうがよいでしょう。ですから、アロエの摂取をおすすめしたいのです。

例えば生のアロエを育て、自分で育てた新鮮なものを摂取するのも楽しみのひとつになるかもしれませんが、なかなか手間がかかることや取り扱いを考えると少しハードルが高くなると思います。そこで、新鮮でありながら安心安全なアロエエキスを摂りたい人におすすめなのがアロエ本舗の「完熟アロエまるごと純しぼり」です。

鹿児島県指宿市の農園で、無農薬で3年かけて栽培されたアロエの搾り汁のみ。水一滴さえ加えられていない、混ぜものなしの生ジュースです。
新鮮な養分がぎっしり詰まったキダチアロエを収穫した日に新鮮な皮ごとミキサーにかけた100%の搾り汁です。徹底して無添加・純度100%にこだわり、昔ながらの製法で手間を惜しまずに、一瓶に約2キログラムのアロエを一滴の水も加えずにエキスにして製品化されています。

アロエ本舗の「完熟アロエまるごと純しぼり」は純度100%無添加の原液(ジュース)

まるごと純しぼりは完全100%の原液のため、飲み過ぎると便がゆるくなる可能性があります。専用カップに1日1杯の飲用が適量ですが、便秘が改善しない場合は増量、下痢をしてしまう場合は減量するといいでしょう。