脂肪肝、肝炎、肝硬変を追放するのは「強肝草エキス」

急増する脂肪肝はアルコールを飲まない人でもなり肝臓ガンの原因になると判明

脂肪肝とは、肝臓(主として肝細胞)に多量の脂肪が蓄積する病気です。脂肪肝について詳しくはこちら。

脂肪肝の多くの原因は、一般的に肥満とアルコールです。現代人に多い、食べすぎとアルコールの飲みすぎは肝臓での中性脂肪の合成を促します。しかし、その一方で、やせすぎてたんばく質が不足しても脂肪肝になることが知られています。肥満体の人だけでなくやせの人にも最近は病気の原因が潜んでいることが明らかになってきました。

脂肪肝はこれまで、注意が必要ではあるけれども、生命には別状のないものと考えられてきました。しかし近年の研究で、脂肪肝の一部は肝炎・肝硬変・肝臓ガンを招くこともある、危険な病気であることが判明したのです。
脂肪肝から肝炎・肝硬変・肝臓ガンへと進行するしくみは次のとおりです。全身の細胞のひとつひとつには、トコンドリアという器官があり、細胞が生きていくために必要なエネルギーを作り出すという、とても重要な働きをしています。
当然、肝細胞のにもミトコンドリアが存在していますが、脂肪肝になって肝細胞に脂肪がたまると、ミトコンドリアは中性脂肪を減らすために燃焼させようとします。このときに活性酸素が発生します。この活性酸素によってミトコンドリアそのものが傷つくとともに、中性脂肪が有害な過酸化脂質に変わります。

過酸化脂質によっても、ミトコンドリアは傷つけられるのです。こうして肝細胞にあるミトコンドリアが傷つけられると肝炎が起こります。肝炎をくり返していると肝臓の線維化が進みます。線維化とは、肝臓の細胞と細胞の問にコラーゲンというたんばく質の一種が蓄積していく現象で、線維化が進行すると肝硬変を起こします。また、活性酸素は肝細胞のDNAを傷つけて肝臓ガンの原因にもなります。このように肝炎・肝硬変・肝臓ガンへと進行する脂肪肝はNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)と呼ばれ、脂肪肝の1割が占めています。痩せている人でも危険性があることを知っておきましょう。

脂肪肝・肝炎には強肝草エキスが最適で高い肝機能値を下げて進行を抑える

脂肪肝になったら、食べすぎや飲みすぎをやめて、適度な運動を続けて脂肪を燃焼させることが大切です。もし脂肪肝から肝炎への進行が心配なときに、活躍が期待されているのが強肝草エキスです。強肝草エキスは、垂盆草という薬草の有効成分を凝縮したものです。
強肝草エキスの原料である垂盆草は、ベンケイソウ科キリンソウ属の多年草で、中国では古くから肝臓病を改善する漢方薬として重宝されてきました。肝臓は薬物を代謝・無毒化する臓器のため、肝機能が低下すると薬が効きすぎたり、通常は毒性がないはずの薬物に強い副作用が生じたりするおそれがあります。こうした重要な臓器である肝臓を対象にした薬物や健康食品を使用するときには、慎重さが必要とされます。その点、垂盆草は中国の大学や病院で正式に肝臓病の治療に用いられて、すでに30年以上の実績がある生薬であり、安全に使用できることは確認ずみです。
中国では肝臓病を改善する垂盆草の薬効が注目され、国家的規模でその研究が行われてきましたが、特に肝臓病との関連では次のような効果が確認されています。

  • 短期間でALT(GPT)を著しく下げる。1~ヶ月で70~90% の確率で大幅に下げる。
  • 軽いむかつきがごくまれに起こることがある程度で、副作用はほとんどない。
  • インターフェロンや抗ウィルス薬と併用しても安全性に問題はない。病院との治療が併用できる点は大きな安心です。

中国内の多くの研究機閑が参加して大規模な臨床試験などが進められ、これらの結果が得られましたが、こうした効果は垂盆草の成分中に豊富に含まれているサルメントシンという配糖体(糖が結合した化合物)が肝臓の炎症を強力に抑え、傷害を受けた肝細胞の修復を促進するためであると報告されています。

脂肪肝や肝炎が心配な人はまず病院で診察を受けることが重要です。もしも治療や生活習慣の改善が思うようにいかない場合は、強肝草エキスなら安全に使用することができます。強肝草エキスは、肝炎患者の会でも使われており、高い効果が確認されているのです。

B型・C型肝炎、脂肪肝が急増中、防ぐには強肝草エキス「肝宝垂盆草」で肝細胞の強化と糖・脂肪の節食

脂肪肝、肝炎、肝硬変を追放するのは「強肝草エキス」」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 脂肪肝で上昇したγ-GTPなどの肝機能が一糖質制限食で気に低下 | 実際に試してみた効果(レビュー)

  2. ピンバック: 肝臓の薬 | 薬の選び方

コメントは停止中です。