安眠にはベッドと布団どちらが向くか?

ベッドと布団ではどちらが快適に眠れるのでしょうか?若い人は圧倒的に「ベッド」、年輩の方は、「布団」と答えるのが一般的ではないでしょうか?

お年寄りは、ベッドで寝る習慣がないため、旅行の時だけベッドで寝ようとしてもなかなかな眠ることができません。
もともとお年寄りでもベッドで寝ている習慣の人であれば、ベッドのほうがよく眠れるでしょう。

結局、ベッドか?布団か?という問いは、その人の習慣に影響します。ベッドでも布団でも共通していることで「軟らかすぎる布団はダメ」だということです。適当なかたさの布団を選ぶことが重要です。これは、枕でも同じです。

いまひとつ安眠できない人であれば、布団やベッドマットを毎日、日に干し、寝巻きやシーツを毎日、交換するといいでしょう。
人間は誰でも一晩にコップ一杯の汗をかきます。布団やシーツ、寝巻きの日光浴と取り替えが体にとってはとても大切です。
寝巻きは、通気性がよく汗を吸いやすい「棉」製品を選ぶといいでしょう。
サイズは、多少ゆとりがあるものを選ぶといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です