寝室の明るさを一定に保つ – 快眠のための生活習慣

人間が眠りに入るためには3つの条件があります。それは

  • 明るさ
  • 温度

です。
このうち、静かで温度も適切なのにどうも明るさの具合が悪く眠れない。ということがあります。部屋の明るさは、眠りと深い関係があります。
一般的に理想的な照度は、20ルクスといいますが、結局はその人の習慣が深く関係しています。普段、真っ暗な寝室で眠っている人の場合は、少しの光が射し込んだだけで眠りにくくなります。「眠れない」という不快感が、ストレスとなり不眠に拍車をかけてしまう場合もあります。
寝室に照明をつけている人は真っ暗だとかえって眠れなくなります。このように照明は、その人の生活習慣に大きく依存します。
どちらがいいとか悪いというわけではなく慣れや習慣によるものです。

自分が快適だと思う照明を寝室に置くことで快眠の助けになります。
無段階の調光機能がついた照明なら自分の好きな明るさに設定できるのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です