コレステロールを下げる食品(さば)

ノルウェーの専門的な研究によれば、1日さばを一切れずつ毎日食べると、6週間ほどで血液中の脂質値(コレステロールや中性脂肪の値)が下がり血液をさらさらにする効果が確認されています。これは、コレステロール値の改善するDHAやIPAはさばをはじめとする青魚全般に含まれる、不飽和脂肪酸で善玉のHDLコレステロールを増やして悪玉のLDLコレステロールを減らす効果が確認されています。

まぐろはDHA、IPA共にトップレベルの含有量ですが、さばにも同様に豊富に含まれます。
まぐろとサバの価格差を比べればサバの方がパフォーマンスが高いともいえます。
また、さばの血合いには、タウリンが多く含まれますが良質なアミノ酸を摂取することが可能です。血合いは、少々、くせがありますが、缶詰などではそれほど気にならずに食べることが可能です。
また、さばに含まれるたんぱく質を構成するサバペプチドには抗酸化作用があり、酸化LDLを抑制する効果もあります。値段も安く、栄養満点のさばはコレステロール値の改善のためには、ぜひ活用したい食品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です