肌に出るガン症状

肌にあらわれるガンのサイン

医師にガンを告知され、最初に何かの間違いではないか?と思うのがほとんどの人の最初の感想です。特に体調も悪くないし、ガンといわれてもすぐにピンとこないのです。がん細胞は多くの場合、10年~20年という年月をかけて成長します。正常な細胞ががん細胞に変異していく過程のどこかで、その流れにストップをかけられれば、がんを発症する確率が低下するのです。
最初にちょっとおかしいかな?という症状を感じるのは皮膚に出る症状です。まさかこの症状がガンによるものだと感じる人はほとんどいません。
最初のガンのサインを見逃さないようにすることがとても大切です。

そしてガン治療において何よりも重要なのは、「早期発見、早期治療」これは、変わりません。普段の生活の中で
早期発見のために 自覚症状で安易に判断せずに、定期的な検査でがんを早期発見する15項目を心得ましょう。