フコイダン」タグアーカイブ

アレルギー フコイダン でおさえる 膠原病の症状も

アレルギー フコイダン でおさえる 膠原病の症状もフコイダンで抑制ができます。

アレルギー フコイダン でおさえる 低分子モズクエキスフコイダンは IgE とヒスタミン遊離を抑える

アレルギー フコイダン でおさえる 膠原病の症状も

アレルギー フコイダン でおさえる 膠原病の症状も

花粉症、喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患は、IgE(免疫グロブリンE)によって引き起こされると考えられています。IgEが大量につ作られることで花粉やホコリ、ダニの死骸など、本来は無害なものを抗原と見なして過敏に反応するようになることから発症するのです。

最近の免疫学の研究から、免疫系の2型ヘルパーT細胞(Th2細胞)が異常に反応し、インターロイキンという物質を出してB細胞に指令することでIgEが過剰に産生されることがわかってきました。

フコイダンの免疫系に対する研究では、フコイダンがインターロイキン2と特異的に結びつき、T細胞の活性を抑制することからT細胞に依存しているB細胞の増殖や分化を抑制することが整冒れています。

つまり、B細胞の増殖や分化が抑制されれば、IgE が過剰に作られることはなくなるというわけです。フコイダンとアレルギーの関係では、フコイダンやフコイダン棟多糖体が、IgE抗体やヒスタミン遊離に及ぼす影響の研究が行われています。

膠原病(自己免疫疾患)は、それを根本的に治療することはなかなか困難な疾患です。通常はステロイドホルモンや免疫抑制剤を投与して症状を抑える治療法がとられています。
しかし、一時的に症状を抑えることはできても、それによる完治はいまのところ望めないというのが現状です。

膠原病はⅠ型ヘルパーT細胞(Thl)の反応の異常から起こると、最近の免疫学では考えられるようになってきました。ヘルパーT細胞にはThlとTh2があり、そのバランスが崩れることから起こると考えられているのです。

ThlとTh2は、NKT細胞(ナチュラルキラーT細胞) によってバランスが整えられています。そしてNKT細胞の働きは、樹状細胞によって支えられています。

ThlとTh2のバランスを、その人本来の正しいバランスになるようにすれば、治癒に導けると考えて、現代西洋医学だけに頼らない治療方法を模索している臨床医も増えはじめています。いま、低分子モズクエキスフコイダンによって、膠原病が改善する例が報告されるようになっています。そのメカニズムの解明に期待がかかります。

フコイダン 効能 効果

現在、明らかにされているフコイダンの生理作用の研究成果には以下のようなものがあります。

  • 抗腫瘍・抗がん作用
  • 抗血液固作用
  • 血清脂質改善作用
  • 中性脂肪低下作用
  • 抗アレルギー作用
  • 抗炎症作用
  • 免疫バランスを整える
  • 抗ピロキン・抗腫瘍・胃不快感改善作用
  • 育毛作用
  • 保湿作用

フコイダンの健康パワー

ガンにも負けないフコイダンのパワーと効能

コレステロールを下げる食品(こんぶ・わかめ)

こんぶやわかめなどの海草類には、コレステロール値の改善に役立つ様々な成分が含まれます。大きな効果を発揮するのが、海藻多糖類と呼ばれる水溶性食物繊維のアルギン酸とフコイダンです。これらの成分は、海藻類特有のぬめりを生み出している物質で炎天下にさらされても簡単に干からびないよう、海藻の表面を保護する役割を果たしています。
いずれもコレステロール値を低下させる作用がありますが、その働きは異なります。
アルギン酸は、果物に含まれるペクチンや、やまいも、さといものぬめり成分であるムチンと同じく、コレステロールを吸着して体外に排出する働きをもっています。
また、コレステロールを材料につくられる胆汁酸を積極的に排泄するため、体内での胆汁酸の生成を促してコレステロールの消費を増やす働きもします。
これに対し、フコイダンは、コレステロールを運搬するリポたんぱくの分解を促進することによって悪玉コレステロールを減らす働きをするほか、血液を固まらせる酵素の働きを妨げることによって血栓を防止、コレステロールの沈着を予防します。
フコイダンはアルギン酸よりもあとになって発見されましたが、がんの予防に効果を発揮することから注目を集めています。
他にもβカロテンやタウリン、IPAなどのコレステロール値低下に欠かせない物質も含まれています。海藻は毎日食べたい食材です。
血中コレステロールを減らす昆布の成分はこちら。