正しい食習慣 チェック

ひと昔前と違い、今の日本人の食事スタイルは多様化して、家でご飯を手作りする人も減っています。ここでは、あなたの食習慣の常識度をチェックしてみましょう。

フルーツは糖分が多いので、食べる量を控えたほうがいい

フルーツは酵素ガたっぶり含まれ、ショ糖とは違う「果糖」や「ブドウ糖」が甘みの素です。これらの糖分は」艮質で、最良のエネルギー源になってくれます。量を控える必要はなく、毎食フルーツを摂るくらいのほうが、体にはいいのです。

朝食は、ファイトケミカルたっぷりの果物がいい

風邪のひきはじめには精がつくものを食べる

体調が悪いときは、油っこいものやたんぱく質を控えて寝るのがいちばんです。物性タンパク質を多く摂らないほうが回復が早くなります。消化にエネルギーを費やすと、体内の酵素が減って、病気を治す「代謝酵素」の活動が活発にできなくなるからです。

完全なる消化が、疲れた体をすぐに復活させる

食欲がなくても、健康のために朝ごはんをたっぷり食べる

よく健康的な生活の目標として「早寝早起き朝ごはん」が推奨されています。しかし酵素栄養学の立場からすると、朝から加熱食をたっぷり食べる食事スタイルは、体内の酵素を無駄づかいする原因になってしまうのでおすすめできません。

何時に食事を摂れば、酵素は浪費しないのか

野菜ジュースを飲んでも、生野菜の代わりにはならない

生野菜を食べられないときに、野菜ジュースで栄養補給しようとする人も多いようです。しかし残念ながら市販の野菜ジュースには、生きた酵素はまったく含まれていません。ビタミンやミネラルは摂取できますが、食物繊維の量も少ないため、生野菜と同じだけの健康への効果は期待できません。

「生きた酵素」をたっぷり摂る食生活とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です