ガンと低分子モズクエキスフコイタン

自律神経の不安定さから免疫抑制がガンを発症させる

誰でもそうですが、特に中年期以降には、体のどこかに毎日のようにガン細胞が発生しています。その数は2000個とも3000個ともいわれ、多い人では6000個くらいも発生しているという説もあります。
ガン細胞はダイオキシンなどの化学物質、排気ガス、紫外線、放射線、食品添加物、ウィルス、煙草などの発ガン物質を摂り続ける生活習慣と、その人の遺伝的素因とによって発生し増殖すると考えられています。し
かし、人にはそれに対抗する機能があります。それが免疫です。

ガン細胞が生まれても、それを発見したマクロファージ、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)、キラーT細胞などのリンパ球がすぐに破壊するので、ガンの発症から免れることができるのです。ところが働きすぎ、心の悩み、消炎鎮痛剤の長期使用など、強く長いストレスにさらされることで、自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが乱れて交感神経優位の状態になり、顆粒球が増加し、リンパ球が減少してガンに対する免疫が強く抑制されることも明らかになっています。

現代医学でのガンの3大療法は両刃の剣

現代西洋医学でこれまで行われているガンの治療方法は

  1. 外科療法(手術)
  2. 放射線療法
  3. 化学療法(抗ガン剤・ホルモン剤)

の3つが選択されます。

外科療法は手術でガンの病巣を切除する方法です。手術法も進化し早期ガンやガンが発症した部位、種類によってはとても有効な方法です。
たとえば早期胃ガンなどは高い確率で治癒が期待できます。しかし、進行ガンでは、ガンの病巣をすべて切除できない、目に見えない微小なガンが残されるなどもあります。リンパ管、血管を介してガン細胞が転移している可能性もあり、再発の問題も出てきます。

放射線療法はⅩ線、ガンマ線、重粒子線、陽子線などの放射線をガンに照射し、ガンの分裂能力をそぎ取ったり、アポトーシスさせる方法です。これも技術が進歩して、期、Ⅱ期の咽頭ガンや舌ガン、子宮頚ガンなどに有効とされています。副作用では食欲不振、疲労、白血球の減少や頭痛、腹痛、下痢、嘔吐、脱毛などの症状も出ます。
化学療法は抗ガン剤やホルモン剤などの薬剤を投与してガンをたたくものです。急性白血病、悪性リンパ腫などには有効で完治も期待できますし、乳ガンや骨髄腫などに対しては進行を遅らせる働きもあります。抗ガン剤の副作用には白血球の減少、血小板の減少、発熱、嘔吐、貧血などがあります。
これらの療法はガン細胞をたたくことはできますが、患者自身のガンに対する免疫力をも落としてしまいます。まさに両刃の剣なのです。

ガン細胞だけを死滅させるフコイダン

フコイダンが正常細胞にはほとんど影響を与えずガン細胞だけを自滅させる作用があるという研究の成果が発表され、大きな注目を集めました。
その後、多くの実験、研究が積み重ねられました。そのなかで、シャーレで培養したガン細胞にフコイダンを加えて経過を観察する経過の中で、フコイダンを加えると封時間後には、ほとんどのガン細胞がアポトーシス(細胞の自殺)を起こして消滅する。とが報告されました。

さらに興味深いことに、抹消の血液中のNK細胞、IL-2誘導性NK細胞の割合が増加したことです。NK細胞はガン細胞を見つけるやいなや攻撃して殺す重要な免疫細胞です。

  • ガン細胞にアポトーシスを誘導させる作用
  • ガン細胞増殖抑制作用
  • NK細胞活性化

ここで、もう1つ重要なことがあります。それはこの実験が経口摂取で行われたということです。注射などで投与するのではなく、飲むことでこれらの抗腫瘍作用が発揮されたわけですから、期待は大変に大きいといえるのです。