視点反復運動なら毎日効果を感じることができる

眼は常に視点の移動をおこなっています。それは正常な眼の機能で、無意識のうちに正しくおこなわれているものです。そのため、物を見るとき、ただ1 点だけを見つめていると、ひどく疲れてしまいます。

視点はできるだけ、絶えず移動させるように心掛けてください。それによって、眼は適度な訓練をしていることになりますから、視力回復にも大いに役立ちます。

はげしく視点を移動しても、日常生活の中でとくに邪魔になることはありません。リラックスして実行してみてください。簡単で手軽な方法を紹介しましょう。もしメガネをかけていたり、コンタクトレンズをつけているのなら、まずそれを外してください。そしてどんなジャンルの物でもいいですから、本を手にしてください。

まずは、そこにかかれている1つの文字を見ます。裸眼で見るのですから、多少ぼんやりしていても大丈夫です。次に、その文字から数えて3 つ日の文字を見ましょう。そしてもう1度はじめの文字に視線を移動します。これをゆっくり繰り返していくと、はじめは、ぼんやりとしか見えなかった2つの文字が、次第にはっきりと見えるようになってきます。

この反復運動をするときには、体の力も眼の力も抜いて、リラックスした状態でおこないます。視力の度合いにもよりますが、毎日繰り返していけば、日が経つにつれてほかの物もはっきりと見えるようになってきます。日課の中に加えて習慣づけてください。