眼を強く開閉することで筋肉が鍛えられる

ふだん何気なくおこなっているマバタキには大切な役割があります。1 つは、眼球の表面を涙によって適度な潤いを与えること。そして開閉運動することによって、眼の筋肉を鍛えることです。眠が疲れているとき、あるいは眩しい物を見たとき、マバタキの回数が増えるのはそのためです。

インドの神秘といわれる「ヨガ」の中でもマバタキの効用が取り入れられています。眼を強く開けたり閉じたりすることで、眼の筋肉だけでなく体全体の緊張を和らげることに一役買っているのです。

ヨガの修行者の中には、誰1人としてメガネを使用していないという事実がそれを裏付けています。逆にいうと、体も心もリラックスして、楽にマバタキできる状態が正常であるということです。