頭痛の対処法

タイプに合った対処方法でなければ効果はない

頭が痛くなったとき、薬を飲んだり手当てをしても、なぜか痛みが治まらないことはありませんか?それは対処法がまちがっているからです。いままでやってきた対処法をもう一度、しっかり見直してみましよう。

前触れや予兆がる場合

「頭痛サイン」という言葉があるように、頭痛のタイプのなかには、前ぶれや予兆があるものもあります。
片頭痛がその最たるものです。
群発頭痛は前ぶれもありますが、それよりも重要なのは頭痛が起こる時期を予測できることです。これも一種の頭痛サインとして活用できます。
前ぶれや予感は自分で実感できます。こうした頭痛サインを利用することが、先手必勝のコツなのです。頭痛は痛くなる前に手を打つ。これはどの頭痛のタイプにもいえることです。ベストタイミングを逃さないことが第一の対処法です。痛みがピークになってしまうと人間の体は痛みを抑えにくいこともありこの頭痛サインを逃さないことは大切です。

温める?冷やす?もみほぐす?安静にする?

頭痛といえば、頭を冷やす。これは非常にスタンダードな手当てです。ところで、この単純にして簡単な手当ては、どのタイプの頭痛にも応用できるのでしょうか?実は、そうではなくやってはいけない場合があります。
では、温めるのは?もみほぐすのはどうでしょう?
これらもすべて、やってよい場合とダメな場合があるのです。自分の頭痛には、どんな手当てがベストなのかを知っていますか?
簡単にできてしまうだけに、まなまちがっていることもあります。生兵法はけがのもと。自分にとってベストの手当てを見極めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です